*

胃石の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

胃石

胃石 どんな病気(概要)

胃石とは、胃の中に発生する異物のことをいい、胃の中に存在する石や石に似た硬いもののことをいいます。
食べたものの成分などが胃の中で科学的に変化したり、物理的に変化することにより、結石化する胃の病気なのです。
胃石症と呼ばれることもあり、大きさや色はさまざまです。
大きいものだと直径10cm以上になることもありますし、色は黒っぽいものもあれば、黄色っぽいものもあります。

胃石の原因

胃石が発生する原因としては、お腹が空いているときに柿を過剰に摂ることが挙げられます。
なお、これにより結石化が起こったものは柿胃石といいます。
流行することもあるようで、柿の栽培が行われている土地で患者が多くなったことが過去に何度もありました。
ほかにも食べ物が原因で起こるのですが、野菜、フルーツ、海藻類などで発生する胃石のことを繊維遺跡といいます。
それから、コンフリーと呼ばれる植物が原因で起こる胃石もあります。
なお、これはコンフリー胃石といいます。
そして、髪の毛を飲む癖がある人がいますが、これを食毛癖といいます。
この食毛癖も胃石が発生する一因とされており、病名は毛髪胃石といいます。
なお、精神障害を抱えている人の中に、髪の毛を飲み込む癖がある人が多いといわれています。
そのほかには、樹脂が原因となる樹脂胃石、植物が原因となる植物胃石、薬物が原因となる薬物胃石など、さまざまな胃石の種類があるのです。
胃石が発生しやすいのは、手術後の残胃、胃がん、胃の運動機能低下、胃排出障害、低酸症、糖尿病性神経症のある人といわれています。

胃石の症状

目立った症状を引き起こすのは、数ある胃石の種類の中でも柿胃石だけとされています。
引き起こされる症状としては吐き気や嘔吐、上腹部痛、腹部の膨満感、胃粘膜の損傷、びらんのほか、潰瘍になるケースもあります。
また、吐き気でもどした際に胃石が混ざっているケースや、便の中に混ざっているケースがあります。
そのほか、腸の中に入り込んでしまった場合には、腸閉塞を引き起こすリスクがあるのです。
なお、これは前述したように柿胃石の場合に起こり得る症状ですが、ほかの胃石に関しては軽い症状しか起こらないか、これといった自覚症状がない場合が多いでしょう。
また、柿胃石の症状は急性症状が多いのですが、ほかの胃石の場合は症状があったとしても慢性症状になるというのが特徴です。

胃石の検査と診断

まず、検査としては腹部X線検査、腹部超音波検査、上部消化管X線検査が行われ、これら検査で大体診断がつきます。
しかしながら、胃石は腫瘍と誤られる可能性があるため、これらの方法ではなく上部消化管内視鏡検査が行われることになります。
その結果として髪の毛や植物性の物質が認められた場合、胃石の診断が確定されるでしょう。

胃石の治療の方法

大抵の場合、特に治療を行わなくても問題なしと判断されるのが胃石の特徴です。
治療が必要だと判断された場合には、複数の方法の中から選択されることになるでしょう。
たとえば、治療方法の一つとしては内視鏡を使用するものがあります。
これは内視鏡的治療といい、生検鉗子、レーザー、ジェットスプレーなどを使用することにより胃石を破砕し、内視鏡を介することで摘出するか、肛門から体外へと排出させる治療方法です。
それ以外では、溶解療法と呼ばれる治療が行われるケースもあります。
これは胃石を分解するためにセルロースやパパインを数日間に渡り服用し、治療する方法のことをいいます。
それから、外科的治療が選択されるケースもあります。
これは胃石を摘出したり排出させたりすることが無理なケース、胃石が大きい場合に腸閉塞を引き起こした場合に選択されることになります。
この場合、開腹手術を行うことにより、胃石を摘出する形になるでしょう。
なお、柿胃石に関しては、大抵の場合は手術を受ける必要があるといわれています。した場合は外科手術をおこないます。

関連記事

胃粘膜下腫瘍の原因・症状・治療

胃粘膜下腫瘍 どんな病気(概要) 胃粘膜下腫瘍とは何か説明する前に、胃壁について少しお話したい

記事を読む

胃の働きを詳しく!

胃酸・胃粘膜・蠕動運動=胃の働きを詳しく!

胃の働き 胃には大きくわけて4種類の働きがあります。 口にしたものを一時的に貯蔵する 食べ

記事を読む

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

食道アカラシアの病気の原因・症状・治療

食道アカラシアとは 消化器である食道と胃の境には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)

記事を読む

ピロリ菌対策-症状・検査・除菌・費用・注意点など

ピロリ菌とは ピロリ菌はさまざまな悪影響を人間に及ぼすとされている細菌です。 ピロリ菌とはど

記事を読む

胃潰瘍の原因・症状・検査・治療法など

胃潰瘍はストレスで胃酸と粘液のバランスが崩れることで起こることが多く、胃酸が胃や十二指腸の粘膜を

記事を読む

マロリー・ワイス症候群の原因・症状・治療

マロリー・ワイス症候群とは、胃や食道の内圧が高まることで食道粘膜が裂け、出血する疾患のことをいい

記事を読む

食道狭窄の原因・症状・治療

食道狭窄(きょうさく)とは、食べ物を胃へと送り出す役割を果たす食道が一部狭くなり、口にしたものが

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化

記事を読む

逆流性食道炎の原因・症状・治療

逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは 胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)とは、強酸性の

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑