*

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

たんぱく漏出性胃腸症
たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化管内へと異常に漏出することで引き起こされる病気の総称です。
低たんぱく血症(低アルブミン血症)を伴っていることが主な特徴として挙げられます。
たんぱく漏出性胃腸症のうち、主なものとしてはメネトリエ病や腸リンパ管拡張症があります。

たんぱく漏出性胃腸症の原因

たんぱく漏出性胃腸症の原因としては、リンパ系の異常、消化管粘膜上皮の異常、毛細血管透過性の亢進を挙げることができます。
たんぱく質の異常な漏出はこれらのいずれかにより引き起こされたり、組み合わされて引き起こされたりするのです。
そのほか、炎症性腸疾患、アレルギー性胃腸症、腫瘍、腸管感染症、リウマチ、心臓病などのように、病気が原因でたんぱく漏出性胃腸症が起こることもあります。
なお、原因は必ずしもはっきりしているものばかりではなく、わからないものもあります。

たんぱく漏出性胃腸症の症状

この病気は低たんぱく血症が見られるため、これが原因が引き起こされるむくみが主な症状となります。
ひどいむくみの場合には胸水や腹水の症状が引き起こされることもあります。
病気が引き起こされている原因がリンパ系の異常だと、白濁したリンパ液のことを意味する乳び性の胸水や腹水が症状として起こります。
消化管粘膜上皮の異常により引き起こされている場合には、腹痛、下痢、腹部膨満感などの症状があらわれます。

たんぱく漏出性胃腸症の検査と診断

たんぱく漏出性胃腸症であるかどうか判断するためには、血液検査がまずは行われます。
これにより低たんぱく血症などが認められます。
それから、たんぱくが漏れ出しているのを明確にするために、シンチグラフィという検査が行われます。
また、原因となっている病気を診断するために、消化管造影X線検査、内視鏡検査、生検での組織検査、リンパ管造影検査なども行われる形になります。

たんぱく漏出性胃腸症の治療の方法

メネトリエ病の場合には薬物療法が行われ、H2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬などが使用されることになります。
腸リンパ管拡張症の場合、低脂肪・高たんぱく食を摂ったり、中鎖脂肪酸が含まれている半消化態栄養剤を使用する治療が行われます。
ほかの病気が原因になっている場合には、その病気に適した治療方法が選択されることになるでしょう。

関連記事

胃潰瘍の原因・症状・検査・治療法など

胃潰瘍はストレスで胃酸と粘液のバランスが崩れることで起こることが多く、胃酸が胃や十二指腸の粘膜を

記事を読む

食道神経症の原因・症状・治療

食道神経症とは、食道にこれといったおかしな点が見当たらないのに、食道に関する症状などを訴え、疾患

記事を読む

食道憩室の原因・症状・治療

食道憩室(けいしつ)とは、食道壁の一部が外側に張り出し、小さいポケットが食道にできている病気のこ

記事を読む

マロリー・ワイス症候群の原因・症状・治療

マロリー・ワイス症候群とは、胃や食道の内圧が高まることで食道粘膜が裂け、出血する疾患のことをいい

記事を読む

食道静脈瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)とは、食道粘膜のなかにある静脈が太くなり、コブ状のかた

記事を読む

急性胃粘膜病変の原因・症状・治療

急性胃粘膜病変 どんな病気(概要) 急性胃粘膜病変とは、AGML(Acute Gastric

記事を読む

食道良性腫瘍の原因・症状・治療

食道良性腫瘍とは、この言葉が示すとおり食道に発生した良性の腫瘍のことをいいます。 一口に良性腫

記事を読む

ピロリ菌対策-症状・検査・除菌・費用・注意点など

ピロリ菌とは ピロリ菌はさまざまな悪影響を人間に及ぼすとされている細菌です。 ピロリ菌とはど

記事を読む

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

食道狭窄の原因・症状・治療

食道狭窄(きょうさく)とは、食べ物を胃へと送り出す役割を果たす食道が一部狭くなり、口にしたものが

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑