*

アルコール中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

公開日: : 最終更新日:2015/09/03 中毒症, お酒・アルコール , , , , , , ,

アルコール中毒の原因
アルコール中毒(あるこーるちゅうどく)は現在、アルコール依存症と呼ばれているもので、過去には慢性アルコール中毒といわれていた薬物依存症の一種です。
飲酒量が多い、飲酒頻度が高いことにより、お酒を飲んでいないとさまざまな症状に悩まされて、日常生活に支障をきたしてしまいます。
急性アルコール中毒は、お酒を短い時間のあいだに過剰に摂ったため、普通の酔いの状態を超えて運動失調、意識障害、昏睡、呼吸抑制、血圧の低下を招いて、最悪の場合はそのまま死んでしまいます。

こちらでは、急性アルコール中毒についてご紹介します。
アルコール依存症についてはこちらで詳細にご紹介しています。→アルコール依存症

急性アルコール中毒の原因

慢性アルコール中毒が引き起こされるおもな原因は、飲酒を繰り返し、飲酒欲求に対しての感受性が高まることです。
また、お酒を飲む量やお酒を飲む頻度などによっても、感受性の高まり具合は変化します。
急性アルコール中毒の原因は、一気飲みをはじめとする短時間での多量飲酒です。
お酒を飲めない体質の人の場合、少ない量の飲酒でも急性アルコール中毒を発症してしまう恐れがあり、命を落としかねません。

急性アルコール中毒の症状

急性アルコール中毒の場合には、血中アルコール濃度に応じて異なる症状があらわれるのが特徴です。
最終的には昏睡、呼吸抑制、血圧も下がり、最悪の場合には命を落としてしまうことになります。

急性アルコール中毒の検査・診断

急性アルコール中毒でおこなわれる検査としては、血中アルコール濃度の測定を挙げることができます。
そのほか、発生している症状やその症状の程度に応じて、中毒なのかどうか、軽度なのか重度なのか診断を下します。

急性アルコール中毒の治療方法

急性アルコール中毒の治療に関しては、軽いものであれば体温がキープできるように気をつけながら様子をみることで、自然に状態はよくなっていきます。
ただ、重度で昏睡状態に陥っているケースだと、気管内挿管をするほか、患者の状態によっては人工呼吸をする形になります。
さらに胃の洗浄をおこなうと共に下剤を使用、輸液をおこなうことによりアルコールを除去しますが、血液透析を選択しなくてはいけないケースもあります。

急性アルコール中毒の予防方法

急性アルコール中毒を未然に防ぐためには、血中アルコール濃度を急激に上昇させないため、一気飲みをしたり、人にさせたりしないことが欠かせません。
そのほか、慢性アルコール中毒と同様に適量飲酒にとどめることも必要ですし、お腹が空いている状態で飲酒するとアルコールの吸収が早まりますので、おつまみを摂りながらお酒を飲むのが急性アルコール中毒の予防に効果的です。

関連記事

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

水銀中毒の原因

水銀中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

水銀中毒(すいぎんちゅうどく)とは、病名にもあるように水銀により引き起こされてしまう中毒症のこと

記事を読む

カドミウム中毒の原因

カドミウム中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

カドミウム中毒(かどみうむちゅうどく)とは、鉛や亜鉛といった金属の純度を高いものを抽出する過程で

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

「琉球ウコンハーフパック」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコンハーフパック」とは、八幡物産株式会社より発売された粒タイプの健康補助食品です。

記事を読む

二日酔い防止対策を工夫しよう!

飲み方の工夫 頭が痛くなったり、吐き気がしたりといった具合に、ひとたびなると非常に不快な二日酔

記事を読む

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑