*

胃アトニー/胃下垂の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

胃アトニー/胃下垂
胃アトニーとは、胃壁の筋肉がたるんでいる状態のことをいい、胃下垂とは正常な位置より胃が下がっている状態のことをいいます。
この胃アトニーと胃下垂は、両方なっている人の割合が高いのが特徴です。
胃下垂になると胃の機能低下が見られ、筋肉のたるみを招くからです。
また、胃下垂はやせ型の人、虚弱体質の人、腹筋が弱い人が招きやすい状態であるといわれています。
それから、胃下垂の人は胃だけでなく、腸や腎臓なども下垂した状態になっていることが少なくありません。
見た目としては上腹部はへこんでいるように見えますが、下腹部はふくれているように見えます。

胃アトニー/胃下垂の原因

主な原因としては、内臓の筋力が低下していることが挙げられます。
筋力が弱く胃が下がりやすい状態のまま、消化不良を招くようなことをしていると食べたものの重みで胃下垂が進行するといわれています。
消化が悪くなる原因としては、暴飲暴食、ストレス、過労などが挙げられるでしょう。
さらに胃が下がった状態になると、胃の動きが悪くなります。
この胃の動きのことを蠕動(ぜんどう)運動といいますが、運動機能が低下すると消化不良が悪化します。
そのため余計に食べ物が溜まりやすい状態になり、胃が下がる原因になってしまうのです。
そのほか、腹部の手術を受けたことや出産を行ったこと、ホルモンの病気である甲状腺機能亢進症や脳下垂体不全などをきっかけに胃下垂になる人もいます。
胃アトニーの原因に関しては、胃下垂が原因になるだけでなく、生まれつき筋肉が弱いこと、暴飲暴食の生活習慣を続けていることが挙げられます。

胃アトニー/胃下垂の症状

胃アトニーや胃下垂になると、消化不良を引き起こします。
消化不良が胃下垂の状態を悪化させるだけでなく、食べたものの栄養の吸収率が低下するため、肌の美容が損なわれるなどのトラブルが起こる可能性があるでしょう。
また、消化不良だと胃酸過多の症状も招きます。
胃酸過多は胃炎や胃潰瘍の原因になると指摘されています。
そのほか、胃アトニーや胃下垂の人は、胃痛、胃の張り、早期満腹感、食後のむかつき、食後のもたれ感、食欲不振、上腹部の膨満(ぼうまん)感などの症状を自覚する人が多いのが特徴です。
それから、胃の機能が低下することから便秘の症状を引き起こしたり、胃下垂により冷え性の症状が悪化したりと、さまざまな症状が起こります。
また、症状というわけではありませんが、胃下垂の人は太りにくいとよくいわれます。
これは消化不良により栄養をしっかりと吸収することができないため、食べても太らない状態に陥っているというわけです。

胃アトニー/胃下垂の検査と診断

主な検査方法としては、上部消化管X線検査を挙げることができます。
X線検査により胃の状態を調べ、胃角部の位置を基準に胃の下がり具合を判断します。
なお、胃角部というのは胃の折れ曲がり部分のことをいいます。
この胃角が骨盤内まで下がっている場合、胃下垂と診断が確定することになるのです。

胃アトニー/胃下垂の治療の方法

胃アトニーや胃下垂の状態を改善するには、胃の機能を高める必要があります。
腹筋をはじめとする運動により蠕動運動を促進することで、胃アトニーや胃下垂の改善に繋がります。
なお、運動だけでなく胃の運動機能を高める薬を使用し、治療する方法がとられることもあるでしょう。
また、既に垂れ下がった状態の胃に関しては、腹筋などをして筋肉の強度や量をアップさせたり、体重をアップさせたりすることで、改善が可能といわれています。
それから、胃アトニーや胃下垂の人で食事のあとにお腹の膨満感、重圧感がひどい場合には、食事の摂り方を変えるよう指導されることがあります。
1回あたりの食事量を少なくする代わりに回数を多くするなどの対策をとることになるのです。
そのほか、食べたものが十二指腸に送られるのを早めるため、食事を摂ったあと30分ほど体の右側を下にして寝る方法を摂るのも有効とされています。

関連記事

食道炎/食道潰瘍の原因・症状・治療

食道は口にしたものを胃へと送る器官のことをいいますが、さまざまな原因により炎症が引き起こされるこ

記事を読む

急性胃粘膜病変の原因・症状・治療

急性胃粘膜病変 どんな病気(概要) 急性胃粘膜病変とは、AGML(Acute Gastric

記事を読む

胃拡張を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃拡張とは 私たちが口から摂取したものは歯で噛み砕かれたあと、食道を通過して胃のなかで

記事を読む

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

食道アカラシアの病気の原因・症状・治療

食道アカラシアとは 消化器である食道と胃の境には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)

記事を読む

機能性ディスペプシアを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)とは 機能性ディスペプシア(きのうせいでぃすぺぷしあ)

記事を読む

胃の健康状態は便の色でも判断できる

胃の健康状態は便の色でも判断できる!?

普段出ている便の色と、胃の健康状態には関係があります。 色によっては胃の病気のサインかもしれな

記事を読む

逆流性食道炎の原因・症状・治療

逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは 胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)とは、強酸性の

記事を読む

胃けいれんの原因・症状・治療

胃けいれんとは、胃の胃壁と呼ばれる部分に存在する筋層が過度に緊張することで発生する、上腹部の痛み

記事を読む

食道静脈瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)とは、食道粘膜のなかにある静脈が太くなり、コブ状のかた

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑