*

メシマコブの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ


こちらでは、メシマコブという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
メシマコブの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → メシマコブ

メシマコブの概要

メシマコブとは、担子菌菌類ヒダナシタケ目タバコウロコタケ科キコブタケ属に分類されている、多年生のきのこです。
長崎県に位置する女島(めしま)が日本での主な産地であったこと、桑の木にコブのように生えていることにちなんでメシマコブと名付けられました。
なお、学名ではフェリナス・リンテウスといいます。

メシマコブに熱視線が注がれる理由

抗がん作用に優れていることの裏付けになるデータが発表されており、薬用きのことして一目置かれる存在となっています。
1968年に国立がんセンターと東京大学が一緒に行ったきのこ類のがん細胞増殖阻止率の調査で、メシマコブは2位のカワラタケの77.5%よりはるかに高い、96.7%という驚異的な数値をたたき出しました。

別名は幻のきのこ

メシマコブの原産国としては日本が挙げられますが、このきのこが生える桑の木がある畑が激減したこと、原生林がなくなったことなどが原因となって、天然モノの収穫がほぼ不能な状況に陥っています。
また、多年生のメシマコブが十分なサイズになるまでは約10年かかるため、人工的な手段により安定して多くの量を確保することも難しいとされてきました。
天然モノのメシマコブに関しては自生する場所が失われているだけでなく、人の手によってつくり出すことも困難であったため、幻のきのこと呼ばれているのです。

商品としてのメシマコブ

日本で自然発生するものは入手困難な状態になっているメシマコブですが、現在はバイオ技術を駆使した製法が確立されており、多くのメシマコブを培養することが可能となっています。
また、日本では未認可ですが、海外ではがん治療を助ける医薬品としての利用も進んでいる状況です。
日本に関しては主に健康食品として商品が販売されており、別項で詳しくご紹介しますがお茶やサプリメントなどで摂取することが可能となっています。

どういう人が摂るのに適しているのか

メシマコブの優れた抗がん作用は、免疫力の増強によってもたらされるものです。
免疫力は風邪をはじめとするあらゆる病気のかかりやすさと関わりがあり、低いと病弱な体質になってしまいます。
よって、がんだけでなくどのような病気にも負けない体づくりをしたいと思っている、すべての人が摂るのに向いているきのこであるといえるでしょう。

いかがでしたか?
メシマコブの概要は以上となりますが、ここではほかにもメシマコブに含まれている成分や栄養素、詳しい効果効能、どういうタイプの商品で摂取できるのか、摂りはじめる前に気をつけることはあるのか、摂った人達の評判はどうかといった具合に多くの有益な情報を取り扱っています。
少しでもメシマコブに興味がわいたり魅力に感じたりした人は、これらの情報にもぜひ目を通してみてください。

メシマコブの成分や栄養と期待できる効果

きのこ類は一般にビタミンB群やビタミンD、ミネラル類、食物繊維の量が豊富でバランス良く含まれているのが特徴ですが、メシマコブの場合、ほかにどういった成分や栄養素が含まれているのでしょうか。
また、メシマコブにはどのような効果効能が望めるのでしょうか。
今回はメシマコブに含まれている成分や効果について述べていきますので、気になるという人はチェックしてみてください。

メシマコブの成分や栄養素

メシマコブは各種多糖体、ポリフェノール、たんぱく質、糖質、酵素といった有用成分の含有量に優れているのが特徴です。
また、天然モノ独特の物質ではありますが、天然のカフェ酸由来であるメシマコブノールが備わっています。

メシマコブに期待できる効果

抗がん

メシマコブを使用することにより、がん細胞の増殖が抑制されるほか、がん細胞が転移してしまうことの防止になります。
また、がんを発症した際には抗がん剤を使った治療が選択されますが、メシマコブとの併用で相乗効果が発揮されるだけでなく、抗がん剤による副作用を軽減してくれます。

抗アレルギー

過度の免疫反応が特定の物質(アレルゲン)に対し引き起こされ、各種症状があらわれるのがアレルギーです。
メシマコブを用いることで免疫機能の異常が正されて、花粉症やアトピーなどアレルギーの病状が良くなるといわれています。

膠原病予防

膠原病は免疫機能の異常が一因となって引き起こされる病気です。
メシマコブには免疫の異常を正す効果が期待されているため、この病気の予防効果が見込めます。

糖尿病予防

メシマコブには、糖タンパクの一種であるプロテオグリカンが備わっています。
この成分には自己免疫疾患に対し効果を発揮するということが研究で分かっており、Ⅰ型糖尿病や糖尿病患者に引き起こされる合併症を未然に防ぐことに有用性があると発表されています。

ウイルス性や細菌性の病気予防

免疫力が低いとウイルス性や細菌性の病気を引き起こしやすくなります。
メシマコブを使用することによって免疫増強作用がもたらされるため、風邪をはじめとする多くの病気予防に効果的という見方がされています。

いかがでしたか?
メシマコブは抗がん作用で注目を集めたきのこですが、実際には免疫と関わりのあるさまざまな病気や症状に対しパワーを発揮してくれることがご理解いただけたのではないでしょうか。

メシマコブの一般的な摂り方

韓国では医薬品として認可されており、がん治療に役立てられているメシマコブ。
日本では主に健康食品に分類されている商品が取り扱われていますが、実にさまざまなタイプのものが発売されています。
ここでは国内で入手可能なタイプ別のメシマコブ商品の特徴を解説しますので、摂り方に興味がある人はぜひご覧になってください。

粉末

メシマコブがパウダー状に加工されたタイプの商品が販売されています。
お湯に溶かすなどする摂り方が一般的ですが、苦みはないものの独特の木の風味を感じるという人が多いです。

抽出エキス

そのまま飲用できるタイプがメシマコブから抽出されたエキスです。
独特な味はありますが、液体のものは非液体のものより吸収性に優れているといわれています。

顆粒

粉末より一粒のサイズが大きいのが特徴です。
水やぬるま湯などと一緒に摂取するのが一般的ですが、個包装になっているため外出先でも摂りやすい点が魅力的です。

お茶

淹れて摂るお茶タイプのメシマコブ商品も販売されており、好評を博しています。
お茶は種類によってはカフェインが含まれていますが、メシマコブのお茶にカフェインは含まれていませんので、眠れなくなるなどの心配がありません。

メシマコブが小さい粒に凝縮されている商品もあります。
一日○粒など少量の摂取で有用成分がバッチリ補給できる手軽さがあるほか、独特の味や香りがしないため、別のタイプの商品で味やニオイが駄目だったという人にもおすすめです。

カプセル

特徴としては粒と大差ありませんが、カプセルにメシマコブが凝縮されているという点で異なるタイプの商品です。
味やニオイが駄目な人、手軽にメシマコブの成分や栄養素を摂取したいという人が摂るのに向いています。
松茸やしめじなどのように、そのままの状態で食べるようなことはメシマコブの場合せず、上記のような摂り方をするのが一般的です。
どのタイプの商品が自分に合っているか検討し、気に入った商品を見つけた際には実際に購入して相性を確かめてみると良いでしょう。

メシマコブの注意点

毒きのことまではいかないものの、メシマコブの安全性に関し不安を抱いている人もいるのではないでしょうか。
ここではメシマコブに関し気をつけるべきことはあるのか、またあるとすればどういうことが挙げられるのかを述べていきますので、心配な人は一読してみることをおすすめします。

副作用や健康被害が起こる可能性は?

主に韓国では医薬品として、日本では健康食品として取り扱われているメシマコブですが、適切な使用で深刻な副作用や健康被害が起こった例はほぼありません。
そのためあまりナーバスになる必要はないといえますが、人によってはお腹を下す、胃の不快症状が出る、吐き気がする、食欲がなくなるといった症状が引き起こされる可能性はあります。
なお、こうした症状は一時的なものであり、摂取量を減らしたり摂取自体をやめたりすれば治まる場合がほとんどです。

アレルギー反応を起こすリスクはない?

食品アレルギーを持っている人はメシマコブ商品の成分や原材料表示に注意しなくてはいけません。メシマコブ自体に反応しなくても、ほかの成分や原材料でアレルギーが起こる心配があります。
皮膚のかゆみ、湿疹やじんましん、胃部不快感といった症状が引き起こされた場合には、摂取を中止して医療機関を受診しましょう。

薬との相互作用は大丈夫なの?

日本で取り扱われているメシマコブ商品は食品のため、とくに医薬品との飲み合わせを気にする必要はありません。
ただ、どの薬でも絶対に相互作用がないとは断言できませんので、医薬品を使用中の人でメシマコブ商品を併用したい人は、かかりつけの医師に使用の可否を判断してもらうと良いでしょう。

偽物には気をつけて!

メシマコブとして販売されているにも関わらず、実際にはメシマコブに似たような別のきのこが使われているものもあるといわれています。
商品購入時にはDNA鑑定が行われており、本物のメシマコブが使用されているものかどうかを確かめましょう。

メシマコブでがんが悪化?

抗がん作用に注目が集まるメシマコブですが、がん細胞の増殖や転移を防ぐ効果は研究による発表などがあるものの、がんの縮小効果までは実証されていません。
また、がんと一口にいってもさまざまな部位に起こり得るものですが、がんの種別によっては病状を悪くすることにもなりかねないのがメシマコブの厄介なところです。
発症前の健康管理のためにメシマコブを摂る分にはいいですが、既に発症している人は医師と相談の上、メシマコブを取り入れるかどうかを判断することが大切といえるでしょう。

なお、メシマコブの摂取量に関してですが、日本国内でとくに上限が定められているというわけではないのですが、摂るほどに高い効果が見込めるわけではありません。
商品ごとに食品としての目安摂取量が設定されていますので、それを守っておけば過剰摂取になる心配はありませんし、深刻なトラブルを起こす心配もまずないといえるでしょう。

メシマコブを摂った人の口コミ、感想(良い点・悪い点)

ここを見ている人は、メシマコブの評判の良し悪しが気になっているのではないでしょうか。
興味はあるけれど、実際に使った人の意見を見た上で商品を買うかどうか決めたいという気持ちは分かります。
ここではそのような人のため、メシマコブに関する良い意見や悪い意見に関する情報をまとめていますので、参考にしていただけると幸いです。

メシマコブを摂った人の良い口コミ、感想

実際にメシマコブを摂った人の意見をリサーチした結果、好意的なものが多数みつかりました。
主なものを以下に掲載しますので、自分自身がメシマコブに求めていることを実感した人がいるかどうかチェックしてみてください。

●がん家系なので注意しなければいけないと思い、抗がんにいいといわれているメシマコブを取り入れました。もう2年以上になりますが、いまのところ毎日健康です。

●私自身の話ではありませんが、同期の同僚ががんになりました。メシマコブを使っているといっていましたが、治療は成功し見事に職場復帰を果たしましたし、再発もしていません。

●メシマコブのサプリメントを愛飲して1年以上になります。摂りはじめる前に比べると体調を崩しにくくなったと思います。実際、昨年は一度も風邪をひきませんでしたし、インフルエンザにもかかりませんでした。

●毎年、春になると花粉症になっていたのが、今回は大丈夫だった。メシマコブはがん予防目的で使いはじめたが、これはこれで嬉しい変化だと思う。

●アトピーの症状が前より楽になりました。これまで何をしても駄目だったのですが、メシマコブを摂取するようになったのが良かったということでしょうか。

●自己免疫疾患の対策として3年以上、お茶ですがメシマコブを習慣にしています。カフェインがないので夜遅くでも飲めて気に入っています。

●5年前、がんを患いました。二度と経験したくないのでメシマコブのお世話になっています。安心感がありますし、何より再発していない。自分にとってはこれだけで十分です。

●メシマコブのサプリを使って1年以上になりますが、肌荒れを起こすことが少なくなり、鏡の前に立った自分のどんより感も薄れた感じがします。あと、髪の質感もつややかになって、見た目年齢が下がった気もしています。

●免疫力アップになりそうなものを探し、最終的にメシマコブに辿り着きました。大きな病気もしていませんし、今後も公私共に充実した毎日を送っていきたいと思います。

メシマコブを摂った人の悪い口コミ、感想

上記のように、メシマコブを使った人の中には喜びの声をあげている人が多数いますが、中には悪い意見をいっている人もいます。
どういうものがあったのか以下にまとめていますので、気になる人はご覧ください。

効果が出ているかどうかが分からない

がんの予防目的で摂ってはいるものの、メシマコブのおかげで罹患していないのかどうかが不明で、お金をかけてまで続ける意味があるのかといっている人がいました。
安心感より不信感のほうが大きい場合は、一度メシマコブ商品の使用をやめてみるのもいいと思います。
また、がんのような深刻な病気ではなく、メシマコブには免疫増強作用が期待されていますので、以前に比べて風邪をひきにくくなったなど、些細な変化が起こっていないか振り返ってみると、メシマコブの効果の有無がある程度は判断できるのではないでしょうか。

まったく変化がない

メシマコブに期待していたような効果を何も実感できなかったという口コミや感想を寄せている人がいます。
効果には個人差があるため、一切効果がなく終わる人がいるのは仕方がないといえるかもしれません。
ただ、粗悪品であったり偽物であったりする可能性もありますので、ひとつの商品で判断するのではなく何か別の商品でもう一度検証してみる価値はあるでしょう。
また、一日にして劇的に体調に良い変化が出るようなものでもないため、使用期間が短い人は長い目で見るということも必要になるかもしれません。

価格が高い

メシマコブ商品は高いものだと数万円します。
これが大きな費用負担となり、続けられなくなったといっている人がいました。
メシマコブ商品は高額な商品ばかりではないため、予算に合った長く続けられるものを選ぶようにしましょう。
ただ、安くても品質が悪いものでは使用する意味がありませんので、コストパフォーマンスのいいものを購入し、リピートしていくことが大切です。

味がまずい

メシマコブは甘辛いとか、木の味がするとか、独特の味や香りがあるのが特徴です。
これが好みに合わず、続けることが難しくなったという口コミや感想を寄せている人がいました。
味覚は人によって異なりますので、味やニオイが苦手なものを無理に摂り続けるようなことはしなくていいでしょう。
ただ、メシマコブの効果を期待している人だとやめる際に後ろ髪をひかれるような感じになるでしょうが、味やニオイのないものに切り替えれば問題は解決します。
サプリメントタイプのものは味やニオイがなく、メシマコブの成分や栄養素が摂れますので、味やニオイが合わなかったという人は乗換えを検討してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
ちなみにですが、良い意見と悪い意見の両方を挙げましたが、パーセンテージとしては好意的な意見のほうがはるかに多かったです。
悪い意見に関しては同じ失敗をしないための対策を説明させていただきましたので、悪い口コミや感想を寄せる側ではなく、良い口コミや感想を寄せる側になるための一助としていただけると幸いです。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → メシマコブ

関連記事

潤睡ハーブの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

潤睡ハーブとは、from COCORO(フロムココロ)から発売された、ぐっすりをサポートしてくれ

記事を読む

ケンフェロールの効果・効能・特徴・含まれる食品

大根に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノイドに属するのが「ケンフェロール」という成分です

記事を読む

乳酸菌FK23の効果・効能・特徴

乳酸菌FK23は、ニチニチ製薬が研究開発を進め特許を取得している乳酸菌の一種で、スーパー乳酸菌と

記事を読む

イソフラボンの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、イソフラボンという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

サラシアの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、サラシアという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 サラ

記事を読む

乳酸菌LB81の効果・効能・特徴

乳酸菌LB81は、明治乳業のロングセラー商品、ブルガリアヨーグルトに含まれている乳酸菌です。

記事を読む

潤性蘇菌の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

乳酸菌サプリメント潤性蘇菌(じゅんせいそきん)とは、株式会社ヤマノで取り扱われている顆粒粉末タイ

記事を読む

「ケイパワー」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

シリカの基本情報 シリカスティックゼリーケイパワーといわれても、なんだかピンとこないという人は

記事を読む

L-55乳酸菌の効果・効能・特徴

L-55乳酸菌は、オハヨー乳業が2000年に発見した乳酸菌です。科学の世界では常に新しい発見があ

記事を読む

β-カロチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

ファイトケミカルの一種 β-カロチンニンジンに含まれる色素成分をβ-カロチンと言います。 フ

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑