*

実は、DHA・EPAの摂取不足な日本人

公開日: : 最終更新日:2016/09/28 DHA・EPA


日本では古くから魚を食べる習慣がありましたが、最近は魚をほとんど食べないという人が増えています。
国民ひとりあたりの1日の魚介類と肉類の摂取量を見ると、魚介類は少しずつ消費量が減っており、肉類はほとんど横ばいに推移しています。
平成18年にははじめて、肉類の摂取量が魚介類を上回ったことが確認されています。
特に若い世代は魚よりも肉を好む傾向にあり、魚不足が懸念されています。

その理由としては、食文化の欧米化が進むにつれて日本人の嗜好が変化したことが挙げられます。
ほかにも、流通の発達や調理が便利になったこと、外食する機会が増えたことなども影響していると言われています。
特にファストフードやコンビニが昔と比べて多くなったことで手軽さが増し、外食する人は多くいます。
家庭の食料支出額がどの程度変化していたかを確認すると、調理食品や外食の割合が少しずつ増えていること、一方で家庭での調理が減少していることがはっきりとわかります。
また、調理食品が多く登場したことで、特に若い人が調理が大変な魚から遠ざかってしまったということも理由に含まれるでしょう。

特に下ごしらえに手間がかかる青魚は、摂取量が少なくなっていると言われています。
以前はサバやイカ、アジなどが食卓に並ぶことが多かったですが、最近では鮭やマグロなどのほうが選ばれることが多いようです。
魚を購入する際は切り身や干物、刺身などが選ばれ、一尾で販売されているサバやアジなどは敬遠されがちというのが理由として挙げられます。

こういったさまざまな変化によって、日本人がDHAやEPAの摂取量は昔と比べて少なくなったと考えられます。
日本では生活習慣病を発症する人が増えていますが、それも一因だと推測できます。
DHAやEPAは加齢黄斑変性症や脳梗塞、冠動脈疾患を予防する働きをもつこともわかっており、厚生労働省でも摂取をすすめています。
病気の予防のためにも、魚を積極的に摂るようにすることが大切です。

関連記事

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットの効果・効能・口コミは?

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットとは、小林製薬株式会社より発売されたソフトカプセルタイプの

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑