*

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

公開日: : 最終更新日:2016/08/03 DHA・EPA


DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いでしょう。
人によっては魚がどうしても苦手で、食べられないという人もいるかもしれません。
そういった場合に役立つのが、DHAやEPAが配合されたサプリメントです。
最近はさまざまなメーカーから、DHAやEPAのサプリメントが販売されています。
そこで気になるのが、魚を食べるのとサプリメントを利用する場合で同じ効果が得られるのかどうかということです。

DHAとEPAの摂取については、魚から取り入れる場合も、サプリメントを利用する場合も効果は同等だと言われています。
とはいえ、魚をまったく食べずに、サプリメントだけで栄養素を摂ろうとするのはよくありません。
魚にはDHAやEPA以外にも、カルシウムやたんぱく質などのさまざまな栄養素が含まれています。
サプリメントではこういった栄養素を摂取できないため、魚を完全に排除するのは健康上よくありません。
これはDHAやEPAのサプリメントに限ったことではなく、すべての栄養素に言えることです。
サプリメントはあくまでも補助的な役割だということを理解し、普段の食事のなかで栄養バランスを整えていくことが大切です。

DHAやEPAが配合されたサプリメントは多種多様で、価格帯も1ヶ月に500円ほどのものもあれば、1万円以上するものもあります。
どれを選べばいいのかわからない場合は、目的に応じて1日の摂取量を考え、それに合ったものを選ぶといいでしょう。
サプリメントを飲む目的が健康維持であれば1日400mg程度、生活習慣病を予防したいのなら1000mgほどが摂取量の目安となります。
摂取量は当然ながらメーカーによってちがいますが、安価なものは1日の摂取目安が100mg程度と設定されていることも多いので、注意が必要です。
価格だけでなく、摂取量にも注目して自分に合ったものを選択することが大切です。

関連記事

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

実は、DHA・EPAの摂取不足な日本人

日本では古くから魚を食べる習慣がありましたが、最近は魚をほとんど食べないという人が増えています。

記事を読む

魚には水銀が含まれている?

魚はEPAやDHAをはじめとして、わたしたちの健康に必要な栄養素をたくさん含む食材です。 しか

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

脂肪酸の種類と特徴とは?脂肪の有益な働きと注意点!

脂肪には色々な種類があり、その有効性や問題点などそれぞれに違いが有ります。 脂肪や肥満やメタボ

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

no image
膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(

乳幼児痔瘻を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳幼児痔瘻とは お尻の穴である肛門(こうもん)の周囲に膿がたまる病気のことを、肛門周

no image
膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器で

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

→もっと見る

PAGE TOP ↑