*

アリシンの効果・効能・特徴・含まれる食品

公開日: : 健康食品・サプリ, 抗酸化物質


「アリシン」とはニンニク・ネギ・タマネギなどのユリ科ネギ属の植物でできるもので、強烈なニオイや涙の元となっている物質です。
自生している状態では発生しませんが、調理の際に刻んだり傷つけることで、アリインが酵素アリナーゼと反応してつくられる硫黄化合物が、「アリシン」です。
さて、その効果ですが、ガンを防ぐ(発ガン抑制)強力な抗酸化物質であることが知られています。
また、「アリシン」は食用油などに溶けると、アホエンという、これもまたイオウ化合物がですが、このアホエンには抗ガン作用の他に、血栓を予防・改善する作用が報告されており、いずれも強い抗酸化物質といえます。
その他、風邪や気管支炎の原因になる連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌・抗菌力があり、胃潰瘍を引き起こすピロリ菌やO-157菌という協力な菌にも有効と言われています。
ところで、栄養素としても必要なビタミンB1は水溶性で熱に弱い性質です。
基本的に、調理における損失が多く、食品中に含まれる総量のうち半分から1/3は失われるといいます。
そこで、この「アリシン」を含むタマネギやニンニクといっしょに調理すると、ビタミンB1と結合しアリチアミンとなり、損失がすくなくなり吸収されやすくなります。
ビタミンB1は糖をエネルギーに変換するのに不可欠な栄養素で、B1が不足するとエネルギーへの変換が不完全になり、乳酸が増えます。
しかし、ビタミンB1は必要量以上は吸収されませんので、「アリシン」があると、小腸で(アリシン+ビタミンB1)どんどん吸収され、肝臓に貯えられます。
貯えられたビタミンB1が糖をエネルギーに変えていくのでスタミナが出るのだと言われています。
こうした副産物的な効果もあり、非常に優秀な物質といえますね。

関連記事

コッカス菌の効果・効能・特徴

一言で乳酸菌といっても、その種類は様々。 それらを大別すると、ヨーグルトや漬け物などの発酵

記事を読む

ビタミンEの効果・効能・特徴・含まれる食品

若返りの栄養素として注目を集めているのがビタミンEです。 トコフェロールとも呼ばれ、強力な抗酸

記事を読む

メリロートの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、メリロートという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 メ

記事を読む

「栃の実茶」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

栃の実茶とは 栃の実茶とは、創業60余年の寿製菓株式会社が大学や公的機関と共同研究をし、10年

記事を読む

フィチン酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

これまでフィチン酸という成分は私たちの体内でミネラルの吸収を妨げるなどマイナス面が多いとされる成

記事を読む

ビフィズス菌の効果・効能・特徴

ビフィズス菌といえば、お腹にいい善玉菌の代表選手としてよく知られているものですね。 1899年

記事を読む

クロレラの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、クロレラという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 クロ

記事を読む

便秘解消に有効な乳酸菌サプリメント徹底比較ランキング

こちらでは便秘解消に有効な乳酸菌サプリメントをご紹介しています。 便秘解消には、食事の内容も重

記事を読む

メシマコブの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、メシマコブという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 メ

記事を読む

フラバンジェノール (OPC)の効果・効能・特徴・含まれる食品

不規則な生活習慣やバランスの悪い食事、喫煙やストレス、不眠などによって発生する活性酸素を体内で抑

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑