*

マロリー・ワイス症候群の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

マロリー・ワイス症候群
マロリー・ワイス症候群とは、胃や食道の内圧が高まることで食道粘膜が裂け、出血する疾患のことをいいます。
粘膜だけ裂けるのが特徴で、胸腔(きょうくう)や腹腔(ふくくう)へと内容物が漏出することはありません。
出血は大出血になることもあり、出血性ショックによる死亡のリスクがあります。

マロリー・ワイス症候群の原因

マロリーワイス症候群の主な原因は、嘔吐を繰り返すことです。
飲酒をはじめ、暴飲暴食、食中毒、つわり、乗り物酔いなどにより嘔吐を繰り返していると引き起こされやすくなるのです。

マロリー・ワイス症候群の症状

マロリーワイス症候群の症状は、飲酒などによる嘔吐、胃の内容物を吐き出したあとの吐血や下血、みぞおちのところの痛み、立ちくらみなどが挙げられます。
痛みの症状が起こることもありますが、特発性食道破裂の疑いがあります。
吐血や下血などの出血症状に関しては、大出血になると出血性ショックを起こします。
最悪の場合には命を落とすことになりかねないのがこの病気の恐ろしいところです。

マロリー・ワイス症候群の検査と診断

マロリー・ワイス症候群であるかどうか診断するためには、食道の内視鏡検査が行われることになります。
胃カメラで状態を調べ、出血の状態を見ます。

マロリー・ワイス症候群の治療の方法

検査には内視鏡が用いられますが、出血症状がある場合にはその場で止血処置が施されることになります。
電気焼灼(でんきしょうしゃく)することにより止血する方法や、止血剤を塗布する方法、クリップを血管にかける方法が選択されるでしょう。
また、止血処置を施したあとは、入院が必要になることもあります。
入院することになると絶食をしたり、水分や栄養を補給するための輸液療法などが行われます。
そのほか、酸分泌抑制薬であるH2ブロッカー、プロトンポンプ阻害薬などを用いる薬物療法も選択されることがあります。

関連記事

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

胃の症状と考えられる病気のまとめ

キリキリと差し込むような痛みがある キリキリと差し込むような痛みを自覚している場合、引き起こし

記事を読む

胃神経症(神経性胃炎)の原因・症状・治療

胃の精密検査をいくらおこなっても、がんや潰瘍はもちろん、患者の訴えに相当するような病気がないのに

記事を読む

胃ポリープを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

体の表面に生じる、イボのように盛り上がった形をしているもののことをポリープといいます。 ポ

記事を読む

胃粘膜下腫瘍の原因・症状・治療

胃粘膜下腫瘍 どんな病気(概要) 胃粘膜下腫瘍とは何か説明する前に、胃壁について少しお話したい

記事を読む

食道炎/食道潰瘍の原因・症状・治療

食道は口にしたものを胃へと送る器官のことをいいますが、さまざまな原因により炎症が引き起こされるこ

記事を読む

食道アカラシアの病気の原因・症状・治療

食道アカラシアとは 消化器である食道と胃の境には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)

記事を読む

食道狭窄の原因・症状・治療

食道狭窄(きょうさく)とは、食べ物を胃へと送り出す役割を果たす食道が一部狭くなり、口にしたものが

記事を読む

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。 はじめのうちは胃の粘膜の表面がた

記事を読む

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のことをいいます

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑