*

乳腺線維腺腫瘤とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 女性に多い病気

乳房 触診若年の女性に最も多く発症する、良性の乳腺腫瘤のひとつです。
線維腺腫が乳がんへと発展することはありません。
乳房にある乳汁をつくる腺胞、小葉に結合組織が増殖し、しこりを作ります。
乳腺線維腺腫瘤には“管内型”と“管外型”の2種類があり、管内型は、乳腺の分泌腺が増殖するもので、管外型は、乳腺周囲の間質が増殖するものです。
最近では腫瘍ではなく、炎症に近い過形成と言われる疾患であるとされています。

原因

思春以降に発症することが多いため、エストロゲン(卵巣ホルモン)が原因と考えられています。
片側の乳房だけに発症することが多いのですが、両方の乳房に発症することもあります。
線維腺腫の発育には個人差があり、10代後半で自覚症状が現れることもあれば、40歳以降まで自覚症状が現れないこともあります。
乳腺線維腺腫は、思春期から次第に形成されていき、20歳前後で腫瘤がはっきりと触れてわかるようになることが多いです。

症状

しこりの大きさは様々で、小豆大の小さなものから、うずらの卵程の大きさほどのものがほとんどですが、まれに、鶏の卵ほどまで大きくなることもあり、ひとつだけではなく複数できることがあります。
しこりの大きさは球状のものが多く、しこりの縁にくびれのような切れ込みの入った分葉状のものもあり、周囲としこりの境目がはっきりと分かります。
また、しこりを触った感じは、乳がんに比べればやや軟らかくて、弾力性があり、触っても痛みはなく、乳腺の中でごろごろとしこりが動くのが特徴です。
しこりの大きさは、時間経過とともに多少は増大しますが、ほとんどの場合は急激に増大することはありません。

検査

ほとんどが医師による触診にて、乳腺線維腺腫瘤と診断がつきます。
乳房X線撮影(マンモグラフィー)や超音波検査、細胞診検査が行われます。
若い人は乳腺の密度が濃いので、乳腺X線撮影では診断しにくいので超音波検査の方が有効で診断がつきやすいとされています。
50歳以降は乳腺X線撮影での診断がつきやすく、石灰化像や腫瘤陰影という乳腺線維症の特徴的なものが発見できます。
これらの検査は乳がんではないかを確かめるために行われるものでもあります。

治療

年齢が25歳以下であったり、線維腺腫瘤が小さいものならば、経過観察のみで特に治療を必要としません。
良性の腫瘍と確認ができたら、年に1、2回くらい定期検査が必要になります。
腫瘍の発育が早く巨大線維腺腫と呼ばれるものの場合は切除の対象になりますが、頻度は高いものではありません。
しかし、25歳以上で発症した場合は乳がんの可能性も考えられるので摘出手術を受けるほうが賢明です。
切除は、局所麻酔をし、手術の跡が目立ちにくいように乳輪切開や乳房下切開などの方法が行われ、皮膚を数センチ切開し、腫瘍を摘出するだけなので外来で受ける事ができます。
また、手術によって乳房に変形が残ることもありません。

関連記事

しょうがでキュッとの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

多くの女子が抱えている「だるだる」「ギチギチ」「パンパン」の悩み。 頑張ってもなかなか解消でき

記事を読む

過少月経を詳細に:原因,症状,検査,治療など

過少月経とは(概要) 過少月経とは、異常に経血量が少ない状態のことをいいます。 経血とい

記事を読む

「和漢のきもち」の効果・効能・口コミなど

和漢のきもちとは つらい冷えや頭痛、月経不順、更年期障害‥‥和漢のきもちは、これら女性

記事を読む

骨粗鬆症予防の為の骨の知識

骨粗しょう症予防の為の骨の知識

骨の役目とは 骨は私たち人間が生きる上ではなくてはならないものですが、日々どういった役目を果た

記事を読む

卵巣がんを詳細に:種類,原因,症状,検査,治療,予防など

卵巣とは 卵巣(らんそう)がんとは、卵巣に形成される悪性腫瘍のことをいいます。 卵巣とは

記事を読む

産褥熱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

産褥熱とは(概要) 産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)とは、妊娠

記事を読む

乳管内乳頭腫とは…原因、症状、検査、治療のご紹介

乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)は、乳頭の近くの比較的に太い乳管に、細胞が乳頭状に増殖す

記事を読む

冷え性の原因や対策のまとめ

冷え性とは? 実は「冷え性」は西洋医学と東洋医学で捉え方がまったく違うのです。 西洋医学には、

記事を読む

「低体温」がヤバイ!原因、予防、改善のまとめ

「低体温」と「低体温症」は異なります。「低体温」とは、病名ではありません。 医学的に厳密な定義

記事を読む

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

→もっと見る

PAGE TOP ↑