*

カルノシンの効果・効能・特徴・含まれる食品

公開日: : 健康食品・サプリ, 抗酸化物質


活性酸素には主要な4種類が存在するのですが、「カルノシン」にはその中の水酸化ラジカル、塩素系ラジカル、窒素系ラジカルを除去する能力があります。
特に塩素系ラジカルはフラボノイドやビタミンCで除去されにくいため、バランスの良い抗酸化作用が期待され、酸化ストレス低減に役立つ可能性があると期待されています。
また、「カルノシン」には「AGEs」という物質が含まれています。
これは、糖がたんぱく質と反応して変異し生成された物質のことです。
この生成を妨害して、速やかに分解・排泄される作用があるため、活性酸素を抑える働きが注目されています。
これは「カルノシン」がたんぱく質に効率良く結合してたんぱく質がAGEs化するのを防ぐという構造から働いています。
「カルノシン」は鶏肉、豚肉、牛肉などの肉類で、その肉類に含まれるβ-アラニンとヒスチジンというアミノ酸が結合してできたペプチドが「カルノシン」の正体です。
これは旨みやコクのもとになる成分です。
この成分の発見は、上記にもあるように1900年に肉エキスから発見されたもので、大変古い歴史を持つ動物由来の成分です。
また、乳酸の生成を抑制する働きがあるので疲労回復に効果があるとされていて、糖尿病や高血圧、がんなどの生活習慣病の予防の効果も期待されます。
「カルノシン」に関して過剰摂取による毒性は胃腸の不快感程度ですが、サプリなどで異常に摂取しないかぎりは起こりにくいとされていますので、安心して摂取してくださいね。

関連記事

食物繊維の特徴・効果・効能などのまとめ

食物繊維は、昔は栄養素というふうには認識されていなかったのですが、最近では、炭水化物、たんぱく質

記事を読む

ルチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

美白のビタミン、風邪予防のビタミンと言われるのがビタミンCですね。 果物や野菜などから取り入れ

記事を読む

大豆サポニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

女性に必要な成分として注目を浴びているのが大豆に含まれるイソフラボンと言われる成分です。 イソ

記事を読む

EF乳酸菌の効果・効能・特徴

EF乳酸菌とは、正式名称を「エンテ・コッカス・フェカリス菌」といい、1906年イギリス人のF・ア

記事を読む

善玉元気の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

善玉元気(ぜんだまげんき)とは、フローラ健康科学研究所により発売されたスティック・ゼリータイプの

記事を読む

しょうがでキュッとの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

多くの女子が抱えている「だるだる」「ギチギチ」「パンパン」の悩み。 頑張ってもなかなか解消でき

記事を読む

色々な乳酸菌の薬・整腸薬の特徴

色々な乳酸菌の薬・整腸剤の特徴や効果・効能のご紹介!

アバタニン酸 「アバタニン酸」は、腸の異常を改善するために用いられる乳酸菌製剤で、乳酸菌集合体

記事を読む

ヒドロキシチロソールの効果・効能・特徴・含まれる食品

日本でもポピュラーのなったオイルがオリーブオイルですね。 オイルなのにさっぱりとした後味は、イ

記事を読む

メラノイジンの効果・効能・特徴・含まれる食品

人体を生成する上で必要不可欠な成分であるアミノ酸と体内に取り込まれた糖質が結合して出来るのがメラ

記事を読む

ケンフェロールの効果・効能・特徴・含まれる食品

大根に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノイドに属するのが「ケンフェロール」という成分です

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑