*

DHA・EPAサプリを摂ったからといって知能が高くなる確証は無いらしい?

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 DHA・EPA


一時期、DHAの摂取をつづけると、知能が高くなるという話が出回りましたが、これは本当のことなのでしょうか。
もともと、この話が広まったのはイギリスのマイケル・クロフォード博士の発表がきっかけでした。
博士の説は、日本人の子どもの知能指数が高いのは、日本人が多くの魚を食べる習慣があるから、日本人の母乳には欧米人よりも多くのDHAが豊富に含まれているというものでした。

つまり、この説は日本人の知能が高いという前提での説だったわけです。
実際に知能を高める働きがDHAにあるのかということですが、これに関しては確たる根拠はありません。
とはいえ、DHAと脳の働きはまったく関係がないというわけではないことはわかっています。
情報は脳の内部で神経細胞から神経細胞へと伝達されていきます。
DHAはこの神経細胞間の伝達をスムーズする働きがあることがわかっています。
また、実際に行われた動物実験ではDHAを与えたラットの記憶力や学習能力が上がったというデータもあります。

ただし、DHAに関して言えば、確実に言えるのは不足すると脳の活動が低下するということです。
そして、DHAを補給することで、元の状態にまで回復するということもわかっています。
つまり、人の知能レベルというのは生まれたときにある程度決まっていて、DHAをあとから服用しても知能レベルそのものが上がるわけではないということです。

実際にロンドンで行われた実験ではEPAとDHAを投与したグループと、投与していないグループで認識機能を調査したところ、ちがいはなかったという結果が得られています。
ただし、この実験に関しては短期的な認識機能を調べたものなので、長期間にわたって摂取した場合にどういった変化がみられるかというのはまだはっきりわかっていません。
確かなことは言えませんが、体に必要な栄養素であることは間違いないため、長期的に摂取することは大切だと言えるでしょう。

関連記事

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑