*

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

公開日: : 最終更新日:2016/07/23 DHA・EPA


脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。
人間が体内で合成することができず、食事から摂取しなければいけないのが必須脂肪酸です。
必須脂肪酸の代表格とも言えるのがオメガ3系とオメガ6系などの脂肪酸です。
オメガ3系の脂肪酸にはEPAやDHAα-リノレン酸などがあり、オメガ6の脂肪酸にはリノール酸、アラキドン酸などの種類があります。

オメガ6脂肪酸は植物油や動物の脂に多く含まれているため、洋食を食べる機会の多い現代人は意識しなくても多く摂取しています。
一方、魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸は、魚の摂取量の減少とともに取り入れにくくなっています。
そのため、オメガ6脂肪酸の摂取量が極端に多く、オメガ3脂肪酸の摂取量が少ないといった、バランスが崩れた状態に現代人は陥りやすくなっているのです。

脂肪酸は人間が生きていくうえで欠かせない大切なもので、両者をバランスよく摂取することが重要となります。
オメガ6脂肪酸から生成される生理活性物質は免疫反応を過激化して、心血管系の病気のリスクを高めて動脈壁にプラークを生成して血栓が生まれる原因となります。
オメガ3脂肪酸はEPAをつくり出し、炎症抑制系の生理活性物質の生成を助けます。

オメガ6脂肪酸は菓子類や菓子類やファストフードなどの食品に多く含まれます。
普段からこういった食品を食べる機会が多い人は見直して、控えめにするといいでしょう。
オメガ3脂肪酸は生の青魚やクルミなどのナッツ類、海藻などに含まれるので、普段の食事に取り入れてみることをおすすめします。
脂質のバランスを改善しただけで花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状がやわらぐこともあるので、アレルギーに悩んでいる人は脂質のバランスを見直してみるといいでしょう。
オメガ3系脂肪酸は熱に弱いため、できるだけ加熱せずに食べることも大切なポイントです。
バランスを見直すとともに、食べ方も工夫してみましょう。

関連記事

DHA・EPAサプリ、乳児の脳の発達には有効な報告も有る

DHAは摂取しても知能が高くなるという確証があるわけではありません。 しかし、授乳中の女性がD

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットの効果・効能・口コミは?

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットとは、小林製薬株式会社より発売されたソフトカプセルタイプの

記事を読む

実は、DHA・EPAの摂取不足な日本人

日本では古くから魚を食べる習慣がありましたが、最近は魚をほとんど食べないという人が増えています。

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

→もっと見る

PAGE TOP ↑