*

マロリー・ワイス症候群の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

マロリー・ワイス症候群
マロリー・ワイス症候群とは、胃や食道の内圧が高まることで食道粘膜が裂け、出血する疾患のことをいいます。
粘膜だけ裂けるのが特徴で、胸腔(きょうくう)や腹腔(ふくくう)へと内容物が漏出することはありません。
出血は大出血になることもあり、出血性ショックによる死亡のリスクがあります。

マロリー・ワイス症候群の原因

マロリーワイス症候群の主な原因は、嘔吐を繰り返すことです。
飲酒をはじめ、暴飲暴食、食中毒、つわり、乗り物酔いなどにより嘔吐を繰り返していると引き起こされやすくなるのです。

マロリー・ワイス症候群の症状

マロリーワイス症候群の症状は、飲酒などによる嘔吐、胃の内容物を吐き出したあとの吐血や下血、みぞおちのところの痛み、立ちくらみなどが挙げられます。
痛みの症状が起こることもありますが、特発性食道破裂の疑いがあります。
吐血や下血などの出血症状に関しては、大出血になると出血性ショックを起こします。
最悪の場合には命を落とすことになりかねないのがこの病気の恐ろしいところです。

マロリー・ワイス症候群の検査と診断

マロリー・ワイス症候群であるかどうか診断するためには、食道の内視鏡検査が行われることになります。
胃カメラで状態を調べ、出血の状態を見ます。

マロリー・ワイス症候群の治療の方法

検査には内視鏡が用いられますが、出血症状がある場合にはその場で止血処置が施されることになります。
電気焼灼(でんきしょうしゃく)することにより止血する方法や、止血剤を塗布する方法、クリップを血管にかける方法が選択されるでしょう。
また、止血処置を施したあとは、入院が必要になることもあります。
入院することになると絶食をしたり、水分や栄養を補給するための輸液療法などが行われます。
そのほか、酸分泌抑制薬であるH2ブロッカー、プロトンポンプ阻害薬などを用いる薬物療法も選択されることがあります。

関連記事

胃潰瘍の原因・症状・検査・治療法など

胃潰瘍はストレスで胃酸と粘液のバランスが崩れることで起こることが多く、胃酸が胃や十二指腸の粘膜を

記事を読む

食道良性腫瘍の原因・症状・治療

食道良性腫瘍とは、この言葉が示すとおり食道に発生した良性の腫瘍のことをいいます。 一口に良性腫

記事を読む

胃粘膜下腫瘍の原因・症状・治療

胃粘膜下腫瘍 どんな病気(概要) 胃粘膜下腫瘍とは何か説明する前に、胃壁について少しお話したい

記事を読む

機能性ディスペプシアを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)とは 機能性ディスペプシア(きのうせいでぃすぺぷしあ)

記事を読む

胃酸過多症の原因・症状・治療

胃酸過多症 どんな病気(概要) 食べたものの消化が行われるときには胃酸が分泌されます。 この

記事を読む

減酸症/無酸症の原因・症状・治療

減酸症、無酸症とは、いずれも胃粘膜の塩酸の分泌が減少する胃の病気のことをいいます。 胃粘膜の塩

記事を読む

食べすぎによる消化不良改善におススメの胃薬一覧

ガロニン 120錠/240錠 特 徴 ガロニンは、脂肪分の多い食事をとると胃がもたれ

記事を読む

バレット食道を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

バレット食道とは バレット食道(ばれっとしょくどう)とは、食べ物をのどから胃へと送り込

記事を読む

胃けいれんの原因・症状・治療

胃けいれんとは、胃の胃壁と呼ばれる部分に存在する筋層が過度に緊張することで発生する、上腹部の痛み

記事を読む

胃の症状と考えられる病気のまとめ

キリキリと差し込むような痛みがある キリキリと差し込むような痛みを自覚している場合、引き起こし

記事を読む

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

ぺルテス病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ペルテス病とは ぺルテス病(ぺるてすびょう)とは、大腿骨(だいたいこつ)の付け根

→もっと見る

PAGE TOP ↑