*

マカの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、マカという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
マカの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → マカ

マカの概要

マカとは、南アメリカ大陸西側に縦断するようにそびえている、アンデス山脈に自生する植物の中のひとつです。
アブラナ科に属しており、同じくアブラナ科の種類のひとつに含まれているカブに似た形状をしています。

マカの原産地

冒頭でマカはアンデス山脈に自生していると述べましたが、主な産地は南アメリカ大陸西部に位置するペルーという国です。
アンデス山脈のマカが採れる場所は標高が日本の富士山よりも高い位置にあり、気温も非常に低いのが特徴で、冷害や干ばつが起こることも少なくありません。
こうした過酷な自然環境に負けることなく生育した植物というのは、概して生命力にあふれていて有用成分を豊富に蓄えているものなのですが、マカも例外ではありません。
アンデスの女王などの異名があり、古代以前より現地の住民達の貴重な滋養強壮の源としてマカは重用されてきたという歴史があります。

マカの輸出

マカの産地の代表格であるペルーですが、生や種の輸出が法律によって禁じられています。
国外に輸出される際には乾燥させて粉末に加工された状態でということになり、日本ではいわゆる健康食品の形などに製品化されたものを摂るのが一般的です。
なお、輸出にいたるまでのあいだに経ることになる乾燥の工程には数ヶ月間を要し、そのあいだに有用成分が多少損なわれてしまうという難点があります。
ただ、粗悪なものが輸入されて、品質の悪いものが出回っているということではありませんので、誤解のないようにしてください。

日本産のマカはない?

ペルー産のマカしかないかというと決してそのようなことはなく、輸出が制限される前に日本国内に渡った種が使われて、国産のマカも栽培されるようになっています。
本場ペルー産のマカと日本産のマカでは前者のほうが健康や美容に良いイメージがありますが、実際には日本産のマカのほうが鮮度や栄養価、安全性の面で優れている場合が少なくありません。
実際、ペルー産と国産のマカを比較する参考資料として、栄養価の違いなどをデータとして公表している企業なども存在しています。

マカ=男性が摂るイメージは古い?

ご存知の人も多いでしょうが、日本国内で流通しているマカ配合の商品には、いわゆる精力剤に分類されるようなものが数多くあります。
そのため、男性が摂るものと思っている人は少なくないでしょう。
しかしながら、マカに期待されている有用成分の中には、女性のお悩み解決をサポートするようなものも含まれているのです。
このことが各メディアで取り上げられるなどした結果、またインターネット通販が普及した結果、店舗で買う気恥ずかしさがなくだれにも知られず簡単に入手が可能なため、女性のマカ愛用者も多数います。

以上がマカに関する基本的な情報ですが、大体どのようなものなのかご理解いただけたでしょうか。
より詳細な情報は別項にて解説していますので、興味がある人はチェックしてみてください。

マカの成分や栄養素と期待できる効果

マカは栄養価の高さの面で非常に優れているため、アンデスの女王や完全食品などと称されています。
古くから原産地のペルーでは滋養強壮源として重用されてきたという歴史がありますが、具体的にどのような有用成分が含まれているのでしょうか。
以下、マカに含まれている有用成分を一覧にしましたので、気になる人はご確認ください。

マカに含まれている成分、栄養素

アミノ酸

アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、オルニチン、カルニチン、システイン、シスチン、グリシン、グルタミン酸、GABA(γアミノ酢酸)、セリン、タウリン、チロシン、プロリン

必須アミノ酸

イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン、フェニールアラニン、メチオニン、リジン、ロイシン、バリン※体内での合成が不可能な必須アミノ酸は全9種類。
マカには全種が豊富にバランスよく含まれています。

ビタミン類

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE

ミネラル類

亜鉛、カリウム、カルシウム、セレン、鉄、ナトリウム、マンガン、リン、銅

ファイトケミカル

アルカロイド、アントシアニン、サポニン、ステロイド、テルベノイド、フラボノイド、デキストリン、ベンジルグルコシノレート、ポリフェノール以上のように、マカだけでこれだけの有用成分を摂ることが可能となっています。
日々の食事における栄養不足のカバーに大きく貢献してくれるのはもちろんのこと、下記のような効果が期待されている点に注目が集まっています。

マカに期待できる効果

精力増強

マカに含まれている辛み成分のベンジルグルコシノレートが、男性機能改善に貢献してくれます。
また、マカを摂り続けることによって性欲がわくようになり、精液の量や精子の数の増加、精子の運動の活発化までサポートしてくれます。
精力の減退が気になっているという人や、男性の不妊に悩んでいる人のあいだでマカが愛されているのはこのためです。

動脈硬化の予防

細菌やウイルスが体内に侵入した際、本来であれば撃退する役割を果たしてくれる活性酸素ですが、紫外線、大気汚染、喫煙習慣、食品添加物、ストレスなどにより過剰に発生すると、細胞に損傷を負わせるようになり、さまざまな病気を招く原因になったり、老化を助長したりしてしまいます。
血管もこの活性酸素の過剰発生により老化してしまいますが、進行すると動脈硬化を引き起こしたり、悪化させたりすることになりかねません。
マカにはこの活性酸素と戦ってくれる抗酸化物質が含まれており、余分な活性酸素を除去し、動脈硬化を未然に防いで血管を若々しく保つ効果が見込めるのです。

心筋梗塞や脳梗塞の予防

前述した動脈硬化が悪化すると、血管が細く狭くなるだけでなく血液のかたまりである血栓が形成されて詰まりを起こし、心筋梗塞や脳梗塞を招くことになりかねません。
マカを摂取し続けることで動脈硬化防止に有用と述べましたが、実際に予防効果が得られれば心筋梗塞や脳梗塞を食い止めることにもなり、命を落とすような事態に直面することが避けられます。

更年期障害の症状緩和

主に加齢によるホルモンバランスの乱れによって、更年期障害は引き起こされると指摘されています。
このホルモンバランスが崩れてしまう原因は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が少なくなってしまうことにありますが、マカを摂り続けることで更年期障害による心身の症状を軽減する効果が見込めるとされているのです。

疲労回復

前日の疲れが翌朝以降も残り、ぐったりしていることが多い人はいないでしょうか。
また、運動をすると筋肉の疲労やダメージが解消されにくく困っている人はいないでしょうか。
マカにはこうした疲労を取り除くのに有用なアミノ酸やビタミンB群が含まれています。

不眠症改善

マカに含まれているアミノ酸のグリシンは、睡眠に関する問題解決のサポートをしてくれます。
良質な睡眠に欠かせない体内の温度の低下作用、脳が休息するノンレム睡眠に素早く導かれて、さらにはこのノンレム睡眠が長時間になる作用がもたらされるのです。
スムーズな入眠だけでなくぐっすり休めるようになるため、不眠症の人や不眠症といかないまでも眠りに満足がいっておらず、翌日のパフォーマンス低下が気になっている人は、マカで対策をしてみてはいかがでしょうか。

冷え性改善

手足のひんやりに悩まされている人はとくに女性に多いですが、マカはこのお悩み解決にも貢献してくれます。
というのも、マカには血液のめぐりを促進してくれるアミノ酸のアルギニンやビタミンEが豊富に含まれているからです。
冷え性の主な原因のひとつには血行不良があるため、マカでこの原因を取り除くための対策がおこなえるというわけです。

眼精疲労改善

マカにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。
ものを見るために欠かせない網膜組織の物質の再合成や、血液のめぐりを促してくれるため、その結果として眼精疲労の症状が緩和されるといわれています。

ダイエッターサポート

マカには非常に多くの種類のアミノ酸が含まれていますが、その中の数種類によって酵素の一種であるリパーゼの作用が活発化します。
このリパーゼには、体内に存在する脂肪を効率よくエネルギーへと変換してくれる効果が見込めます。
結果、脂肪燃焼が促進されますし、マカ自体の栄養価が高く多種類の有用成分をたっぷり補給できるため、ダイエット中の栄養不足防止にも役立つでしょう。

美肌

マカにはきれいな肌を維持するための成分が多く含まれています。
にきびの改善に有用なビタミンC、シミやソバカスの原因となる紫外線を吸収し、肌への影響を抑えてくれるビタミンE、加齢と共に減少すると肌の老化に拍車をかけてしまう成長ホルモン分泌を促進してくれるアルギニンなどが豊富に含まれており、健康で若々しく、美しい肌の維持をサポートしてくれるのです。

いかがでしたか?
マカに含まれている有用成分や望める効果に関してはだいたい上記のとおりですが、ほかにも肩こり、生理痛、生理不順、便秘、薄毛、女性の不妊などにもよいという話も出ています。
たくさんの成分や栄養素が豊富に含まれているマカで、男女問わず健康や美容上のお悩みを解決するための対策をはじめてみてはいかがでしょうか。

マカの一般的な摂り方

全部で約50種類もの有用成分を含み、滋養強壮をはじめ健康や美容に関するさまざまなパワーを発揮してくれるマカ。
日常的に摂取しているという愛用者は男女関係なく大勢います。
まだはじめていない人でこのサイトをご覧になっているということは、何で摂るのがいいのか疑問に感じているのでしょうが、今回はそのような人のために、マカの複数ある摂取方法を特徴を含め順番に解説していきます。

粉末タイプ

パウダータイプという呼び方がされている場合ですが、容器の中に乾燥させて粉の状態になったマカが入っている商品が販売されています。
マカの有用成分が入っているほか、吸収性は後述する錠剤やカプセルタイプより上、ドリンクタイプより下の場合が多いです。
摂り方はお湯や白湯で溶かして飲むというのが一般的です。
なお、マカ本来の独特の味がしますので、好き嫌いはどうしてもわかれてしまいます。
人によって味の感じ方には違いがありますが、ほんのり甘く、苦みがするのが特徴ですが、試してみて合わない場合はほかの飲み物や料理に粉末を混ぜたり、別のタイプに切り替えたりするとよいでしょう。

ドリンクタイプ

飲料として販売されているマカ配合の商品もあります。
そのまま飲める手軽さが魅力的で、吸収性ではほかのタイプに比べもっとも優れているのが強みです。
また、商品によってはほかの有用な成分や原材料がプラスされていることもあります。
味に関しては好みがわかれるでしょうが、粉末に比べるとマカ独特の味が気にならず、美味しく飲みやすく仕上げられているのが特徴です。

錠剤(粒)&カプセルタイプ

いわゆるサプリメントといわれるのがこのタイプです。
粉末やドリンクで問題となる味が、サプリメントであればほぼ無味無臭で気になりにくくなっています。
また、基本的に食品としての1日目安摂取量が少なく、小さい錠剤やカプセルを水などと一緒に摂るだけですので、手軽さではほかのタイプと比較してももっとも優れているといえるでしょう。
さらに、ドリンクタイプと同様に、別の有用な成分や原材料が加えられている商品もあり、こうしたものにはマカ単独では得られないパワーに期待がもてます。
ただ、吸収性の面では一般に粉末やドリンクより劣ると評価されています。

以上のように、マカを摂りたい場合には主にみっつの選択肢があるのです。
個々にメリットもあればデメリットもありますので、特徴を比較して自分がもっともいいと感じた摂りやすい方法で、マカと付き合っていきましょう。

マカの注意点

マカには主に粉末、ドリンク、錠剤・カプセルの3タイプの商品がありますが、購入して使用をはじめるにあたり、事前に把握しておくべき注意点はあるのでしょうか。
ここではマカの副作用や健康被害のリスクや摂取を避けたほうがいい人、また商品購入時の選び方で気をつけたほうがいい、種類別のマカの特徴について取り上げていますので、気になる人は以下の内容をご確認ください。

マカを摂ると副作用や健康被害が起こる?

これは何もマカに限った話ではありませんが、自分の体質に合わなかったり、過剰摂取したりすることで、健康や美容を害する可能性があります。
たとえば、マカを摂っていることが原因となって頭が痛くなる、眠りが妨げられたり休息の質が下がったりすることがあるのです。
ほかには、女性が摂取した場合には生理周期が不安定になったり、生理自体がこなくなったりする可能性があるほか、月経時の痛みが増す、にきびが出ることもあります。

マカ摂取によるアレルギーの心配は?

食品アレルギーを引き起こすリスクがマカにはあります。
マカはアブラナ科に属する植物ですが、カブ、ブロッコリー、キャベツも同様にアブラナ科に属しており、こうした食品にアレルギーがある人は摂らないに超したことはありません。
なお、マカにアレルギー反応を示した場合に引き起こされる可能性のある症状としては、腹痛、下痢、胃痛、嘔吐、せき、ぜんそく、皮膚のかゆみ、発疹、じんましんといったものが挙げられます。

摂取してはいけない人

まず、おなかの中に赤ちゃんがいる人や、子どもに母乳をあげている人は、母親の体だけでなく子どもにまで影響が及ぶ可能性があるため、マカの摂取は避けるようにと定めている商品が多いです。
次に、持病があって治療のために薬を使用している人は、相互作用を起こすリスクがないとはいいきれませんので、病院で医師にマカを摂取しても問題ないか確認を取ることが大切といえるでしょう。
そのほか、前述した副作用や健康被害が起こった人、アレルギー反応を引き起こした人も回復のため症状が出た時点でマカの摂取をやめるのが賢明ですし、よくならない場合は医療機関を受診することをおすすめします。

マカの種類

マカには複数の色、産地、栽培方法があり、品質面に差が生じます。
商品選びをする際には下記の情報を参考にすると、良質なものを見極めるのに役立つでしょう。

色による違い

まず、マカは根が濃い色のものほど多くの有用成分が備わっているという特徴があります。
もっとも色が濃く栄養価が高いものは黒いマカで、ブラックマカやモラーダ種と呼ばれています。
これに次いで有用成分が多く含まれているのが赤紫色のレッドマカ、そして黄色いイエローマカと続きます。
当然のことながら色が濃く栄養価が高いものほど高い効果が望めますが、価格は割高になる傾向がありますので予算と相談してどの色のマカが使用された商品を買うか決めるとよいでしょう。

産地による違い

マカには根の色によって黒マカ、赤マカ、黄マカがありますが、ほかにもどこ産なのかによる品質の違いがあります。
本家、元祖はペルー産のマカですが、ほかには日本産のマカが代表的です。
本場のマカのほうが高い効果が見込めそうと思う人もいるでしょうが、日本産のマカのほうが栄養価が高いというデータを公開している企業などがあります。
なお、原産地のペルーで採れるものでも、高地のもののほうが栄養価が高いとされているため、商品を選ぶときのために覚えておいて損はないでしょう。

栽培方法による違い

マカの栽培のしかたによって、完成した商品の安全性に関する違いが出ます。
無難なのは有機JAS認定業者によって生産された有機JASマークが表示されている商品で、これは化学農薬や化学肥料不使用であることが農林水産省によって保証されているものです。
有害なものが使われていないということで安心感がありますが、認定を受けていなくても無農薬などの裏付けがある商品であれば、良質なものと判断して購入してもいいでしょう。

長くなりましたが、以上が購入する前の商品選びや摂取する前に押さえておくべきポイントです。
自分の予算の範囲内で良質な商品を購入し、安全に使用可能かどうかを確かめた上で正しくマカを摂取しましょう。

マカを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

マカの摂取を習慣にしようと思っている人の中には、ほかの実際に摂った人たちからの評価が気になっている人もいるでしょう。
ここではマカの良い・悪い口コミや感想を収集し、まとめた情報を提供しますので、取り入れるかどうか決断するための参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

マカを摂った人の良い口コミ、感想

わざわざ普段は摂取しないものを日常生活の中で取り入れていくわけですから、やはり気になるのは効果のほどではないでしょうか。
喜びの声をあげている人は大勢いましたが、具体的にどういう変化を体感したのかを以下にまとめています。

疲れた体を引きずる日々にさよなら

始発で出勤、終電で帰宅、ひどいときは会社に泊まることもあり、毎日疲れが取れず困っていたけれど、マカを摂り続けていたら一日中元気でいられるようになり、次の日の朝しんどいと感じることが明らかに減った。

疲れた体を引きずる日々にさよなら

始発で出勤、終電で帰宅、ひどいときは会社に泊まることもあり、毎日疲れが取れず困っていたけれど、マカを摂り続けていたら一日中元気でいられるようになり、次の日の朝しんどいと感じることが明らかに減った。

筋肉痛が楽に!トレーニングの成果もUP!

ハードな運動をしたあとの筋肉痛が取れやすくなったし、筋トレの効果も以前より出やすくなったような感じがする。

血液がサラサラに

前に血液検査を受けた際の結果が悪くショックだったけれど、マカをはじめたおかげでドロドロが解消された。

更年期で悩むほかの人にも紹介したい!

感情のコントロールが上手くいかず、体の調子もおかしくなってつらかったのが、心身ともに余裕をもって生活を送れるようになった。

しっかり休めることができて幸せ

以前は布団に入ってもすぐに休めず、せっかく眠っても途中の変な時間に目が覚めることがあったのが、朝までぐっすり休息できるようになって毎日が快適。

冷え性の症状が楽になった

夏でも足がひんやりするため眠るときまで靴下を履くほどだったのが、マカを摂り続けていたところ裸足で寝られるようになった。

デスクワークがはかどる

仕事で長時間PCを操作するため、目が疲れてまばたきをしたり目をぎゅっと瞑ったりすることが多くなっていたのが、いまは遅くまでパソコンとにらめっこしていても全然平気。

肩が軽い!

マカを半年以上使っていますが、肩こりが楽になって長年悩まされ続けていた頭痛も起こりにくくなった。

毎日どっさり!おなかすっきり!

便秘がちだったのが、マカを摂るようになってトイレにこもりきりになることがなくなり、朝の決まったタイミングで出るようになった。

生理に変化が!

生理周期が安定せず、こない月もあったのが、マカを摂るようになってサイクルが整い、痛みも薬に頼るほどではなくなった。

髪が元気に

栄養状態がよくなったのか、以前に比べて髪にハリやコシが出てきた感じがする。

念願のママデビュー

不妊治療も視野に入れていたけれど、夫婦一緒にマカを使い続けていたところ授かることができた。

性生活が充実、夫婦円満

マカのおかげで性欲がわくようになって、夜の営みが増加した結果、コミュニケーションも増えてパートナーとの関係が改善された。

ダイエットで大活躍

減量中にマカを使っていたところ、運動効率もよかったし肌荒れもしなかった。

マカを摂った人の悪い口コミ、感想

割合的には良い口コミや感想のほうが遥かに高かったものの、悪いものも中には見受けられました。

期待していた効果が得られなかった

実にさまざまな健康や美容に関する効果が期待されており、実際に恩恵を受けている人が多数いるマカですが、せっかく使ったにもかかわらず効果を実感できなかったという残念な結果に終わってしまっている人もいます。
効果には個人差があるため、効果なしのままやめざるを得ない人が出てくるのは否めませんが、使用者側に実感できない原因がある可能性も否定できません。
たとえば、マカはすぐに効くようなものではないのに使用期間が短かった、粗悪な原材料や成分が使用されている商品だった、効果が欲しいと思っている悩みの原因がマカでどうにかなるものではなかったなど、効果を得られないことにはいろいろな原因が考えられます。
同じ結果に終わりたくない人は、良質なマカが使用されている商品をしっかりと見極め、ある程度長期間にわたり継続使用することが大切です。
それでもマカの有用性が発揮されないということであれば、マカに効果を期待することはできないと判断していいでしょう。

味がまずくて続けるのを諦めてしまった

商品のタイプによって味は異なりますが、粉末タイプやドリンクタイプの使用者に悪い口コミや感想を寄せている人がいました。
美味しいといっている人も多数いますが、中にはマカの粉末独特の苦みや甘みが合わない、飲みやすくなるよう加工がほどこされているものでも駄目だったという人がいます。
マカの商品はパウダーや飲料だけでなく錠剤やカプセルタイプのものもありますので、味が合わないと感じた場合はほぼ無味無臭のサプリメントを使用するとよいでしょう。

逆効果だった

マカを使った人の中には、健康や美容への良い効果を得るどころかトラブルを招いてしまったといっている人もいます。
頭痛、不眠、生理痛増幅、月経不順、にきび、腹痛、下痢、胃部不快感、嘔吐、せき、ぜんそく、皮膚のかゆみ、発疹やじんましんといったものが起こり得る副作用や健康被害として指摘されているので、逆効果になってしまったという人がいるのはうなずけます。
考えられる原因としては。
使用者の体質的にマカとの相性が悪かった、アレルギー反応を起こした、過剰摂取をしたことなどが挙げられます。
いずれにしても何かしら不調が起こった際にはマカの使用を中止し、回復するまで様子をみるか、症状が長引くようであれば医療機関を受診することが大切です。

いかがでしたか?
悪い口コミや感想として挙がっているような問題には注意する必要はあるものの、マカは基本的に良い口コミや感想が多数を占めているため、実感への期待値は高いといっていいでしょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → マカ

関連記事

プエラリアの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、プエラリアという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 プ

記事を読む

ビタミンB6の効果・効能・特徴・含まれる食品

タンパク質の合成、再合成に欠かせないのがビタミンB6です。 タンパク質は三大栄養素の一つであり

記事を読む

ルテオリンの効果・効能・特徴・含まれる食品

日本人の食卓に古くから登場しているのが梅干しではないでしょうか。 この梅干しを漬け込む時に使わ

記事を読む

タカラのガゴメ昆布フコイダンの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

昆布やモズクなどの海藻類は体に良いことで知られていますが、その健康パワーの源となって

記事を読む

「乳酸菌革命」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

あの乳酸菌革命が新しく生まれ変わった! ちまたに出回る数多くの乳酸菌配合商品の中でも特に人気の

記事を読む

LS1・K12乳酸菌の効果・効能・特徴

乳酸菌といえば、腸内というイメージが強いと思いますが、最近では腸だけでなく口腔内衛生、つまりお口

記事を読む

フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、フコイダンの効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 フコイダンの効果

記事を読む

お風呂用充電式水素発生器スパーレの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

スパーレは自宅の何の変哲もない普通のお風呂を、みるみるうちに水素風呂へと変えてくれる、お風呂用充

記事を読む

LG21乳酸菌の効果・効能・特徴

LG21は、明治乳業から発売されているヨーグルトの製品名としても知られている乳酸菌の一つで、学名

記事を読む

ビタミンA(カロチン)の効果・効能・特徴・含まれる食品

カロチンは私たちの体内に取り入れられるとビタミンAに変化します。 カロチンとは植物などに含まれ

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑