*

メネトリエ病(胃巨大皺壁症)の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

メネトリエ病(胃巨大皺壁症)
メネトリエ病とは胃巨大皺襞(しゅうへき)や過形成性胃炎と称されることもあり、胃の巨大なしわやひだが形成される病気のことをいいます。
血中のたんぱく質、特にアルブミンが胃粘膜から漏出することから、低たんぱく血症を伴っているのが特徴です。
この病気が引き起こされやすい人は主に中高年ですが、子供が発症することもあります。

メネトリエ病(胃巨大皺壁症)の原因

明確な原因はいまのところわかっていません。
しかしながら、免疫反応の異常、サイトメガロウイルスやヘリコバクター・ピロリの感染が原因として考えられています。

メネトリエ病(胃巨大皺壁症)の症状

メネトリエ病の主な症状としては、吐き気や嘔吐、下痢、みぞおちのあたりの痛み、貧血、全身のむくみ、吐血、下血、食欲の低下、体重減少を挙げることができます。
また、必ずしも何かしらの症状があるとは限らず、これといった症状を自覚しないケースもあるといわれています。
そのほか、胃液中に含まれるたんぱく量や胃酸分泌量が多くなること、血液の血清たんぱく、血清鉄、赤血球の量、ヘモグロビンの量が少なくなるのもメネトリエ病の特徴といえるでしょう。

メネトリエ病(胃巨大皺壁症)の検査と診断

胃のX線検査や内視鏡検査を行うことにより、メネトリエ病か否かを診断することになります。
胃がんやリンパ腫を否定するため、生検による組織検査も行われます。
さらに、たんぱく質漏出を調べるために血液検査やたんぱく漏出検査をすることにもなるでしょう。

メネトリエ病(胃巨大皺壁症)の治療の方法

軽症の場合は経過観察のみとなりますが、そうでない場合には胃酸分泌抑制薬などを使用する薬物療法が行われます。
低たんぱく血症に対しては、高たんぱく食を摂るなど食事療法がメインになるでしょう。
この低たんぱく血症の漏出具合がひどい場合、前述した治療が効果を発揮しない場合には、胃の切除手術が検討されます。
そのほか、ピロリ菌やサイトメガロウイルスの感染の場合には、除菌治療などが行われることになります。

関連記事

胃に穴が開く?胃穿孔の原因・症状・治療など

病気が原因となって胃に穴が開くことがあります。 その病気とは何なのか、どういう症状があるのかな

記事を読む

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。 はじめのうちは胃の粘膜の表面がた

記事を読む

食道憩室の原因・症状・治療

食道憩室(けいしつ)とは、食道壁の一部が外側に張り出し、小さいポケットが食道にできている病気のこ

記事を読む

食道アカラシアの病気の原因・症状・治療

食道アカラシアとは 消化器である食道と胃の境には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)

記事を読む

胃に良い事とは?胃を健康に保つ為に。

ストレス発散・解消 ストレスが絡むと人は体調を崩したり、心を傷めたりします。 ストレスはそれ

記事を読む

胃けいれんの原因・症状・治療

胃けいれんとは、胃の胃壁と呼ばれる部分に存在する筋層が過度に緊張することで発生する、上腹部の痛み

記事を読む

胃のトラブルの原因となる要因のまとめ

こちらでは、胃のトラブルの原因となる様々な要因をご紹介しています。 要因なるものは一つとは限り

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化

記事を読む

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

減酸症/無酸症の原因・症状・治療

減酸症、無酸症とは、いずれも胃粘膜の塩酸の分泌が減少する胃の病気のことをいいます。 胃粘膜の塩

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑