*

クロレラの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、クロレラという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
クロレラの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → クロレラ

クロレラの概要

クロレラとは、緑藻類に属している淡水性プランクトンのことをいいます。
サイズは直径2~10マイクロメートルと非常に小さく、丸い形状で緑色をしているのが特徴です。
増殖能力と光合成能力にたいへん優れており、太陽光を浴びて栄養素がたっぷりと貯め込まれたクロレラは、アルカリ性食品の王様という別名があり、日本では主に健康食品で利用されています。

豊富な栄養成分が魅力

葉緑素(クロロフィル)、タンパク質、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維など全部で70種類以上の成分や栄養素がクロレラには詰まっていますが、なかなかこれだけの種類をひとつの食品で摂ることが可能な食品はありません。
また、クロレラの成分の半分以上はタンパク質で占められており、必須アミノ酸を入れた全部で18種類のアミノ酸が良いバランスで含まれていますが、これはほかの種類の植物にはあまり見られない特徴です。

CGFに注目

CGFはクロレラ成長因子と呼ばれる生理活性物質のことで、シージーエフやクロレラグロスファクターと読みます。
前述した70種類以上ある成分や栄養素の中のひとつですが、若返り効果が見込めるということで、アンチエイジングの業界でもクロレラは一目置かれる存在になっています。

手軽に入手可能なクロレラ商品

1日あたり1~3グラムが食品としての目安摂取量とされていますが、サプリメント、ドリンク、ヨーグルト、ゼリー、ふりかけなどさまざまなタイプの商品の中から好みのものを選んで摂ることが可能です。
お近くのお店にクロレラ商品が置いていなくても、ネット通販で注文し、手に入れることが可能となっています。

クロレラを摂るのに向いている人

クロレラに含まれている豊富な有用成分が、生活習慣病を防ぎたい人、貧血やお通じに関する悩みがある人、免疫力をアップしたい人、ずっと若くい続けたい人などの食生活をサポートしてくれます。
クロレラの概要については以上となりますが、ここではほかにも詳しい含有成分や期待されている効果、種類別のクロレラ商品の特徴、摂取前や摂取時に気をつけること、実際に摂取した人の口コミや感想といった情報も提供しています。
少しでもクロレラに心惹かれたという人はぜひチェックしていただいて、クロレラ商品を取り入れるかどうかをご検討ください。

クロレラの成分や栄養素と期待できる効果

クロレラには全部で70種類と非常に多くの有用成分が含まれています。
また、それによって期待されている効果効能も少なくありません。
今回はクロレラに含まれている主な成分や栄養素と、どういう効果効能が見込めるのかについて解説しますので、興味がある人はチェックしてみてください。

クロレラの成分や栄養素

クロレラにはアミノ酸や核酸が複数結合した独特の成分であるCGF(クロレラ成長因子)、葉緑素(クロロフィル)のほか、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、C、D、E、K)やミネラル類(鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン)も豊富に含まれています。
アミノ酸に関しては多種類がバランス良く含まれており、人間の体内では合成不可能な必須アミノ酸全種(イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン)や非必須アミノ酸(シスチン、チロシン、アルギニン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン)も補給することが可能です。
また、食物繊維やカロテノイド類(ベータカロテン、ルテイン)もクロレラには含まれており、ほかの含有量に優れている食品にも引けを取りません。

クロレラに期待できる効果

太ることを防ぐ

クロレラを摂取していることにより、脂肪がエネルギーとして消費されるシステムが正常になるといわれています。
余分な脂肪が溜め込まれず使用されやすくなりますので、太ることの防止につながるのです。

貧血の状態を良くする

ヘモグロビンの材料になる鉄分がクロレラには多く含まれています。
また、特有成分のCGFに備わっているS-ヌクレオチドペプチドが、新しく血球が生み出されるのを促してくれます。

お通じを良くする

クロレラに含まれている食物繊維には、便のかさ増しをしたり、腸のぜん動運動を促したりする作用があります。
これにより便の排出がスムーズになり、弛緩性(しかんせい)の便秘を解消する効果が見込めます。

有害物質を追い出す

食物繊維やクロロフィルには、腸の中にある有害物質を吸着して排出を促す、いわゆるデトックス効果を期待することが可能です。
また、善玉菌の増殖と悪玉菌の減少を助け、腸内環境を改善することにも貢献してくれます。
腸内環境が悪いと最悪の場合、大腸がんのような生命を脅かす病気を引き起こすことにもなりかねませんが、こうした病気の予防のために摂るのもおすすめです。

肌のコンディションを整える

腸内環境が悪化していると、にきび、吹き出物といった肌トラブルが起こりやすくなります。
クロレラの食物繊維や葉緑素によって環境が改善すれば、にきび、吹き出物の発生を防ぐことにつながります。

血圧を正常へと導く

余計な塩分は血圧が高まる原因になりますが、カリウムを十分に摂ることで塩分の排出が促進されます。
カリウムの含有量が豊富な食品としてはホウレン草が有名ですが、クロレラのほうが同量だと含有量で上回っています。

コレステロール値を下げる

クロレラに含まれているクロロフィルには、血中コレステロール値の低下作用があります。
血中コレステロール値が下がるとドロドロ血液の状態が解消されて血液のめぐりがスムーズになり、動脈硬化の予防効果が期待できます。

老化の進行を抑制する

老いを加速させる主な原因は、活性酸素が体内で過剰に発生することです。
クロレラには抗酸化力に優れているクロロフィル、ベータカロテン、ビタミンEといった成分や栄養素が含まれているため、摂取することで活性酸素が除去されやすくなります。
また、細胞の若返り効果が期待されているCGFがクロレラに含まれているため、若々しくいたい人を力強くサポートしてくれるでしょう。

自然な守る力を強くする

クロレラを摂取していることにより、免疫力をアップする効果があると考えられています。
免疫力が低いと風邪などの病気にかかりやすくなりますが、クロレラが予防のためにパワーを発揮してくれるのです。

疲れを取る

クロレラの特徴のひとつに、アミノ酸組成に優れている点があります。
アミノ酸には疲労回復効果があることが分かっているため、疲れを長く残しておきたくない人が摂るのに適しているといえるでしょう。

健康な目を保つ

視力改善や眼病予防に有用とされているルテインがクロレラには含まれています。
ルテインは疲れ目にもいいといわれており、眼精疲労による肩こりや頭痛の対策にもなるでしょう。

骨を丈夫にする

強い骨をつくるために欠かせないマグネシウムの含有量に優れているのも、クロレラの特徴のひとつです。
骨を丈夫に維持することで、骨粗しょう症を未然に防ぐことにもつながります。

ボケを防ぐ

アルツハイマー型の認知症を患っている人にみられる特徴のひとつとして、血液の中に老化した状態の赤血球が多量に認められるという点が挙げられます。
クロレラに含まれているルテインには、赤血球の老化を食い止める作用があるといわれているため、アルツハイマー型認知症の発症や悪化を防ぐのに有用と考えられています。

いかがでしたか?
クロレラの主要成分には何があるのか、どのような効果効能が期待されているのか、ご理解いただけたのではないでしょうか。
何かひとつでも得たい効果があったという人は、クロレラ商品を購入して試してみると良いでしょう。

なお、クロレラの効果を実感するには長く継続して摂取することが必要とされていますので、薬のような即効性は期待しないでおくことが大切です。

クロレラの一般的な摂り方

植物性のプランクトンであるクロレラをいったいどのようにして摂るのだろうかと、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
ここでは一般的なクロレラの摂り方をご紹介しますので、興味がある人はチェックしてみてください。

粉末

パウダータイプとも呼ばれますが、粉の状態になったクロレラ商品が販売されています。
そのまま摂ることが可能なものもありますが、水やお湯で溶かしたり、牛乳やヨーグルトなどに混ぜたりして摂るのが一般的です。
苦みを感じるものもありますが、有用成分の吸収性に粉末タイプは優れているといえます。

顆粒

粉末より一粒が大きく、溶けやすくなっているのが顆粒状の商品です。
また、一般的に錠剤タイプのものより多量の有用成分を一度の摂取で補給することが可能といわれています。
水などと一緒に摂るのが基本で、個包装になっている商品も売られており、携帯に便利です。

飲料

成分や栄養素の吸収に優れている、ドリンクタイプのクロレラ商品も発売されています。
クロレラのクセがない、飲みやすく仕上がっているものも少なくありません。
また、クロレラ以外の成分や原材料が使用されているものもあり、有用成分の種類や含有量が強化されているものも売り出されています。

吸収の良さでは粉末や飲料に劣ると一般的にいわれているものの、粒タイプの商品は味やニオイがほぼありません。
ほかのタイプのクロレラ商品を試したけれど、味やニオイが合わなかったという人におすすめです。
また、食べたり飲んだりのは好きなものを摂りたい、それとは別にクロレラの有用成分を補給したいという人が取り入れるのにも向いています。

ヨーグルト、ゼリー

クロレラを美味しく食べたいと思っている人におすすめなのが、ヨーグルトやゼリータイプの商品です。
ヨーグルトは乳酸菌をはじめ健康や美容にいいものがたっぷり入っていますし、ゼリーは個包装のスティックタイプになっているものもあり、外出先で摂る場合に便利です。

ふりかけ

ご飯にかけて摂る以外に、パスタやサラダに混ぜて摂る方法などがあります。
ほかの原材料も一緒に使用されていますので、ヨーグルトやゼリーと同様に美味しくクロレラを食べたいという人が取り入れるのに適しています。

いかがでしたか?
加工食品で摂るのが一般的なクロレラですが、以上のように多くのタイプの商品が存在します。
どのタイプの商品が自分にもっとも合っているか比較検討し、試してみると良いでしょう。

クロレラの注意点

クロレラの摂取を開始する前に、何か特別に警戒しなければいけないことはないものかと、不安や疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
今回はクロレラに関する注意点を解説しますので、商品の購入や使用を開始する前に一読しておくことをおすすめします。

過剰摂取により起こる症状

クロレラは大量に摂るほど健康や美容にいいということはなく、反対に健康被害といえるような症状を引き起こしてしまう可能性があります。
具体的にはお腹を下す、お腹が張る、吐き気がする、緑色の便が出る、胃がけいれんを起こす、ぜん息症状が出る、光過敏症を起こす、にきびや吹き出物、湿疹が出る、皮膚がかゆくなる、おならが多くなる、微熱が出る、お通じが悪くなるなどが挙げられます。
適量は各クロレラ商品に説明がありますので、過剰摂取をしないようにくれぐれも気をつけてください。

胃腸が強くない人が気をつけること

胃腸が丈夫でない人は、仮に適量を守ってクロレラ商品を摂取したとしても、お腹を下したり、胃の不快症状を起こしたりすることがあります。
空腹時を避けて摂ったり、少量から摂取をはじめたりすることで、体に悪影響が出ないか様子をみることが大切です。

食品アレルギーを持っている人は要警戒

クロレラの成分は半分以上がタンパク質で構成されているといわれています。
よって、タンパク質にアレルギー反応を起こす人が摂ると皮膚のかゆみ、湿疹といった症状を引き起こす可能性が高いです。

飲み合わせが悪い医薬品がある

ワーファリンと呼ばれる抗血液凝固薬と併用すると、この薬の作用を弱めてしまうことが指摘されています。
この薬を使用中だという人は、クロレラ商品の摂取の可否を医師に判断してもらいましょう。

摂取を避けたほうがいい人

お腹の中に子どもがいる人、いる可能性がある人、赤ちゃんに母乳をあげている人に関しては、クロレラの摂取による安全性に関する情報が不足しているため、摂取はしないに越したことはないとされています。

また、前述したアレルギーがある人、免疫と関わりのある病気を患っている人も、使用を避けておくのが無難です。

いかがでしたか?
摂取するにあたって注意が必要な人は医師に確認をとる、とくに問題のない人も過剰摂取をしないことが大切です。
また、自分は大丈夫だと思っていたけれど、健康や美容上のトラブルが起こったという場合、クロレラ商品の使用を中止し医療機関を受診してください。
脅かすわけではありませんが、やめずに摂取を続けていると症状が改善しないばかりか、悪化してしまう恐れもあるからです。

クロレラを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

ここをみた人の中には、クロレラの評判の良し悪しをチェックした上で、商品を購入するかどうか決めようと思っている人もいることでしょう。
今回はそのような人のため、クロレラの口コミや感想に関する情報を掲載していますので、参考としてお役立ていただけると幸いです。

クロレラを摂った人の良い口コミ、感想

実際にクロレラを摂取した人の中には、健康や美容に関する効果があったなど、喜びの声をあげている人が多数います。
これはというものを以下にまとめていますので、自分がクロレラに望んでいることを実感した人がいないかチェックしてみてください。

●粉末のクロレラをはじめて5年。
最初の年は実感がわかなかったが、思えばこれまで一度も医者にかかっていない。これは正直すごいことだと思う。

●トイレで1時間近く粘っても出ないことが多かった便秘もちの私。クロレラを摂るのを習慣化して1年以上経過していますが、毎朝ほぼ決まったタイミングで出るようになりました。

●忘年会シーズン、毎日のように暴飲暴食だったけど体重に変化はなし。これはクロレラのおかげでしょうか。

●クロレラのサプリメントを摂り続けていて一番感じたのは、肌荒れしなくなったということ。今後も摂り続けます。

●3年半ほどクロレラのお世話になっています。一昨年より昨年、昨年より今年のほうが血圧やコレステロールの数値が良くなっていました。

●生理がしんどいわフラフラするわ、疲れは抜けないわで困っていたのが、クロレラのおかげ?で全部解決した。私と同じで鉄が足りない貧血に悩む人にはおすすめしたい。

●定年退職を機にクロレラデビューしました。ボケることなく第二の人生を満喫しています。

●クロレラを半年以上摂っているが、摂りはじめる前に比べると朝すんなり起きられるようになった。疲れがリセットされているような感じで毎日調子がいい。

●更年期で骨粗しょう症が恐いので、対策としてクロレラを摂っています。安心感も得られてとても気に入っています。

●仕事で遅くまでパソコン仕事をしていると、目の疲れ、肩こり、頭痛がひどかった。クロレラがいいという情報を知ったのをきっかけに商品を買い、継続利用しているが、自分でもウソだろと思うぐらい目も体もかなり楽。

●これまでは複数種類のサプリメントを使っていましたが、成分が豊富なクロレラ一本に絞りました。浮いた分は貯金していたのですが、体の調子もいいし今度海外旅行にでも出かけようと思っています。

●味がまずいというレビューがあった商品を試してみたけれど、自分は大丈夫だった。苦いのがよほど駄目な人以外はたいてい問題ないと思う。

クロレラを摂った人の悪い口コミ、感想

効果がなかった

クロレラ愛用者の多くが効果を実感していますが、中には実感しないままやめてしまったという人がいます。
理由として考えられるのは、摂取する期間が短い、商品の品質が悪い、生活習慣が乱れているなど解決したいトラブルの原因が解消されないままになっていることなどです。
クロレラ商品をこれから使用しようと思っている人は、上記の理由に該当するようなことを避けると実感しやすくなるでしょう。

味が合わなかった

商品の中には苦みが強いなど、独特の味がするものがあります。
中にはこのクロレラのクセが嫌で、継続をやめてしまったという人がいます。
ただこれは対策が可能で、摂りやすい味に仕上がっているもの、無味無臭のサプリメントタイプを選ぶことで解決することができます。

症状が出た

胃腸や肌の調子が悪くなったなど、副作用や健康被害といえるような症状を引き起こし、その結果やめてしまったという意見を寄せている人もみられました。
考えられる理由としては、体質に合っていない、過剰摂取している、アレルギーを起こしていることなどが挙げられます。
対策としては、ここで紹介している「クロレラの注意点」をチェックしてみてください。

便秘になった

クロレラはお通じを良くするのに有用とされているにもかかわらず、余計にひどくなったという人がいます。
これも「症状が出た」の項目と一緒で、過剰摂取などが原因になっている可能性があります。
摂り方を見直すなどして、一度様子をみてみることをおすすめします。
適量摂取にしても改善しないようであれば、病院にかかってみると良いでしょう。
便秘が弛緩性でない可能性があるためです。

いかがでしたか?
クロレラに対しては良い意見と悪い意見の両方がありますが、リサーチをおこなった限りでは良い口コミや感想、レビューのほうが割合として高かったです。
悪いものに関しては上述したようにある程度対策することも可能ですので、ひとまずは良い意見の中で魅力に感じたものと同様の結果が得られることを信じて、クロレラ商品を取り入れてみると良いでしょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → クロレラ

関連記事

乳酸菌FK23の効果・効能・特徴

乳酸菌FK23は、ニチニチ製薬が研究開発を進め特許を取得している乳酸菌の一種で、スーパー乳酸菌と

記事を読む

αリポ酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

「αリポ酸」には食事によりブドウ糖が体内に入ってくるとブドウ糖をすばやくエネルギーに変える働きを

記事を読む

乳酸菌培養エキスの効果・効能・特徴

人間の腸の中に「善玉菌」と「悪玉菌」がいることは、よく知られていると思います。 腸内で善玉

記事を読む

発酵ブラックジンジャーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

発酵ブラックジンジャーとは・・・・・ 昔に比べて日本人の体温が1℃低くなっているといわれており

記事を読む

カカオポリフェノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

「カカオポリフェノール」はポリフェノールの一種なのですが、その名の通りカカオに含まれている成分で

記事を読む

便秘解消に有効な乳酸菌サプリメント徹底比較ランキング

こちらでは便秘解消に有効な乳酸菌サプリメントをご紹介しています。 便秘解消には、食事の内容も重

記事を読む

アップルペクチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「アップルペクチン」とはその名のとおり、りんごに含まれるペクチンという食物繊維のことです。 ミ

記事を読む

ルテオリンの効果・効能・特徴・含まれる食品

日本人の食卓に古くから登場しているのが梅干しではないでしょうか。 この梅干しを漬け込む時に使わ

記事を読む

ビフィズス菌の効果・効能・特徴

ビフィズス菌といえば、お腹にいい善玉菌の代表選手としてよく知られているものですね。 1899年

記事を読む

イソフラボンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、イソフラボンという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑