*

ビール酵母の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、ビール酵母という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
ビール酵母の効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → ビール酵母

ビール酵母の概要

ビール酵母とは、アルコール飲料であるビールをつくる際に欠かせない微生物のことをいいます。
ビールの製造工程では、原料の麦芽(ばくが)を煮込むとつくり出される麦汁(ばくじゅう)にビール酵母を混ぜて発酵させると、ビールが完成するという仕組みになっています。
ここではこのビール酵母に関する基本的な特徴をご紹介しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

栄養成分がたっぷり!

ビールが完成するまでの過程で、ビール酵母は麦汁に含まれている栄養成分を取り込みながら増殖します。
そしてビール酵母は糖分をアルコールと炭酸ガスに変化させますが、このいわゆるアルコール発酵が完了し、麦酒が仕上がった頃には、非常に多くの栄養成分を含有した状態になるのです。

指定医薬部外品としても取り扱われている

食品としてのイメージが強いという人もいるかもしれませんが、ビール酵母は薬にも使用されており、市販のものが入手可能となっています。
ビール酵母に含まれている栄養を摂ることが可能なだけでなく、滋養強壮、胃腸障害などの対策として役立てられています。

ダイエッターの愛用者も多い

多少なりともダイエットに関心のある人の中には、酵母ダイエットという方法があることをご存知の人もいるのではないでしょうか。
ビール酵母はこのダイエット方法に役立てられています。
ダイエット中は摂取カロリーを少なくするため、食事制限による栄養不足が問題になりますが、ビール酵母は低カロリーなだけでなく栄養バランスに優れているため、単純に食事を抜いたり食事量を減らしたりするダイエットより安全性が高いと評価されています。
また、食物繊維がビール酵母に含まれているため、お通じがよくなって便秘が改善し、これによるダイエット効果も期待することが可能です。

簡単ではありましたが、ビール酵母が大体どういったものなのかご理解いただけたでしょうか。
ここではほかに、より詳細な情報についても取り上げていますので、少しでもビール酵母に興味がわいた、魅力に感じたという人は、ぜひともチェックしてみてください。

ビール酵母の成分や栄養素と期待できる効果

ビール酵母はビールの製造過程の中で、麦汁の栄養成分をたっぷり吸収しています。
さまざまな種類の成分や栄養素が含まれており、個々に期待されている効果というものがあるのです。

アミノ酸

人間の体内で合成することが不可能であり、外部から摂取しなければいけない必須アミノ酸が全種類(9種類)、ビール酵母には含まれています。
また、非必須アミノ酸を入れると、なんと全部で19種類のアミノ酸を含有しているのです。
こうしたアミノ酸をビール酵母で補給することにより、新陳代謝の向上、筋力アップ、疲労の回復といった効果が見込めます。

ビタミンB群

ビール酵母には体に貯蔵しておくことが不可能な、ビタミンB群も含まれているのが特徴です。
ビタミンB群が足りないことで起こる脚気(かっけ)を未然に防ぐため、薬にもビール酵母が配合されています。
ほかには疲労回復や免疫力向上を助けるなどの効果も望むことが可能です。

ミネラル類

ミネラル類と一口にいってもさまざまな種類がありますが、ビール酵母にとりわけ多く含まれているのはカリウムです。
この栄養成分には体内の余計な塩分を対外へと排出してくれる作用があり、体の中の塩分濃度を正常に維持するのに貢献してくれます。
余分な塩分は高血圧症の原因となり、血圧上昇を助長することになりますので、ビール酵母は高血圧対策や高血圧による心臓疾患を未然に防ぐ効果が期待できます。

食物繊維

第6の栄養素と呼ばれている食物繊維が、ビール酵母には豊富に含まれています。
食物繊維には腸の中をきれいにしてくれる作用があり、便秘を改善する効果が見込めます。
また、腸内環境の悪化は肌荒れや大腸がんを招くリスクがありますが、ビール酵母はこれらのトラブルを防止する効果を期待することも可能です。
そのほか、食物繊維を摂取すると食事で摂った栄養成分の吸収をゆっくりにしてくれるため、血糖値の急上昇が抑えられる作用ももたらされます。

エルゴステロール

この成分は紫外線を受けることでビタミンDに変換されるという性質があります。
ビタミンDにはカルシウムやリンの吸収を助け丈夫な骨や歯をつくる、インスリンの分泌を促進して血糖値を下げる、抗菌物質を生み出し免疫力を上昇させるといった効果が期待されています。

グルカン

グルカンには病気に強い体をつくるために効果的な作用をもたらしてくれます。
リンパ球の種類のひとつであるT細胞、ナチュラルキラー細胞、マクロファージといった、免疫機能を担っているものの作用を活性化してくれるのです。
これにより免疫力が向上し、病気を未然に防いだり、悪化を抑制したりする効果が望めます。

グルタチオン

この成分は3種類のアミノ酸(グリシン、システイン、グルタミン酸)で構成されている、トリペプチドのことをいいます。
抗酸化作用やデトックス作用に優れているというのが特徴です。
活性酸素や毒素が除去、排出されることによって、老化や生活習慣病といったトラブルの予防効果が見込めます。

いかがでしたか?
何かビール酵母に含まれている成分や栄養素に望める効果があったという人は、実際に一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

ビール酵母の一般的な摂り方

含まれている成分や栄養素、効果に心惹かれて、ビール酵母を摂りたいと思った人の中には、どういった形で摂取するのか疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
これにはおもに3種類の摂り方がありますので、ここでご紹介します。

粉末

パウダータイプと呼ばれることもありますが、粉状になっているものがあります。
吸収性に優れており、ビール酵母に含まれている有用成分を効率よく補給することは可能ですが、ほかのタイプと比較して独特なニオイや苦みのある味が気になりやすいのがネックです。
ただ、粉末の状態のまま摂らなければいけないわけではなく、市販されている商品の多くはヨーグルト、牛乳、豆乳、コーンポタージュなどと混ぜることにより、だいぶ摂りやすくなります。

タブレット&カプセル

ビール酵母のクセのあるニオイや味の問題を気にならなくしてくれるのが、タブレットやカプセルといったサプリメントです。
味やニオイはほぼありませんし、食べ物や飲み物と混ぜることなく単独で摂取できるところが魅力的です。
また、小分けにして持ち運ぶことも可能ですので、外出先でビール酵母を摂りたいという人が使用することにも向いています。

一般食品だけでなく、ビール酵母が配合されている製品の中には、指定医薬部外品として売り出されているものもあります。
栄養補給だけでなく、胃腸の不調などに関する効果効能が見込めるのが特徴です。

なお、味やニオイが気にならないという点、携帯性に優れているという点は、食品のサプリメントと共通しています。

いかがでしたか?個々のタイプで異なる特徴があるということがご理解いただけたのではないかと思いますが、吸収力の高いもの、料理で自然に摂れるものがいいという人は粉末を、味やニオイが駄目だという人はタブレットやカプセルを、治したい症状があるという人は薬を選択すると失敗しないでしょう。
ここの情報だけでは判断しかねるという人は、ひととおり全タイプを試してみて、自分と一番相性がよかったものを続けることをおすすめします。

ビール酵母の注意点

ビール酵母が使われている商品をこれから購入するにあたり、いくつか気をつけておかなければいけないことがあります。
下記、注意点を解説していますので、使いはじめる前に一読しておくことをおすすめします。

健康被害や副作用はある?

ビール酵母の商品には食品や薬がありますが、深刻な健康被害や副作用が起こった例は報告されていません。
ただし、これはあくまでも食品や薬の1日、1回あたりの目安摂取量(適量)を守った場合ですし、ビール酵母は多量に摂るほど効果がアップするようなものではありませんので、過剰摂取をしてはいけません。
また、適量の範囲をオーバーしていなくても、商品と体の相性が悪いと、人によっては胃腸の調子が悪くなったり、頭が痛くなったりといった症状が起こる可能性があります。

アレルギーのリスクは?

卵にアレルギー反応を起こす人は、ビール酵母を摂るのは避けるに越したことはありません。
というのも、ビール酵母を摂ることでアレルギー症状が起こる可能性があり、皮膚に発疹が出たり、かゆくなったりするほか、体がほてるなどするためです。

薬との併用は可能?

食品として販売されているもの、薬として販売されているものがありますが、いずれもほかの薬と一緒に使用しても基本的に問題ないとされています。
ただし、現在なにか治療を受けている病気などがあるという人は、安全性に関し万全を期す意味でも、事前に医師にビール酵母を摂っていいかどうか確認しておいたほうがよいでしょう。

痛風との関係

痛風を発症した人がビール酵母を摂ると、プリン体の過剰摂取を招いてしまいやすくなり、尿酸値が高まってしまいます。
このため、痛風もちの人がビール酵母を摂取すると病状を悪化させる恐れがあり、摂るのは避けなくてはいけません。

ダイエット効果の有無

ビール酵母はダイエットに効果的という情報が出回っていますが、いわゆる「やせ薬」のようなものではない点には注意する必要があります。
低カロリーで栄養成分が豊富という特徴がビール酵母にはあり、ダイエット中の摂取カロリーを制限しつつ、良好な栄養バランスを維持する助けになってくれるのです。
また、新陳代謝をよくしたり、便通を改善し腸内環境を改善したりする作用があるというのも、ビール酵母がダイエットにいいといわれる理由といえるでしょう。
直接的にダイエット効果を出してくれるわけではありませんが、ダイエッターの健康的な痩身をサポートしてくれるのがビール酵母なのです。

上記のように、中には摂取を避けたほうがいい人もいる点には気をつけなくてはいけません。
もしも摂取しはじめたあとに体調に異変があった場合には、ビール酵母を摂るのをやめて症状がおさまるか様子をみて、改善しないようであれば医療機関を受診しましょう。

ビール酵母を摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

実際にビール酵母を使用した人は、どのようなことを感じているのでしょうか。
ここではビール酵母を摂った人の良い口コミ、感想のほか、悪い口コミ、感想をご紹介しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

ビール酵母を摂った人の良い口コミ、感想

効果に関するもの

ビール酵母に含まれている成分、栄養素を摂ることにより、期待されている効果を実感したといっている人が多数いました。
下記、どういう変化があったといっている人がいたのか列挙していますので、欲しい効果がないかチェックしてみてください。

・疲れが残りにくくなった
・筋力トレーニングの効率がよくなった感じがする
・お通じがよくなった
・風邪をひきにくくなった
・肌荒れしにくくなった
・毎年のように夏バテするのに今年は大丈夫だった
・血圧の平均値が下がった
・メイクのノリがよくなった
・以前より精液の量が多くなった
・心なしか髪が元気に、太くなった気がする

何か1個でもご自身が抱えている悩みに関する口コミ、感想があったという人は、ビール酵母を試してみる価値があるといえるでしょう。

価格に関するもの

豊富な栄養成分が含まれており、健康や美容の維持のためにパワーを発揮してくれるビール酵母ですが、リーズナブルな価格で販売されているものがほとんどです。
実際にこの点を評価している使用者は多く、はじめやすく続けやすい、コストパフォーマンスのよいものとして評価されています。
商品によってはお得なお試しや定期購入コースが用意されており、費用負担が軽くなるサービスに満足している人も多く見受けられました。

ビール酵母を摂った人の悪い口コミ、感想

効果に関するもの

ビール酵母を摂取しはじめ、継続的に使っている人で、これまでとの違いを実感したと口コミや感想を寄せている人は多数いましたが、反対に期待はずれだったといっている人もいました。
変化はあったけれど思っていたほどではなかったといっていた人や、まったく効果がなかったという人がいます。
なお、今後ビール酵母を摂ろうとしている人に伝えておきたいのは、即効性は望めないということです。
継続しなければ効果は期待できないというのがビール酵母の特徴ですので、短期間ですぐにやめてしまうのではなく、1ヶ月程度は続けてみてください。
また、劇的な変化は見込めなくても、毎日の栄養補給には役立っていると考えれば、それだけでも摂る価値は十分にあるといえるのではないでしょうか。

味に関するもの

これは粉末タイプのビール酵母に対する口コミや感想で多かったものなのですが、ニオイや味がどうしても苦手で継続を断念したという人がいました。
中にはほかのものに混ぜてみたものの、やはりニオイや味が気になって駄目だったといっている人がいます。
これからビール酵母を摂ろうと思っている人は、もしも粉末タイプが好みに合わなかった場合、ニオイや味のしないタブレットやカプセルタイプの商品や錠剤の薬を試してみると続けやすいと感じられるでしょう。

ダイエットに関するもの

置き換えダイエットにビール酵母を使ったという人が少なくありませんが、失敗に終わった人で少なくなかったのは空腹に耐えられなかったというものでした。
今後ビール酵母を摂ろうという人で置き換えダイエットに使いたい場合には、一日二食のところを一食だけの置き換えにするなど、無理のないところからはじめると挫折しにくいのではないでしょうか。
また、やせ薬のような効果を期待していた人で、変化がなく摂取をやめてしまったという人もいます。
この口コミや感想に関し、ビール酵母は「これさえ摂っていれば、好きなものを好きなだけ食べても勝手にスリムになっていく」という類のものではなく、ダイエット中の栄養不足のカバーにひいでているものですので、直接的なダイエット効果を期待してはいけません。

どうでしたか?悪い口コミや感想については、本当に体質に合わず健康や美容を損ねることでもない限り、ビール酵母との付き合い方次第では問題にならないものばかりです。
基本的に良い口コミや感想の割合が高かったですし、実際に使ってみた人と同様の実感が得られる可能性はあるわけですから、ひとまずポジティブな意見を信じて使ってみることをおすすめします。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → ビール酵母

関連記事

フラバンジェノール (OPC)の効果・効能・特徴・含まれる食品

不規則な生活習慣やバランスの悪い食事、喫煙やストレス、不眠などによって発生する活性酸素を体内で抑

記事を読む

EM乳酸菌の効果・効能・特徴

EM乳酸菌とは、美容や健康はもちろん、放射能の除染にまで効果があるとされています。 その効果は

記事を読む

コエンザイム Q10の効果・効能・特徴・含まれる食品

こちらもほとんどの人が耳にしたことのある栄養素ではないでしょうか。 近年非常に注目されている「

記事を読む

発酵ブラックジンジャーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

発酵ブラックジンジャーとは・・・・・ 昔に比べて日本人の体温が1℃低くなっているといわれており

記事を読む

サラシアの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、サラシアという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 サラ

記事を読む

オリゴ糖で便秘解消

オリゴ糖で便秘解消!オリゴ糖で腸内環境が改善!

オリゴ糖で便秘解消… オリゴ糖は、単糖類同士が結合している多糖類です。その結合量は2~10個と

記事を読む

ナスニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

強い抗酸化作用があるポリフェノールですが、中には色素の一種などがあります。 この色素成分に強い

記事を読む

カテキンの効果・効能・特徴・含まれる食品

いまではおなじみの成分となり、みなさんも何にこの「カテキン」が多く含まれているかはご存知だと思い

記事を読む

酵素とは・・・酵素の種類や働きについて

酵素とは、体内において起こっている化学反応に対して触媒として機能している分子です。 酵素が触媒

記事を読む

植物性乳酸菌の効果・効能・特徴

乳酸菌というと、「乳」という文字が入っているため、ヨーグルトやチーズなどの乳製品にのみ含まれてい

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑