*

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

公開日: : DHA・EPA


魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。
せっかく魚を食べるのなら、効率よく栄養素を摂取したいものです。

もっとも効率よくEPAやDHAを摂取するのなら、お刺身やお寿司がおすすめです。
有効成分が崩れることなく、無駄なく摂取することができます。
DHAの場合、1日に1~1.5g摂取するといいと言われているため、マグロの場合は4~5きれ、ブリの場合は6~7きれほどが適量です。

EPAやDHAは魚の脂身にたくさん含まれています。
煮魚にすると脂肪分が煮汁に溶け出してしまうため、魚だけ食べて煮汁を残すとEPAやDHAはあまり摂取できません。
焼き魚の場合は、脂が出ないように調理することが大切です。
照り焼きやムニエル、ソテーなどの調理法は脂が出にくいので、おすすめです。
焼きサンマの場合は半分ほど、小さなイワシを焼く場合は2尾くらいで1日に必要なEPAとDHAを摂取することができます。

避けたほうがいい調理法が、揚げ物です。
DHAは揚げ油にほとんど流れ出てしまうため、身を食べても成分をしっかり摂取することができません。
もちろん、揚げ油を食べることはできないので、魚の身だけでは不十分なのです。
揚げ物にするのなら、少し多めに魚を食べるようにするか、サプリメントなどで足りない分を補給したほうがいいでしょう。
小さな魚であれば丸ごと揚げることで、魚に含まれる栄養素を無駄なく摂取することができます。

魚の缶詰で摂取するという方法もあります。
サバの水煮缶の場合は4分の1程度、イワシの味付け缶の場合は半分ほどで1日の摂取量をとることができます。
缶詰は煮汁に成分が溶け出していることが多いので、できれば身だけでなく煮汁も一緒に飲むようにしましょう。

また、魚を食べる場合は、新鮮なものにこだわって、旬のものを選ぶようにすることが大切です。
旬の魚はしっかり脂がのっているため、EPAやDHAをたっぷり含みます。

関連記事

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

脂肪酸の種類と特徴とは?脂肪の有益な働きと注意点!

脂肪には色々な種類があり、その有効性や問題点などそれぞれに違いが有ります。 脂肪や肥満やメタボ

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑