*

食道裂孔ヘルニアの原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

食道裂孔ヘルニア
食道裂孔(れっこう)ヘルニアとは、食道が通る穴の食道裂孔から胃の一部が胸腔(きょうくう)へと脱出した状態のことをいいます。
一口に食道裂孔といっても複数の種類があり、胃の一部が脱出しているもの、噴門部が脱出しているもの、これらが組み合わされているものが挙げられます。
脱出具合に関してはひどいケースだと胃の半分以上や全体が脱出します。

食道裂孔ヘルニアの原因

食道裂孔ヘルニアには、先天性のものと後天性のものがあります。
先天性のものに関しては、食道裂孔がはじめからゆるく、食道裂孔ヘルニアを引き起こしやすい状態になっているのが原因です。
後天性のものに関しては、肥満症の人、慢性気管支炎や喘息のある人などに起こりやすいのが特徴です。
また、年齢の高まりに伴い食道裂孔にゆるみが生じた場合、これが原因で発症することもあるでしょう。
それから、高齢になると亀背といって背中が曲がった状態になる人がいますが、これも食道裂孔ヘルニアの原因になります。

食道裂孔ヘルニアの症状

食道裂孔ヘルニアが引き起こされているだけでは、特にこれといった自覚症状が起こらないケースもあります。
自覚症状がある場合には、胸のつかえ感、胸の痛み、胸やけの症状が引き起こされます。
なお、眠っているときやかがんだ姿勢になっているとき、食事を摂ったあと、脂っこい食事、コーヒー、ココア、チョコレートを摂ったときに症状が強くなるといわれています。

食道裂孔ヘルニアの検査と診断

バリウムX線造影検査や内視鏡検査を行うことにより、食道裂孔ヘルニアの診断を行います。
また、場合によっては食道内圧測定を行うことにより、この病気になっているかどうか調べるケースもあるでしょう。

食道裂孔ヘルニアの治療の方法

軽症の場合は治療の必要はありませんが、そうでなかったり逆流性食道炎を合併している場合には治療を行わなくてはいけません。
逆流性食道炎がある場合はH2受容体拮抗(きっこう)薬やプロトンポンプ阻害薬を服用する薬物療法が行われますし、食道裂孔ヘルニアの程度によっては外科的手術が選択されることもあります。

関連記事

胃MALTリンパ腫の原因・症状・治療

胃MALT(マルト=粘膜・リンパ球の複合組織)リンパ腫とは、胃の粘膜に生じる腫瘍のことをいいます

記事を読む

食道神経症の原因・症状・治療

食道神経症とは、食道にこれといったおかしな点が見当たらないのに、食道に関する症状などを訴え、疾患

記事を読む

減酸症/無酸症の原因・症状・治療

減酸症、無酸症とは、いずれも胃粘膜の塩酸の分泌が減少する胃の病気のことをいいます。 胃粘膜の塩

記事を読む

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。 はじめのうちは胃の粘膜の表面がた

記事を読む

胃けいれんの原因・症状・治療

胃けいれんとは、胃の胃壁と呼ばれる部分に存在する筋層が過度に緊張することで発生する、上腹部の痛み

記事を読む

胃神経症(神経性胃炎)の原因・症状・治療

胃の精密検査をいくらおこなっても、がんや潰瘍はもちろん、患者の訴えに相当するような病気がないのに

記事を読む

胃のトラブルの原因となる要因のまとめ

こちらでは、胃のトラブルの原因となる様々な要因をご紹介しています。 要因なるものは一つとは限り

記事を読む

マロリー・ワイス症候群の原因・症状・治療

マロリー・ワイス症候群とは、胃や食道の内圧が高まることで食道粘膜が裂け、出血する疾患のことをいい

記事を読む

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のことをいいます

記事を読む

胃粘膜下腫瘍の原因・症状・治療

胃粘膜下腫瘍 どんな病気(概要) 胃粘膜下腫瘍とは何か説明する前に、胃壁について少しお話したい

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑