*

胃酸過多症の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2016/04/13 胃・食道の病気

胃酸過多症

胃酸過多症 どんな病気(概要)

食べたものの消化が行われるときには胃酸が分泌されます。
この胃酸が通常より過剰に分泌されてしまう病気のことを、胃酸過多症といいます。
胃酸は健康の人の場合、何か消化すべき食べ物がなければ分泌されません。
しかしながら、胃酸過多症を引き起こした人の場合には、胃の中に食べ物があるかどうかに関係なく胃酸の分泌が行われるようになるのです。
したがって、空腹時にも胃酸が過剰に分泌されることとなり、不快な症状を引き起こします。
なお、胃酸過多というと一つの症状のようなイメージがある人もいるでしょうが、慢性的な症状になっている場合には胃の病気として扱われます。
また、胃酸過多症がひどくなった場合には、別の胃の病気を引き起こす可能性もあるのです。

胃酸過多症の原因

胃酸過多というくらいですので、胃酸の増加が原因で病気になります。
原因の原因としては、香辛料、カフェイン、アルコールなど刺激物の過剰摂取、ストレスによる自律神経の乱れ、ガストリンの分泌過剰が挙げられます。
これらのうち多くの人が疑問を持つのはガストリンに関してでしょう。
ガストリンは胃酸の分泌を促進するホルモンのことをいいますが、ピロリ菌などが原因でガストリンが過度に分泌され、胃酸も余計に分泌するようになるのです。
そのほか、病気によっても胃酸過多は起こるとされており、該当する病気は多数あります。
具体的な病名ですが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ゾリンジャー・エリソン症候群、胃幽門前庭部空置症候群(いゆうもんぜんていぶくうちしょうこうぐん)、副甲状腺機能亢進症などを挙げることができます。

胃酸過多症の症状

胃酸過多症を引き起こした場合、代表的な症状としては胃の痛み、胃もたれ、胸やけが挙げられます。
それから、げっぷが頻発するようになったり、胃酸の臭いが口から放出されることにより、口臭がひどくなることもあります。
また、臭いだけならまだしも胃酸が上がってくることにより、吐き気の症状に悩まされる人もいます。
なお、胃酸過多が悪化することにより、ほかの胃の病気である胃炎を発症するリスクが増大します。

胃酸過多症の検査と診断

一般的には胃酸の分泌機能や胃液の酸度を調べるための検査を受けることになります。
胃液の酸度が強い酸性を示している場合、胃酸の分泌機能が上昇している場合には、検査の結果で胃酸過多症と診断が下される形になるでしょう。
なお、一般的な検査方法ではないものの、内視鏡検査により胃液の酸度を調べる方法が選択されることもあります。
それから、前述した胃酸の分泌を促進するガストリンなどを注射することにより、チューブから胃液を採り出す検査も存在はしています。
胃液検査法と呼ばれるものですが、いまとなってはほぼ行われていないとされています。

胃酸過多症の治療の方法

胃酸過多症を治すためには、胃酸分泌抑制薬を使用することになります。
治療のためには食事内容の見直しも必要となり、香辛料、コーヒー、アルコールなど胃酸の分泌を促進する食品の摂取をしないことが大切です。
また、胃酸の分泌が促される食品を避けるのと同時に、胃酸分泌を抑制するカルシウム、マグネシウム、アラキドン酸、ビタミンUなどの栄養を積極的に摂りたいところです。
それから、生活習慣の見直しを行い、胃酸過多症の一因でもある自律神経の乱れをなくするため、日常生活で上手くストレスを発散する方法を見つけたほうが良いでしょう。
そのほか、一時的な症状として胃酸過多が起こっている場合、我慢していれば症状がおさまると放置する人がいますが、これは良くありません。
慢性化すると胃酸過多症になりますので、早めに適切な対処をしなくてはいけません。
市販の胃薬でやり過ごそうとする人もいますが、胃酸の分泌を抑える薬でなければ逆効果になることもあります。
病院に行くまでの繋ぎとして薬を使用するのであれば、薬剤師に相談して胃酸分泌抑制薬を購入しましょう。酒など胃酸の分泌を促すものを控えます。

色々な種類の胃の薬をご紹介しています…

こちらでは色々な症状におススメの胃薬をご紹介しています。
お薬選びの参考にして下さい。

食べすぎによる消化不良改善におススメの胃薬一覧
食べすぎ・飲みすぎ・胃痛におススメの胃薬一覧
食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

関連記事

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のことをいいます

記事を読む

食道裂孔ヘルニアの原因・症状・治療

食道裂孔(れっこう)ヘルニアとは、食道が通る穴の食道裂孔から胃の一部が胸腔(きょうくう)へと脱出

記事を読む

食道狭窄の原因・症状・治療

食道狭窄(きょうさく)とは、食べ物を胃へと送り出す役割を果たす食道が一部狭くなり、口にしたものが

記事を読む

逆流性食道炎の原因・症状・治療

逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは 胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)とは、強酸性の

記事を読む

胃に良い事とは?胃を健康に保つ為に。

ストレス発散・解消 ストレスが絡むと人は体調を崩したり、心を傷めたりします。 ストレスはそれ

記事を読む

食道静脈瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)とは、食道粘膜のなかにある静脈が太くなり、コブ状のかた

記事を読む

胃ポリープを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

体の表面に生じる、イボのように盛り上がった形をしているもののことをポリープといいます。 ポ

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化

記事を読む

バレット食道を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

バレット食道とは バレット食道(ばれっとしょくどう)とは、食べ物をのどから胃へと送り込

記事を読む

胃のトラブルの原因となる要因のまとめ

こちらでは、胃のトラブルの原因となる様々な要因をご紹介しています。 要因なるものは一つとは限り

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑