*

黒酢の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、黒酢という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
黒酢の効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 黒酢

黒酢の概要

黒酢とは酢の一種であり、褐色や黒褐色をしているのが特徴です。
なお、色が黒ければ黒酢と呼んでいいわけではなく、農林水産省によって定義付けがなされており、それを満たしたものでなければ黒酢には該当しません。

黒酢の定義

平成15年7月に日本農林規格(JAS規格)において、黒酢の定義が定められています。
黒酢と呼べるものの条件は下記のとおりです。
・米か米に小麦か大麦を混ぜたものだけを原料として使っている
・原料の使用量が酢1リットルあたり180グラム以上
・色素を添加したものではなく、自然発酵や熟成の結果、黒色を呈するようになったもの

食酢や穀物酢との相違点

冒頭でも述べたように黒酢は酢の種類の一つですが、一般的にいうところの酢である食酢や穀物酢とはどういった点が異なるのでしょうか。
この問いに対する回答としては、ニオイや味と含有成分に関することが挙げられます。
まず、食酢や穀物酢はツンとした刺激のあるニオイがし、酸味が強いのが特徴ですが、黒酢は商品によって多少の違いはあるものの、刺激臭はなく香り高く、酸味がまろやかなのが特徴です。
また、含有成分に関してですが、黒酢は食酢や穀物酢に比べ、アミノ酸やクエン酸の含まれている量が何倍もあります。
ほかにもビタミン類やミネラル類なども含まれており、健康や美容を目的に愛用している人が多数います。

どこ産の黒酢が有名?

日本で商品化され販売された黒酢の元祖は、鹿児島県霧島市福山町にある坂元醸造株式会社ものです。
現在もなお、鹿児島県霧島市福山町が国内最大規模の黒酢生産地域ですが、魚沼産のコシヒカリが全国的に有名な、米どころ新潟県で生産されている玄米黒酢も高い人気、知名度を誇っています。

どのような商品がある?

詳細は別項でご紹介しますが、一般の酢と同様に液体がビン詰めになった商品などが市販されています。
料理の調味料として使ったり、そのままあるいは薄めて飲んだりして摂ることが可能です。
また、粉末状に加工されたもの、粒やカプセルに黒酢の有用成分が凝縮されたものなど、さまざまなタイプの商品が発売されています。

いかがでしたか?
黒酢が一体どういうものなのか、大体のことはご理解いただけたのではないでしょうか。
ほかにも具体的な効果効能が知りたい、詳しい摂り方や副作用などの注意点が知りたい、ほかの人達からの評判の良し悪しが知りたいという人もいるでしょうが、別項で取り上げていますので興味がある人はぜひご覧になってください。

黒酢の成分や栄養素と期待できる効果

黒酢には多くの種類の栄養成分が含まれており、中にはほかの食品より含有量で勝っている成分や栄養素もあります。
また、有用成分が多く栄養価が高いため、期待されている効果効能もさまざまです。
ここでは黒酢にどのような成分や栄養素が含まれており、摂取することでどういった効果効能が得られる可能性があるのかを解説しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

黒酢の成分や栄養素

黒酢には以下のように実にさまざまな種類の有用成分が含まれています。

必須アミノ酸

リジン、メチオニン、トリプトファン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、ヒスチジン、バリンバリン、ロイシン、イソロイシンは分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれます。

非必須アミノ酸

アラニン、チロシン、アスパラギン、アスパラギン酸、システイン、グリシン、セリンなど

有機酸

クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、グリコン酸、酒石酸、乳酸など

ビタミン類

ビタミンB2、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)ビタミンB6、ビタミンB9(葉酸、ビタミンM)ビタミンB12など

ミネラル類

カルシウム、リン、カリウム、鉄分、マグネシウムなど、なお、この中で必須アミノ酸は体内では合成されず、外部から補給しなければいけない成分、栄養素であるという特徴をもっています。
必須アミノ酸は全9種類ありますが、黒酢にはそのうちの8種類の量が豊富に含まれています。

黒酢に期待できる効果

●疲労の回復を助ける黒酢に含まれているクエン酸や酢酸は、疲労物質である乳酸の分解を行ってくれます。
乳酸は体の中に溜まるほど疲れを感じやすくなりますが、黒酢を摂ることで乳酸解消が促されたり、蓄積が抑えられたりするのです。

●持久力アップ運動時のスタミナを維持するには、多くのエネルギーが必要になります。
黒酢に含まれているBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は、運動時にエネルギー源として消費される特徴があり、持久力を高めるために活躍してくれます。

●食欲を増す黒酢を摂ることで消化液(唾液や胃液)がよく出るようになります。
これは黒酢に含まれている酢酸によるもので、唾液や胃液の出が良くなることで食欲アップの効果が得られます。

●血液のめぐりを良くする黒酢に含まれている各種アミノ酸や有機酸の中には、血流を改善してくれるものがあります。
血の流れが良くなるとドロドロ血液の状態が解消され、高血圧症をはじめとする生活習慣病の良い対策になります。

●美をサポート上述したように、アミノ酸類、有機酸類、ビタミン類、ミネラル類と、黒酢には多種類の成分や栄養素が含まれています。
こうした含有成分が成長ホルモンの分泌促進、ターンオーバーの正常化、保湿、抗酸化など、美容と関わりの深い多くの作用をもたらしてくれます。

●尿酸値を改善する黒酢に多く含まれているクエン酸は、尿酸値が高めな人が摂ることにも適しています。
日々、黒酢を摂り続けることによって、クエン酸が尿酸の排泄量を増加させてくれて数値の改善に貢献してくれるからです。

●血圧を改善する黒酢は濃厚な味わいで、調味料としても大活躍してくれます。
料理で塩を使用する機会が減ることで、塩分の摂りすぎによる血圧上昇防止になります。
また、血圧を高くするACE(アンジオテンシン変換酵素)の作用を妨げる物質が黒酢に備わっているため、摂取することで血圧上昇を防ぐ効果が望めます。

●免疫力アップ免疫力が低下していると病気にかかりやすくなり、治りにくくなってしまいます。
黒酢は免疫力を高めることにも貢献してくれるのが特徴で、摂取していると免疫細胞の増加につながり、結果として免疫力が高まるのです。

●肝臓の機能アップ黒酢には肝機能を強化してくれる効果が期待されているため、二日酔い対策としても効果的です。
肝機能アップは必須アミノ酸によるパワーで、飲酒をした際のアルコール分解スピードをあげてくれますので、肝臓にかかる負担が軽減されます。

●ミネラル類の吸収を助けるクエン酸たっぷりな黒酢ですが、この成分を摂ることでミネラル類が体内で取り込まれやすくなります。
カルシウムの吸収効率が良くなることで、骨がもろくスカスカになり、骨折を起こしやすく寝たきりになるリスクもある骨粗しょう症の予防に有用です。
なお、黒酢にはマグネシウムも含まれていますが、この栄養素によってもカルシウムの吸収効率がアップします。

●脂肪を燃やす黒酢に含まれている豊富なアミノ酸には、脂肪の合成を抑制し、分解を促す作用があります。
また、アミノ酸は体を動かした際の脂肪の燃焼効率を良くしてくれますので、ダイエットをしている人のサポート役として貢献してくれることでしょう。

いかがでしたか?
健康や美容の維持、またダイエットのためにと黒酢には色々な役立て方がありますので、何か得たいと感じた効果があったという人は、黒酢商品を購入して使ってみてはいかがでしょうか。

黒酢の一般的な摂り方

黒酢といっても、いまはさまざまなタイプの商品が販売されています。
ここでは可能な限り黒酢商品の種類と特徴を挙げていきますので、どういう摂取のしかたがあるのかを知りたい人はぜひチェックしてみてください。

液体

一般の酢と同様に、液体がビンやパックに詰められた状態で販売されている商品があります。
調味料として販売されているもの、飲料として販売されているものがありますので、用途に合ったものを購入しましょう。
なお、液体のものはほかのタイプに比べ成分や栄養素の吸収効率がいいといわれています。
ただ、一般の酢に比べてまろやかではあるものの酸味がしますので、好みに合わない味だと感じた人は摂取し続けることが難しいかもしれません。

粉末

パウダータイプとも呼ばれますが、黒酢が粉の状態に加工されたものもあります。
有用成分が凝縮されていて、少量の摂取で栄養補給に役立つのが特徴です。
水やお湯などに溶かして飲用したり、料理に混ぜて食べたりすることに利用が可能です。
なお、粉末も酸味がしますが、加熱調理によって解消することができます。

顆粒

粉末より一粒が大きい顆粒状の商品も発売されています。
そのまま食べられるものもありますが、基本的には水などと一緒に摂る、料理に混ぜて摂る形になります。
個包装になっている商品であれば、持ち運びにも便利です。

錠剤、カプセル

小さい粒やカプセルに黒酢の有用成分が凝縮されている、サプリメントタイプの商品も販売されています。
黒酢独特の味や香りがなく、少量の摂取で成分や栄養素をたっぷり補給することが可能です。

飴(あめ)

黒酢が使用されたキャンディタイプの商品があります。
自宅だけでなく外出先にも持って行けますし、気分をリフレッシュしたいときなど、好きなタイミングで食べられるところも魅力的です。
味は商品により多少の違いはあるものの、甘く美味しく仕上がっているものが少なくありません。

なお、黒酢商品の中には黒酢以外の成分や原材料を配合し、より多くの有用成分が補給できるようになっているものもありますので、別の成分や栄養素も一緒に摂りたい、一つでも多くの効果効能が得たいという人は商品を選ぶ際に何が含まれているのかチェックしてみると良いでしょう。
また、人体に害のあるものが不使用、無添加の商品も販売されていますが、こうした商品は安全なものを摂りたいという人におすすめです。

黒酢の注意点

黒酢を摂りはじめるにあたり、人体にとって良くないことが起こる可能性があるのではないかと、疑問や不安に感じている人もいるのではないでしょうか。
今回はそのあたりのことについて述べていきますので、気になる人はご一読ください。

副作用や健康被害を起こすリスクはある?

黒酢は酸性食品であり、過剰摂取により胃をはじめとする消化器官にダメージを負わせてしまう心配があります。
また、液体の黒酢の場合、適量でも原液の状態では胃にかかる負担が大きく、荒れてしまう可能性がありますので、薄めて摂ったり空腹時に摂るのを避けたりすることをおすすめします。
適量でも胃の弱い人や子どもには刺激が強い場合がありますので、少量から摂りはじめて体の調子と相談しながら量を増やしていくことも大切といえるでしょう。
そのほか、黒酢を就寝前に摂るのは避けておくに越したことはありません。
黒酢は酸性食品であり、眠る前に摂取するとただでさえ唾液の出る量が少なく酸性に偏りがちな口の中がより強い酸性を示すことになり、そのまま一晩過ごすような機会が多くなると歯が溶けたり虫歯になったりするリスクが増大してしまいます。

アレルギーの心配はない?

体質に合わない場合には下痢などのアレルギー症状を起こす可能性があります。
また、黒酢自体にアレルギーを示さなくても、ほかに含まれている成分や原材料に反応することもありますので注意が必要です。
なお、アレルギーの症状が引き起こされた場合には黒酢の摂取をやめ、医療機関を受診することが大切です。

薬との飲み合わせは大丈夫?

とくに黒酢と一緒に飲むとまずいとされている医薬品はありません。
ただ、絶対にすべての薬に影響しないとはいいきれませんので、何か薬を使用していて相互作用が不安な人は、かかりつけの医師などに一度相談し、摂取の可否を判断してもらうと良いでしょう。

いかがでしたか?
アレルギーの項目でも述べましたが、何か異常があった場合にはいったん黒酢を摂るのをやめ、病院に行くことが大切です。
また、商品によって適量は異なりますので、説明をよく確認して正しく黒酢を摂取しましょう。

黒酢を摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

黒酢商品を購入するかどうか、先に取り入れた人達からの評判の良し悪しをみて決めたいという人もいることでしょう。
ここではそのような人のため、黒酢の良い口コミや感想、悪い口コミや感想に関する情報を掲載していますので、使いはじめるかどうか判断するための材料としてお役立ていただければ幸いです。

黒酢を摂った人の良い口コミ、感想

実際に黒酢の摂取を習慣にしているような人の中には、満足のいく効果を実感している人が多数いました。
主なものをご紹介しますので、自分が欲しい効果を感じた人がいないかチェックしてみてください。

●夏は食欲がなくてバテ気味になることが多かったのですが、黒酢を食事で摂ると食欲がわいてきて、以前より栄養をしっかり補給できるようになったからか、夏バテしないようになりました。

●朝のジョギングが日課ですが、黒酢を摂るようになって前よりスタミナ切れを起こしにくくなった感じがしています。

●液体黒酢を摂取するようになり、前日の疲労が残らなくなった。仕事もバリバリこなせるようになり、プライベートも充実している。

●我が家では黒酢の飴を常備しています。子どもや祖父母も気に入ってよく食べています。

●黒酢ドリンクを愛飲していますが、肌の調子がいい!メイクのノリが良くなりましたし、悩みだった乾燥が気にならなくなりました。

●お酒の席に行く前に顆粒タイプの黒酢を摂っています。以前に比べると抜けが速いような気がしています。

●脂肪燃焼にいいアミノ酸がたっぷり入っている粉末状の黒酢の摂取を習慣化して半年後、カロリーコントロールと運動を頑張った甲斐があり、目標体重まで落とすことができました。

●健康診断で尿酸値が高かったのをきっかけに、黒酢のサプリメントを摂りはじめました。次の診断では数値が正常になっていて、続けて良かったと思っています。

●黒酢を飲むようになり体調が良くなった。実際、昨年は一度も風邪をひかなかった。

●血圧が高いので減塩食を摂っているのですが、調味料は黒酢があるだけで良く、塩を使わないで済むので助かっています。

●骨粗しょう症の予防に役立てようと思い、黒酢を取り入れました。もう3年以上摂り続けていますが、いまのところ発症していません。

黒酢を摂った人の悪い口コミ、感想

黒酢を実際に摂った人の中には、悪い意見をいっている人もいました。
良い口コミや感想と同様に主なものを以下にまとめていますが、同じ失敗をしないための対策も掲載していますので目を通しておいて損はありません。

期待していた効果が得られなかった

黒酢には多くの種類の有用成分がたっぷり含まれており、さまざまな健康パワーや美容パワーが期待されています。
しかしながら、よく効果には個人差がありますといいますが、黒酢も人によって効果が得られない場合があり、摂った意味がなかったと嘆いている人も実際にいました。
まったく効果が出ずに使用をやめることを防ぐには、一つの商品を長く続けてみること(黒酢に即効性がないため)、良質な黒酢が使用されており有用な成分がしっかり含まれている商品を買うこと、自分が得たい効果を実感している人が多い商品を選ぶことが大切です。
また、なかなか効果を実感できない場合には、思いきって別の商品に切り替えてみるというのも悪くないでしょう。

胃やお腹の調子を悪くしてしまった

黒酢を摂取したことが原因で、胃が痛くなった、お腹が痛くなった、下痢をしてしまったという人がみられました。
黒酢は酸性食品ですので、胃などに刺激となりこうした症状を起こす可能性はたしかにあります。
この問題を未然に防ぐには、少量摂取ではじめて様子をみる、あまり冷たい状態で摂らない、液体は薄めて摂る、空腹時の摂取を避けることが大切です。
また、黒酢は摂れば摂るほど効果が高まるわけではありませんので、過剰摂取はしないでください。
適量を超えて摂取していると上記のような副作用や健康被害が起こりやすくなってしまいます。

味が好みに合わなかった

酸味が黒酢にはありますが、美味しくないと感じて続かなかったという人がいます。
この失敗を避けるためには、錠剤やカプセルのようなサプリメントタイプの商品を購入するのがおすすめです。
サプリメントは黒酢独特の味やニオイがなく、我慢して摂り続けるストレスがありません。
また、液体の黒酢に関しては、薄めたり別の飲み物と混ぜたりするほか、料理に混ぜることで、摂りにくさが多少はやわらぐでしょう。

値段が高くて続けられなかった

さまざまな黒酢商品が発売されており、価格はピンからキリまであります。
一回だけの購入であれば高価な商品でも今回だけならと割り切れるかもしれませんが、そのような商品を長期的に購入し続けるのは無理があります。
黒酢は薬のように摂るとすぐ効くようなものではなく、長く継続することではじめて有用性が発揮されるものです。
そのため、経済的に負担が大きいと感じるようなものは避けておくのが無難といえるでしょう。
ただ、安くて品質の悪い商品を摂っても実感できませんので、コストパフォーマンスの良い黒酢商品を購入し、使い続けていくようにしなくてはいけません。
また、商品によっては初回購入時の値段が安い場合がありますが、必ず2回目以降の価格がいくらなのかチェックしてください。
お試しは安くても、以降の通常購入が予算オーバーだと継続が不可能になるからです。

良い口コミや感想だけでなく、悪い口コミや感想についても取り上げましたが、悪い意見は一部にみられる程度で、好意的な意見のほうが圧倒的に多かったです。
悪い意見に関しても上述した対策を実践することで同様の失敗を避けられる可能性が高まりますので、あまり気にする必要はないでしょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 黒酢

関連記事

L-55乳酸菌の効果・効能・特徴

L-55乳酸菌は、オハヨー乳業が2000年に発見した乳酸菌です。科学の世界では常に新しい発見があ

記事を読む

「レッグ&スタイル」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

手遅れになる前に!知っておきたい“むくみ”のこと 女性の大敵、むくみ。 特に足のむくみに悩ん

記事を読む

大豆レシチンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、大豆レシチンという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

ナスニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

強い抗酸化作用があるポリフェノールですが、中には色素の一種などがあります。 この色素成分に強い

記事を読む

カカオポリフェノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

「カカオポリフェノール」はポリフェノールの一種なのですが、その名の通りカカオに含まれている成分で

記事を読む

ビタミンA(カロチン)の効果・効能・特徴・含まれる食品

カロチンは私たちの体内に取り入れられるとビタミンAに変化します。 カロチンとは植物などに含まれ

記事を読む

やずやの「乳酸菌とケフィアの力」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

乳酸菌とケフィアの力とは? 乳酸菌とケフィアの力とは、株式会社やずやで数多く取り扱われている健

記事を読む

やずやの「青魚の知恵」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの青魚の知恵とは? やずやの青魚の知恵とは、配合成分・栄養素をはじめ魚由来のものが採用さ

記事を読む

「ケイパワー」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

シリカの基本情報 シリカスティックゼリーケイパワーといわれても、なんだかピンとこないという人は

記事を読む

サポニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「サポニン」とは、渋み、苦み、えぐみといった不快味の原因ともなる成分で、植物の根、葉、茎などに広

記事を読む

乳幼児痔瘻を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳幼児痔瘻とは お尻の穴である肛門(こうもん)の周囲に膿がたまる病気のことを、肛門周

no image
膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器で

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

→もっと見る

PAGE TOP ↑