*

魚には水銀が含まれている?

公開日: : 最終更新日:2016/09/09 DHA・EPA


魚はEPAやDHAをはじめとして、わたしたちの健康に必要な栄養素をたくさん含む食材です。
しかし、体に悪影響を及ぼす水銀が含まれるため、気をつけなければいけない場合があります。

魚はバランスよく食べていればほとんど問題ありませんが、特定の魚を偏って食べていると有害な水銀を過剰摂取してしまう可能性があります。
カジキやマグロなどのマグロ類、クジラやイルカなどのクジラ類、深海魚類、サメ類などは、メチル水銀濃度が高いことがわかっています。
これらの魚を食べる場合は、1週間に100~200gほどに抑える必要があります。
目安としては、これらの魚を主菜とした料理を1週間に2度以内に抑えます。
魚の大きさによってメチル水銀の含有量はちがうので、注意が必要です。

サバやイワシ、サンマなどの魚はメチル水銀濃度が低いため、控えなくても問題ありません。
魚を食べる場合は、ほかの食材とのバランスも考え、偏らないように注意しましょう。

メチル水銀は特に退治の中枢神経の発達によくない影響を与えると考えられています。
メチル水銀は胎盤を介して胎児にうつりやすく、胎児は水銀への感受性が高いことがわかっています。
そのため、妊娠中の女性や幼児、近く妊娠予定がある人は、メチル水銀濃度の高い魚を食べ過ぎないようにしたほうがいいでしょう。
これらの魚は1週間に50~100gほどに抑える必要があります。
クジラ肉類のなかでイルカの肉は特にメチル水銀の濃度が高いため、控えるようにしましょう。
イルカの肉はクジラやミンククジラなどと間違った表示で売られていることもあるので、気をつける必要があります。

また、メチル水銀は体のなかにとどまりやすいという性質をもちますが、永久的に体から排出されないというわけではありません。
肝臓から胆汁とともに排泄されるなど、尿と一緒にわずかずつ排出されます。
一般的な食生活であればそれほどメチル水銀が蓄積されることはないので、過度に心配しなくてもいいでしょう。

関連記事

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットの効果・効能・口コミは?

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットとは、小林製薬株式会社より発売されたソフトカプセルタイプの

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑