*

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

公開日: : 最終更新日:2017/05/31 胃・食道の病気

胃炎

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。
はじめのうちは胃の粘膜の表面がただれている状態になっていますが、悪化すると胃の粘膜が修復力を失い、胃粘液が不足した状態に陥ります。

このような悪化した胃炎では胃酸が胃壁に直接接触するようになり、胃の粘膜を自己消化するようになるのです。
胃炎が進行した場合にはこの自己消化が起こることで、より深刻な胃潰瘍を引き起こすことになります。

胃炎の原因

胃炎と一口にいっても、急性胃炎と慢性胃炎の2種類にわけられます。
種類が異なるということで、原因もそれぞれ違っています。

まず急性胃炎の原因ですが、暴飲暴食が一因とされています。
とりわけお酒の飲み過ぎが原因で起こりやすいのが特徴です。
それから、急性胃炎はストレスとも関係があります。

ストレスが溜め込まれている状態を放置していると、急性胃炎が起こりやすくなるでしょう。
そのほか、非ステロイド系消炎鎮痛薬をはじめとする薬も急性胃炎を引き起こすリスクを増大させます。

次に慢性胃炎の原因ですが、ヘリコバクター・ピロリ菌ではないかと考えられています。
胃の粘膜にピロリ菌が感染し、炎症を引き起こした場合に慢性胃炎を招くとされているのです。

胃炎の症状

急性胃炎と慢性胃炎で引き起こされる症状は異なります。
急性胃炎は胃の膨満感、みぞおちのあたりの痛み、胃のむかつき、吐血、下血、嘔吐などが引き起こされるのが特徴です。

なお、急性胃炎というだけあり、症状は突如として強くあらわれることになります。
一方の慢性胃炎は、夜間や空腹時の胸やけ、食欲不振、食後の胃もたれ、胃のむかつきなどの症状が起こります。

しかしながら、慢性胃炎の場合はこれといって自覚症状が認められないケースもあるのです。

胃炎の検査と診断

急性胃炎の検査方法としては、問診と触診、内視鏡検査が挙げられます。
どこがどのぐらい痛むのか、どういう症状がいつ頃から出たのか、食事の内容や量はどうだったのかなどを診ます。

なお、急性胃炎は薬が原因で引き起こされていることもあるため、服用中の薬は全部医師に伝える必要があるでしょう。
診断に関しては内視鏡検査により胃の粘膜がただれていたり、腫れていたりするほか、一時的に毛細血管の拡張が起こる発赤などが認められる場合に急性胃炎といわれます。

慢性胃炎の検査方法は、問診や触診のほか、内視鏡検査が選択されます。
内視鏡検査をしないと診断を下すのが難しいため、胃の粘膜をチェックしたり、生検で胃の組織の採取を行い、状態を確かめることになります。

慢性胃炎は悪化している場合、胃の粘膜が萎縮した状態になっていたり、肥厚が認められたりします。
この場合、慢性胃炎と診断が下されることとなります。

胃炎の治療の方法

急性胃炎と慢性胃炎で共通している治療方法は薬物療法です。
状態に応じて胃酸の分泌を抑える胃酸分泌抑制薬、胃の粘膜を保護する胃粘膜保護薬、胃の運動機能を高める運動機能改善薬が使用されることになります。

どれか1種類だけ使用することしかないわけではなく、場合によっては複数の薬を組み合わせて治療が行われることになるでしょう。
それから、胃炎は生活習慣との関わりが深く、特に食生活の乱れは良くありません。
暴飲暴食、特にアルコールの摂取は控え、ほかにも胃酸の分泌を促進するコーヒー、刺激の強い香辛料、脂っこい食べ物は摂らないようにしましょう。

また、過労も胃炎には良くないため、十分に睡眠をとり、疲れを取ることが大切です。
そのほか、ストレスが原因で胃炎になることもありますので、趣味の時間を設けるなどしてリフレッシュするのがおすすめです。

このような生活習慣の改善は、胃炎の治療方法の一つに含まれます。
なお、ストレスは上手く解消することができるようになった結果、それだけで胃炎の症状に悩まされなくなったという人もいます。

また、胃炎の原因としては薬が挙げられますので、使用中の薬をやめることで胃炎が良くなるケースがあります。
しかしながら、使用中の薬を自己判断でやめると、病気などの治りが遅くなったり、悪化してしまう可能性があるでしょう。
したがって、薬が原因の胃炎の場合には、医師の判断でどうするか決める必要があります。

色々な種類の胃の薬をご紹介しています…

こちらでは色々な症状におススメの胃薬をご紹介しています。
お薬選びの参考にして下さい。

食べすぎによる消化不良改善におススメの胃薬一覧
食べすぎ・飲みすぎ・胃痛におススメの胃薬一覧
食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

関連記事

食べすぎによる消化不良改善におススメの胃薬一覧

ガロニン 120錠/240錠 特 徴 ガロニンは、脂肪分の多い食事をとると胃がもたれ

記事を読む

食道憩室の原因・症状・治療

食道憩室(けいしつ)とは、食道壁の一部が外側に張り出し、小さいポケットが食道にできている病気のこ

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化

記事を読む

食道裂孔ヘルニアの原因・症状・治療

食道裂孔(れっこう)ヘルニアとは、食道が通る穴の食道裂孔から胃の一部が胸腔(きょうくう)へと脱出

記事を読む

食道静脈瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)とは、食道粘膜のなかにある静脈が太くなり、コブ状のかた

記事を読む

胃に良い事とは?胃を健康に保つ為に。

ストレス発散・解消 ストレスが絡むと人は体調を崩したり、心を傷めたりします。 ストレスはそれ

記事を読む

胃の症状と考えられる病気のまとめ

キリキリと差し込むような痛みがある キリキリと差し込むような痛みを自覚している場合、引き起こし

記事を読む

胃の健康状態は便の色でも判断できる

胃の健康状態は便の色でも判断できる!?

普段出ている便の色と、胃の健康状態には関係があります。 色によっては胃の病気のサインかもしれな

記事を読む

食べすぎ・飲みすぎ・胃痛におススメの胃薬一覧

JPS 新ファイトップ(細粒) 20包 特 徴 新ファイトップ(細粒)は消化酵素、制

記事を読む

食道炎/食道潰瘍の原因・症状・治療

食道は口にしたものを胃へと送る器官のことをいいますが、さまざまな原因により炎症が引き起こされるこ

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑