*

プロポリスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、プロポリスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
プロポリスの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → プロポリス

プロポリスの概要

プロポリスとは、蜜蜂(みつばち)の唾液などの分泌物と、樹脂や蜜蝋(みつろう)が混ざり合ったものです。
天然の抗生物質という別名があり、プロポリスに備わっているパワーに期待を寄せる、多くの人達に取り入れられています。

豊富な栄養成分

プロポリスには非常に数多くの種類の成分や栄養素が含まれているのが特徴で、主なものとしてはフラボノイド類、アミノ酸類、ビタミン類、ミネラル類が挙げられます。
その中でもフラボノイド類の種類の多さには目を見張るものがあり、なんと40種類以上も含まれているのです。

主な作用

抗菌、殺菌、抗ウイルス、抗炎症といった作用がプロポリスによってもたらされます。
別項で詳しく説明しますが、こうした作用により人体にとって良い効果効能を望むことが可能です。

日本におけるプロポリスの特徴

プロポリスは産地によって品質に多少の差があります。
日本国内で取り扱いが多いのは、南アメリカに位置するブラジル産のものです。
ブラジル産のプロポリスは、薬効に優れていると評されているユーカリ、アレクリンといった植物の樹液が原材料に使用されています。
高品質なプロポリスだと100種類以上の有用成分が備わっており、中にはほかの国や地域のものにはない成分や栄養素が含まれている商品もあります。
また、こうした品質の良いプロポリスの場合、フラボノイドの含有量が別の産地のものと比較して数十倍にもなるものもあるのです。

蜂蜜(はちみつ)との違い

プロポリスも蜂蜜も蜜蜂がつくり出すものという点では共通していますが、同じものではありません。
まず、プロポリスは冒頭でも述べたように、蜜蜂の分泌物である唾液などと、樹脂や蜜蝋が混ざり合ってできたもので、蜂蜜は蜜蜂が植物や花の蜜を巣に持ち帰って加工し、貯め込んでいるものです。
また、蜂が使用する場合の目的も異なり、プロポリスは営巣などに使用されますが、蜂蜜は食料として使われます。
含有成分に関し、プロポリスは前述したようなものが主に含まれていますが、蜂蜜は大部分が果糖です。

ローヤルゼリーとの違い

蜂蜜と同様にプロポリスと混同されやすいものとしては、ローヤルゼリーを挙げることができます。
ローヤルゼリーは働き蜂が花の蜜や花粉などを摂取し、自らの体の中で酵素により分解、合成されて生み出されるものです。
プロポリスは前述したように営巣などの目的で使われますが、ローヤルゼリーは働き蜂の何倍も大きく成長し、長く生き続ける女王蜂が食料として摂るのが主な使用目的となっています。
また、含まれている有用成分に関してはローヤルゼリーも豊富であり、特有成分のデセン酸(脂肪酸)、アミノ酸類、ビタミン類、ミネラル類などがたっぷりと含まれています。

プロポリスの概要に関しては以上となりますが、おおむねどういったものなのかご理解いただけたでしょうか。
ここでの解説でプロポリスに興味や魅力を少しでも感じたという人は、別項で具体的な効果効能やどういった商品で摂るのか、摂取にあたり注意することはあるのか、評判が良いのか悪いのかといった情報を提供していますので、チェックしてみてください。

プロポリスの成分や栄養素と期待できる効果

プロポリスには一体どういった有用成分が含まれており、健康や美容に関する効果効能としては何が挙げられるのでしょうか。
今回はこのような疑問を持っている人のために有益な情報を提供しますので、参考にしていただけると幸いです。

プロポリスの成分や栄養素

プロポリスには300種類程度の有用成分が存在することが確認されていますが、実際にはもっとあると考えられています。
主な分類としては以下のようなものが挙げられますので、プロポリスに何が含まれているか気になる人はご覧ください。

・フラボノイド類
・酵素類
・ミネラル類
・ビタミン類
・アミノ酸類
・必須脂肪酸類
・有機酸類
・桂皮酸誘導体類

なお、プロポリスに含まれている成分や栄養素の種類、含有量に関しては、原材料の産地による違いがあります。
大別するとプロポリスには2タイプあり、ブラジルタイプとヨーロッパタイプが出回っています。
前者はガンをはじめとする生活習慣病対策に有用な成分が含まれており、後者には老化や病気の原因となる活性酸素に強い抗酸化力を発揮する、フラボノイドが多く含まれているのが特徴です。

プロポリスに期待できる効果

●自然な守る力を強化する人間の体にはウイルスや病原菌の侵入を防止したり、体内に発生した有害な細胞を取り除いたりする自己防衛機能である免疫力が備わっています。
この免疫力は人によって強い弱いがありますが、弱いと風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなってしまうのです。
プロポリスにはこの免疫力を高め、病気に強い体づくりをサポートしてくれます。

●口の嫌なニオイを防ぐプロポリスは優れた抗菌作用や殺菌作用があります。
口臭は口の中で増殖する菌が主な原因となって発生しますが、プロポリスの抗菌や殺菌作用により菌を撃退したり増殖を抑制したりして、不快臭が出ないようにしてくれます。

●髪のトラブル対策をする髪が抜ける本数が多くなった、薄くなってきた、白髪が目立つようになったという悩みを抱えている人は大勢います。
プロポリスには髪が抜けるのを防いでくれたり、髪が生えるのを促してくれたりするパワーが期待されており、ハゲ対策のために取り入れている人が多数いるのです。
また、既に白くなってしまった髪を黒くする効果も見込めるということで、白髪の本数が増加していることが気になっているという人の中にもプロポリスの愛用者がいます。

●きれいな肌を維持する若々しい肌をキープするには、古い皮膚と新しい皮膚の入れ替わりのサイクルが正常でなくてはいけません。
この肌の入れ替わりのことをターンオーバーといいますが、プロポリスにはこれを正す効果が期待されています。
また、過剰に発生した活性酸素は肌の老化進行を助長しますが、プロポリスに含まれる豊富な抗酸化物質が活性酸素の除去を行い、シミやソバカスといった見た目年齢を高める肌トラブル防止に貢献してくれます。
そのほか、プロポリスは抗菌作用のほか、抗炎症作用にも優れているのが特徴です。
こうした作用はにきび対策に有用で、原因菌やにきびによる炎症にパワーを発揮してくれます。

●糖尿病の初期症状を軽くする糖尿病になりはじめの頃は自覚症状に乏しいものの、インスリン抵抗性といって血糖値をコントロールするインスリンが正常に作用しない状態に陥っており、臓器や血圧には確実に影響が及んでいます。
プロポリスはこの時期の糖尿病の症状に対し有用であることが動物実験の結果わかっており、インスリン抵抗性の改善効果が見込めるといわれています。

●花粉症を防ぐプロポリスには、花粉症を未然に防止する効果が期待されています。
花粉症が引き起こされる原因にヒスタミンと呼ばれる物質の放出が挙げられますが、プロポリスはこれを抑制する作用をもたらしてくれます。

●炎症を抑えるプロポリスには前述したように、抗炎症作用に優れているという性質があります。
そのため、皮膚や口腔内の炎症性トラブルを抑制するのに効果的です。

いかがでしたか?
上記のとおり、プロポリスには多数の成分や栄養素が備わっており、健康や美容に関する多くの効果効能が期待されています。
何か対策したいトラブルがあったという人は、早速日々の暮らしの中でプロポリスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

プロポリスの摂り方

健康や美容のためにプロポリスを摂りたいけれど、どういう商品で摂るのが一般的なのか、気になっている人もいることでしょう。
ここでは主なプロポリスの摂り方(商品のタイプ)をご紹介しますので、商品選びの参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

顆粒

粉末より一粒一粒が小さいものを顆粒といいますが、このタイプのプロポリス配合商品が市販されています。
水などと共に食品として摂るだけで良く、後述する錠剤やカプセルのタイプだと飲みにくいと感じる人におすすめです。
また、中には個包装になっている商品もあり、このようなものだと外出先でも摂取可能な点が魅力的です。

液体

栄養ドリンクや健康ドリンク、美容ドリンク感覚で飲めるタイプが液体のプロポリスです。
顆粒や錠剤、カプセルのようにノドに引っかかる感じがなく、味はありますが飲みやすく仕上がっているものが多くなっています。
また、一般に液体タイプの商品は有用成分の吸収性の面でも優れているといわれていますので、効率よく体に成分や栄養素を取り込みたい人が摂ることにも向いているでしょう。

錠剤、カプセル

プロポリスの有用成分が錠剤やカプセルの中に凝縮されているのが、このタイプの商品の特徴です。
食品として一日○粒と少量摂取でいいほか、味やニオイがすることがなく飲みやすいため、プロポリスに苦手意識がある人が摂るのに適しています。
また、個包装の顆粒と同様に、外出先で摂りやすい点も魅力の一つといえるでしょう。

飴(あめ)

口寂しいときに舐めるなど、お手軽感があるのが飴タイプのプロポリスです。
おやつ感覚で食べるだけでプロポリスの有用成分が補給できます。
中にはノドの痛みや口のニオイが気になるときに摂っている人もいます。

はみがき剤

プロポリス配合商品の中には、はみがき剤タイプも存在しています。
抗菌、殺菌、抗炎症といった作用がプロポリスにはあるため、虫歯、歯槽膿漏、歯肉炎、口臭の対策に有用です。

スプレー

口の中を目がけてスプレーし、摂取するタイプの商品も販売されています。
飴タイプのようにノドの痛みや口のニオイが気になるときにシュッとスプレーして使用している人が多いです。
ノドに吹きかける医薬品のような形状のため持ち運びに便利で、自宅だけでなく外出先で使用可能な点も魅力の一つといえるでしょう。

いかがでしたか?
プロポリス配合商品にはこれだけ多くのタイプがあり、個々に特徴の違いがあります。
商品を購入するにあたっては、自分にはどのタイプが合うのか比較検討し、金銭的に負担に感じないようであれば複数のタイプを用途に応じて使い分けるというのも良いでしょう。

プロポリスの注意点

プロポリスを摂るにあたり、安全性の問題に関し不安や疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
今回はそのあたりのことについて解説していきますので、気になっているという人はご一読ください。

副作用は起こる?

まず、基本的なこととして、副作用は薬を使用した際に起こる可能性がある各種症状のことをいいます。
プロポリス配合商品にはさまざまなものがありますが、広い意味で食品に分類されているものに関してはいうまでもなく薬ではありませんので、副作用と呼ばれるような症状が起こることはないでしょう。

アレルギー反応は起こる?

プロポリスを摂取することにより、含有成分や原材料に対しアレルギー反応を示すリスクがあります。
とくに蜂や蜂が生み出す物質にアレルギーがある人は、プロポリスを摂取することで全身の蕁麻疹(じんましん)、むくみ、嘔吐、呼吸困難などを招くアナフィラキシー反応が引き起こされる恐れがありますし、ぜん息のある人は症状がひどくなる可能性がありますので、プロポリスを摂取してはいけません。

妊娠中、授乳中の人が摂っても問題ない?

確実に問題が起こらないといえるだけの情報量が、プロポリスに関してはまだありません。
したがって、自己判断だけで摂るのはやめておくのが賢明といえるでしょう。

1日あたりの目安摂取量はある?

プロポリス自体の1日あたり摂取量の上限は定められていません。
ただ、上限がないからといって大量に摂っていると過剰症を起こす可能性がありますので、商品ごとに設定されている適量を守ることが大切です。

薬との飲み合わせは大丈夫?

抗凝固薬のワルファリン(ワーファリン)を使用している人がプロポリスを摂った場合、薬の作用に影響を及ぼし、効きにくくする恐れがあります。
仮にこの問題を無視してプロポリスを摂取すると治療の妨げになりますので、ワルファリンを使用中の人は自己判断で摂ることを避けなくてはいけません。

健康上、まったく問題のない人がプロポリスを摂る分にはトラブルを招く心配は基本的にありません。
ただ、摂取する本人の体の状態によってはプロポリスの摂取を避ける必要がありますので、上記のようなリスクのある人はプロポリスを摂りはじめる前に医療機関で相談することが大切です。

プロポリスを摂った人の口コミ、感想(良い点、悪い点)

プロポリス配合の商品を購入して使用する前に、先に取り入れた人達からの評判はどうなのか、ここをみている人の多くは気になっているのではないでしょうか。
ここではプロポリスを実際に使用した人の口コミ、感想に関する情報を掲載していますので、プロポリス配合商品を買うかどうかを決める判断材料としてお役立ていただけると幸いです。

プロポリスを摂った人の良い口コミ、感想

プロポリスを愛用中だという人や、過去に使用した経験があるという人の意見の中には、健康や美容に関する効果の実感をはじめ、好意的なものが多数みられました。
参考になりそうなものを以下にまとめていますので、チェックしてみてください。

●ストレスが溜まると口内炎が出て、喋ったり食事をしたりするときに痛いとまたイライラして、本当に嫌でした。私がプロポリスを使うようになったのは友人の紹介でしたが、今まで一体なんだったの?というぐらい出なくなりましたし、出ても治りが早いです。

●私は顆粒状のプロポリスサプリ愛飲者です。使用前と現在を比較すると、疲れが溜まっていても風邪をひくところまでいくことが減ったように思います。

●オフィスの乾燥がひどくノドが痛くなることが多かったので、のどあめを買おうかと思いましたが、プロポリスのキャンディもいいという情報があったので試してみることにしました。結果、舐めているとノドの嫌な感じがしないので重宝しています。

●しみ、そばかす対策としてプロポリスを摂ることを習慣にしていますが、私と相性がいいのか使いはじめたあとこれまでトラブルはありませんし、鏡をみていて白髪が減った?ような感じもしています。

●一時期、シャンプーをしたあとの排水溝や寝起きの枕をみるたびにツライ気持ちになっていたのが、プロポリスを摂るようになって変わりました。今は同じ状態にまたなりたくないので、ヘアケアや頭皮ケアも頑張っています。

●ドリンクタイプのプロポリスを飲んで半年以上が経過しました。前はよく肌荒れやにきびに悩まされていたけれど、そのときに比べれば肌の調子がいいので使い続けて良かったと思っていますし、今後もやめるつもりはありません。

●口臭対策のため、スプレー式のプロポリスを愛用中です。家に1個、職場に1個、携帯用に1個常備していますが、おかげで人と近くで話すことに抵抗がなくなりました。

●花粉情報のチェックとマスクの使用が欠かせなかった自分が、現在では両方とも不要に。プロポリスには本当に感謝。

●1年以上前のことになりますが、ネットでプロポリス入りのはみがき剤をみつけて購入し、以降ずっとリピートしています。プロポリスのパワーかどうかは決め付けられませんが、歯医者のお世話には今のところなっていません。

●糖尿病予備軍と病院でいわれたあと、脱出という目的を達成するまでのあいだ、予防に良いといわれているものを色々と試しました。体感として駄目なものは長続きしませんでしたが、プロポリスだけは最後までやめませんでした。

プロポリスを摂った人の悪い口コミ、感想

プロポリスに対する意見の多くは好意的なものだったのですが、中には悪い意見もチラホラと見受けられました。
どういうものがあったのかご紹介しますので、気になる人はご確認ください。

効果がなかった

プロポリスを使った人の中には、健康や美容に関する良い変化をまったく実感できなかったという口コミや感想を寄せている人もいます。
また、プロポリスを使い続けていたけれど、やめたあとにまた使用前に悩まされていた問題が再発したといっている人もいました。

味が合わなかった

すべてのプロポリス配合商品ではありませんが、味がするものも中にはあります。
辛いと表現されることが多いですが、この味が嫌でやめてしまったといっている人がいました。

値段が高い

プロポリスが配合されている商品の価格はさまざまですが、費用負担が重く継続が不可能になったという人の口コミや感想がありました。
また、初回の値段は安かったけれど2回目以降の値段が高く、試してみて商品に大して魅力を感じなかったため、リピートには至らなかったと話している人もいました。

体質に合わなかった

プロポリスとの相性が悪く、下痢をした、皮膚のかゆみ、赤み、蕁麻疹(じんましん)といった症状が出てやめたという人がいます。
中には一時的なものではなく、症状の原因がアレルギーだったといっている人もみられました。
割合としては良い口コミや感想のほうが大きく上回っていましたが、悪い口コミや感想も数が少ないといって軽視するのではなく、同じ失敗をしないための参考情報として役立てましょう。
たとえば、コストパフォーマンスが良く長く継続可能な商品を購入する、味が苦手な人は無味無臭のものを選択する、安全に使用可能な健康状態が確かめる(場合によっては医療機関で相談する)ことなどが、悪い口コミや感想を寄せている人と一緒の問題に直面しないためにできる対策として挙げられますので、ぜひとも実践して良い口コミや感想を寄せている人達と同じ経験ができる可能性を高めましょう。

なお、実際にプロポリス商品を使用して、健康や美容のトラブルを招いた場合には、使用をやめて医療機関を受診してください。
蜂アレルギーだとアナフィラキシー症状を起こし、最悪の場合には命を落とすこといなりかねません。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → プロポリス

関連記事

サポニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「サポニン」とは、渋み、苦み、えぐみといった不快味の原因ともなる成分で、植物の根、葉、茎などに広

記事を読む

ビタミンA(カロチン)の効果・効能・特徴・含まれる食品

カロチンは私たちの体内に取り入れられるとビタミンAに変化します。 カロチンとは植物などに含まれ

記事を読む

フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 フコイダンの効果

記事を読む

やずやの「豆乳青汁」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの豆乳青汁とは? やずやの豆乳青汁とは、1992年2月に発売し1億杯以上飲まれた大ヒット

記事を読む

ブルーベリーの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、ブルーベリーという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

やずやの「養生青汁」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの養生青汁とは? やずやの養生青汁とは、1992年2月に発売した累計1億杯突破のロングヒ

記事を読む

乳酸菌の種類とそれぞれの効果・効能・特徴を調べてみました

乳酸菌てどんな菌?乳酸菌の基礎知識 乳酸菌の乳酸とは… 乳酸菌の生成する乳酸ですが、この

記事を読む

ケンフェロールの効果・効能・特徴・含まれる食品

大根に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノイドに属するのが「ケンフェロール」という成分です

記事を読む

お風呂用充電式水素発生器スパーレの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

スパーレは自宅の何の変哲もない普通のお風呂を、みるみるうちに水素風呂へと変えてくれる、お風呂用充

記事を読む

サントリー「ロコモア」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【ロコモア】で、生涯スムーズな歩みを! 年連続売り上げNO.1のグルコサミン配合サプリメント「

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑