*

DHA・EPAサプリを摂ったからといって知能が高くなる確証は無いらしい?

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 DHA・EPA


一時期、DHAの摂取をつづけると、知能が高くなるという話が出回りましたが、これは本当のことなのでしょうか。
もともと、この話が広まったのはイギリスのマイケル・クロフォード博士の発表がきっかけでした。
博士の説は、日本人の子どもの知能指数が高いのは、日本人が多くの魚を食べる習慣があるから、日本人の母乳には欧米人よりも多くのDHAが豊富に含まれているというものでした。

つまり、この説は日本人の知能が高いという前提での説だったわけです。
実際に知能を高める働きがDHAにあるのかということですが、これに関しては確たる根拠はありません。
とはいえ、DHAと脳の働きはまったく関係がないというわけではないことはわかっています。
情報は脳の内部で神経細胞から神経細胞へと伝達されていきます。
DHAはこの神経細胞間の伝達をスムーズする働きがあることがわかっています。
また、実際に行われた動物実験ではDHAを与えたラットの記憶力や学習能力が上がったというデータもあります。

ただし、DHAに関して言えば、確実に言えるのは不足すると脳の活動が低下するということです。
そして、DHAを補給することで、元の状態にまで回復するということもわかっています。
つまり、人の知能レベルというのは生まれたときにある程度決まっていて、DHAをあとから服用しても知能レベルそのものが上がるわけではないということです。

実際にロンドンで行われた実験ではEPAとDHAを投与したグループと、投与していないグループで認識機能を調査したところ、ちがいはなかったという結果が得られています。
ただし、この実験に関しては短期的な認識機能を調べたものなので、長期間にわたって摂取した場合にどういった変化がみられるかというのはまだはっきりわかっていません。
確かなことは言えませんが、体に必要な栄養素であることは間違いないため、長期的に摂取することは大切だと言えるでしょう。

関連記事

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

脂肪酸の種類と特徴とは?脂肪の有益な働きと注意点!

脂肪には色々な種類があり、その有効性や問題点などそれぞれに違いが有ります。 脂肪や肥満やメタボ

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑