*

しじみの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、しじみという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
しじみの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → しじみ

しじみの概要

お吸いものにしたりおみそ汁に入れたりしてなじみ深いしじみが今、健康食品として注目されています。
しかし,しじみとは一体どのようなものなのでしょうか。
基本に立ち返って調べてみましたのでご関心のあるかたはご一読ください。

しじみとは

まず,しじみとは二枚貝綱異歯亜綱シジミ科に分類される淡水域に生息する二枚貝のことです。
淡水と海水が混ざりあったところ、つまり汽水域に住んでいます。
二枚貝のなかでは小型なものなので「縮み」という呼び名が転じて「しじみ」と呼ばれるようになったといわれています。
日本に昔からいる種類としては、汽水域に住むヤマトシジミと淡水域に住むマシジミとセタシジミとの合計3種類があります。
大きさはどれも2,3cmほどです。
しかし20世紀の末以降中国や台湾など東アジアの淡水域で暮らすタイワンシジミ類が繁殖するようになり、日本の在来種の存続が危険視されるようになってきています。

しじみの生態

日本全国の淡水域に住むマシジミは雌雄が同体で、雌が卵を胎内で孵化させて雄の子どもを産みますが、くわしい繁殖様式は充分には解明されていません。
平均水温が19℃以上で繁殖するので、繁殖期はだいたい4月から10月となります。
琵琶湖の固有種であるセタシジミは、寿命が7,8年といわれています。
セタシジミは雌雄が異なるからだをもち、卵を産むことで繁殖します。
こちらも絶滅のおそれがあるとして滋賀県が捕獲対象とするしじみの大きさに制限を設けたりしています。

タイワンシジミの大量繁殖

1980年代以降、中国や韓国、ロシアなどからタイワンシジミが輸入されるようになりました。
これらは国内産のしじみに比べて安い価格で販売されます。
しかし国内産のしじみとタイワンシジミとの判別はなかなかむずかしいため、産地を偽装してタイワンシジミを高い値段で販売する業者も多く出てきています。
1990年代からはタイワンシジミが日本国内のあらゆつ場所で見られるようになり、在来種と交雑するなどのおそれが出てきています。
またタイワンシジミが住むようになった水域では在来種が減少するともいわれています。
以上のようなことがいわれており、日本産のしじみは値段が高くしだいに数も減ってきているようです。
しじみの種類や生態についてもご理解いただけましたでしょうか。

しじみの成分や栄養素と、期待できる効果

在来種がだんだんと減少しつつあるしじみですが、最近健康食品として注目されるようになってきました。
しじみはどんな成分や栄養素をもちどんな効果が期待されているのかを紹介します。

肝臓のはたらきをよくする効果

しじみにはオルニチンという物質が含まれています。
オルニチンというのはアンモニアの解毒を促進し、細胞内のミトコンドリアのはたらきを助ける作用があるため、肝臓全体の機能をよくする効果が期待できます。
またしじみにはメチオニンという物質も含まれていてこれも肝臓のはたらきを補助します。
さらにしじみには解毒作用を強くするタウリンも多く含まれ、肝臓のはたらきを活性化させるグリコーゲンも含まれています。
どの成分も肝臓を元気にするはたらきがあるので、結果的に体全身を健康にしてくれます。

精神的疲労への効果

しじみが含んでいるオルニチンを摂ると、だ液のなかでコルチゾールの分泌量を抑制してくれるという研究発表があります。
コルチゾールというのはストレスがたまったときに分泌量は増えるホルモンです。
つまりしじみに含んでいるオルニチンによってストレスを軽くし、精神的な疲労を改善させる効果もあると考えられています。

美肌効果も期待できる

これもまたオルニチンのはたらきです。
オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進するはたらきがあるため新陳代謝が活発になります。
すると肌では古い角質がはがれていき新しい肌に変わっていくので、オルニチンは美肌にも効果があるといえます。

貧血を予防する効果

しじみにはビタミンB12も含まれています。
これは赤血球の数を増やし貧血の予防に効果があります。
またしじみには鉄が含まれています。
鉄は赤血球に含まれるヘモグロビンや、筋肉に含まれるミオグロビンなどを構成しています。
これらは体のなかで酸素を運ぶはたらきをしています。
「鉄欠乏性貧血」という病気もあるくらい、鉄の不足は貧血の大敵です。
しじみに含まれるビタミンB12と鉄との相乗効果によって、貧血を予防する効果が期待できます。

以上のように、しじみに含まれる成分のうちとくにオルニチンが人の体のなかでたくさんのはたらきをします。
また鉄やビタミンB12といった成分が貧血の予防にも効果的です。

しじみの一般的な摂り方

しじみはどのように摂るのがいちばんその効果を体で実感できるのでしょうか。
最近ではサプリメントも多く発売されています。
サプリメントとして摂るのはもう広く知られていると思いますので、ここではしじみの効果的な調理法と、ユニークなしじみ食品について紹介します。

美味しく体によいしじみ

汁しじみ汁はしじみに含まれている栄養素がいちばん効率よく得られる方法だといわれています。
つくりかたに一工夫するだけでより美味しくすることができるので、その手順を紹介します。
いちばんのポイントは「砂抜き」です。
しじみの砂抜きは水の中に1パーセントの食塩を溶かした中に、貝の全体が浸からない程度に浸します。
その状態にして薄暗い場所に3時間ほど置いておくと、貝は自分が呼吸することによって体に混ざっている砂をすべて吐き出してしまいます。
次のポイントは煮込みかたです。
みそを入れてみそ汁にしてもいいですし、おすましにしても成分は違いません。
ただ、煮込む時間は約30分です。
この30分のあいだにしじみのエキスがにじみ出て、美味しくて体にもよいしじみ汁のできあがりです。
また別のポイントとして、砂抜きしたあとのしじみを冷凍保存することによって、美味しさもオルニチンの効果もあがるという情報もあります。

しじみのおつまみと乾燥しじみ

しじみだけのものとしてユニークなのは、おつまみとして発売されている商品があります。
この商品はしじみのほかにしょうがや山椒といったスパイシーな味つけをして、しょうゆで煮込んだしじみを乾燥させたものと混ぜてお酒のあてとして利用しています。
アルコールを摂ることは肝臓をはたらかせることになりますが、同時に肝機能をよくするしじみを摂ることで少しでも肝臓の負担を減らすことが期待できそうですね。
これと似たものに乾燥しじみというのも販売されています。
水で戻してしじみ汁にしたり炊き込みご飯をつくったりと、こういうものも用途は広そうですね。

以上のように、高いサプリメントを買わなくてもしじみの効果を簡単に実感する方法は意外と多くありますね。
でもやはり調理するのが面倒だと思われるかたには、サプリメントとして摂ることをお勧めします。

しじみの注意点

しじみを摂る際に注意しないといけないことはどんな点なのでしょうか。
以下にまとめてみましたのでご参考になさってください。

一部の中国産に見られる貝毒や抗生物質

しじみは育った場所の水質の影響を受けやすい生きものです。
日本の河川もすべてがきれいで安全だとはいえませんが、中国産の貝からは貝毒がよく検出されています。
貝毒は、貝が毒性をもつ微生物を食べたことで貝自身が毒性をもつことで発生します。
また貝毒は、加熱しても無毒化することができません。
中国で養殖されたしじみからクウロルテトラサイクリンという抗生物質が検出されたこともあります。
輸入されたしじみと日本の在来種とのしじみとは判別がしにくいといわれていますが、しじみを買う際には産地に気をつけたほうがよさそうです。

しじみの生食での注意点

生のしじみにはノロウイルスなどの有害な菌やウイルスが存在しています。
しじみと似た貝類で牡蠣があります。
牡蠣の場合は特定の菌やウイルスが少ない海域で養殖したものを、菌のいない海水で1日休ませることで牡蠣についた菌やウイルスを減らすという処理をしたあとで、生食用として出荷されています。
しかししじみにはこのような処理はされていません。
とはいえこれらの菌、特にノロウイルスは熱に弱いので85℃以上で1分間以上加熱してください。
またノロウイルスで食中毒にかかった人の便や、吐いたものからウイルスに感染する場合もあるので、触ったあとは手をよく石けんで洗いましょう、また生のしじみにはアイノリナーゼという酵素が含まれています。
これはビタミンB1を分解するはたらきがあるので、やはりしじみは生食には向かない貝だといえます。

C型肝炎のかたが摂るときの注意点

C型肝炎にかかっている人はほかの人に比べて、鉄分を体のなかに貯めやすくなっています。
しじみには栄養素として鉄分が含まれています。
C型肝炎のかたが鉄分を多く摂りすぎると病状が悪化し、肝硬変や肝臓がんになってしまうおそれがあるので注意してください。

以上が注意点です。
ひとつには産地に注意すること、また生では食べないこと、そしてC型肝炎にかかっているかたが摂ろうと思う場合は、お医者さまに相談してからのほうがよさそうです。

しじみのよい点、悪い点

今回はしじみについてよい点と悪い点とについて述べていきますので、興味のあるかたはぜひご覧ください。

しじみのよい点

しじみがもっていて人間の体でとくによいはたらきをしてくれる成分は、オルニチンです。
しじみにはこのオルニチンがたくさん含まれています。
オルニチンはアミノ酸の一種で、アンモニアを解毒したり肝機能を助けるなどといったはたらきをします。
肝臓のはたらきがよくなることで疲れが貯まりにくくなったり二日酔いをしなくなったりするので、元気になるというよい点があります。
またオルニチンには新陳代謝をよくする効果もあります。
この効果によっていわゆる肌のターンオーバーが規則正しく行われるようになるので、美肌効果も得られます。
そしてしじみには鉄が多く含まれています。
鉄は血液のなかで酸素を運ぶなど重要なはたらきをするため貧血の予防にもよいです。
さらにしじみはカルシウムや、ヒフや髪、爪などを再生させるビタミンB2、神経を守る作用のあるビタミンB12などを含んでいます。
今、健康食品としてしじみが注目されている点はやはりオルニチンです。
オルニチンのはたらきで肝機能を活性化させ、元気に日々の暮らしを送れるようにという効果が望まれているのです。
それ以外の成分も貧血を予防したり肌をきれいにしてくれたりするなどといった、良い働きがたくさんあります。

しじみの悪い点

しじみは育った環境によって成分が影響を受ける貝です。
ですからあまり水質がよくないといわれている中国産のもののなかには、貝毒を含んだものがあります。
産地に気をつけなければいけないという悪い点があります。
また、C型肝炎にかかっている人が摂る場合は、ふつうの人よりも鉄分を貯めやすくなっているので注意が必要です。
しじみには鉄が含まれています。
C型肝炎にかかっているかたが鉄を多く摂りすぎてしまうと、病状が悪くなり肝硬変や肝臓がんなどになってしまうおそれがあります。

しじみのよい点と悪い点とを比べると、圧倒的によい点のほうが多いです。
悪い点は産地に気をつけることと、C型肝炎にかかっているかたが摂りすぎないようにすることの2点です。

しじみを摂った人の口コミ、感想(よい点)

しじみを摂った人、とくにサプリメントを摂った人の口コミや感想を見てみました。
以下に紹介しますのでご参考になさってください。

お酒を飲む人の必需品

しじみのサプリメントを摂った人ひとりをまずは例に挙げます。
このかたはしじみのサプリメントを摂るようになってから二日酔いをすることがなくなったと口コミに書いています。
またこのかたは、お酒を飲まなかった次の日にも朝すっきりと起きられるようになったことが実感できるとも書いていました。
ほかにも「お酒を飲んだ次の日の朝が全然違う」とか「寝起きのよさが違う」とかいう口コミを書いているかたがたくさんいます。
「悪酔いしなくなった」という口コミもあります。
しじみに含まれるオルニチンのはたらきで肝機能がよくなった効果が、よくあらわれている口コミだと思います。

貧血に効果がある

この口コミを書いたかたは以前貧血で倒れたことがあるそうです。
それ以来しじみのサプリメントを摂るようになりました。
すると貧血も改善されめまいもしなくなり、疲労を感じることもなく元気に暮せていると書いていました。
これは肝機能をよくするオルニチンと、鉄分の効果とが影響した結果だと思われます。
日ごろから倦怠感に悩まされ貧血ぎみでもあるというかたにはしじみはうってつけの商品ですね。

かゆみがなくなった

この口コミを書いたかたは、以前はステロイドの軟膏を塗らなければおさまらないほど全身にかゆみが出ていたそうです。
このかたがかゆみを感じるときは、疲れやストレスが貯まっているときだったようです。
しじみのサプリメントを摂るようになってからはかゆみを感じることもなくなり、ステロイド剤を塗ることもなくなったと書いています。
しじみに含まれるオルニチンが疲れにくくすることはほかのかたの口コミでもよくわかりますが、オルニチンにはストレスを抑えるはたらきもあるので、このかたには合ったようですね。

以上のようなものがありました。
口コミを見たなかでとくに多かったのは二日酔いがなくなったということでした。
お酒をよく飲む人に魅力のあるものなのかなと感じました。

しじみを摂った人の口コミ、感想(悪い点)

しじみのサプリメントを摂った人の悪い口コミを見てみました。
以下に紹介しますので参考になさってください。

副作用とは呼べないまでも、体や筋肉が痛んだ

この口コミを書いたかたはご自身でも書いていましたが「合わなかった」ということです。
具体的には、メーカーの指示どおりに服用した夜に体のこわばりと筋肉の痛みで眠りから覚め、鎮痛剤を飲んでやっと痛みがおさまったそうです。
その日は寝る前に飲んだからいけなかったのかと思い朝飲むことにしたところ、今度は体にしびれを感じたり口のなかに渇きを感じたりしたそうです。
しじみのサプリメントはいろいろなメーカーから発売されているので、ひとつ目のメーカーのものが合わなかった場合は、また別のメーカーのもののなかからご自分に合ったものを摂ってみるようにしてください。

しみが薄くなるには時間がかかるかも

この口コミを書いたかたは、CMでしじみにしみを薄くする効果があると聞いてしじみのサプリメントを摂りはじめたそうです。
たしかにしじみに含まれるオルニチンには新陳代謝をよくする効果があり、そのはたらきで肌がきれいになることが期待できます。
ですがこのかたの書いた口コミによると、1か月服用してみてもまだしみが薄くなったとは感じられないそうです。
このかたも「もうしばらくつづけてみる」と書いていました。
肌の調子がどう変化したかは書かれてはいませんでしたが、しみを薄くするにはかなり時間がかかるかもしれませんね。

肝臓の数値が悪くなった

この口コミを書いたかたは、ご自身のためではなく旦那さまのために買われたと書いています。
旦那さまはお酒も飲まず食生活にも気を配ってるにも関わらず、健康診断ではγ-GTPの値でいつも注意されていたそうです。
そこでしじみのサプリメントを摂りはじめ、肝機能の改善を期待しました。
このかたはサプリメントを摂っているからといって決して慢心はせず、これまでどおり食生活にも気をつけていました。
どれくらいの期間摂っていたかまでは書いていませんでしたが、しじみのサプリメントを摂りはじめてからの健康診断の結果は、肝臓の数値がこれまでで最悪のものだったそうです。
このかたも「合わなかったのだろう」と書いていました。

以上のような悪い口コミがありました。
サプリメントには合う、合わないがありますし、値段が高いからといってよいものとは限らないようなので、自分に合ったものを見つけるのは難しいところがありますね。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → しじみ

関連記事

ペルオキシダーゼの効果・効能・特徴・含まれる食品

食品や補助食品などから取り入れることが多い抗酸化物質ですが、実は私たちの体内でも合成されているも

記事を読む

ビフィズス菌の効果・効能・特徴

ビフィズス菌といえば、お腹にいい善玉菌の代表選手としてよく知られているものですね。 1899年

記事を読む

サラシアの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、サラシアという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 サラ

記事を読む

便秘解消に有効な乳酸菌サプリメント徹底比較ランキング

こちらでは便秘解消に有効な乳酸菌サプリメントをご紹介しています。 便秘解消には、食事の内容も重

記事を読む

「花菜の選べる乳酸菌」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

全く新しい乳酸菌サプリ【花菜の選べる乳酸菌】とは 「乳酸菌は体に良い!お腹の調子を整えてくれる

記事を読む

ヌーススピリッツの効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

ヌーススピリッツとは、株式会社ライトスタッフのサプリメント商品です。 心のケアを応援するサプリ

記事を読む

色々な乳酸菌の薬・整腸薬の特徴

色々な乳酸菌の薬・整腸剤の特徴や効果・効能のご紹介!

アバタニン酸 「アバタニン酸」は、腸の異常を改善するために用いられる乳酸菌製剤で、乳酸菌集合体

記事を読む

養命発酵液の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

養命発酵液(乳酸酵素発酵物質健幸エキス、乳酸酵素生産物質)とは、旭製薬株式会社で取り扱われている

記事を読む

冬虫夏草の効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、冬虫夏草という健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 冬虫

記事を読む

β-カロチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

ファイトケミカルの一種 β-カロチンニンジンに含まれる色素成分をβ-カロチンと言います。 フ

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑