*

食道良性腫瘍の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

食道良性腫瘍
食道良性腫瘍とは、この言葉が示すとおり食道に発生した良性の腫瘍のことをいいます。
一口に良性腫瘍といっても、平滑筋(へいかつきん)腫瘍、嚢腫(のうしゅ)、ポリープ、乳頭腫、線維腫、血管腫、脂肪腫など、さまざまな種類を挙げることができます。
なお、この中で割合として高いのは平滑筋腫瘍であり、全体の50%以上にものぼるといわれています。
同じ食道に発生する食道がんと頻度を比較した場合、食道良性腫瘍のほうがかなり低いのが特徴です。

食道良性腫瘍の原因

現状において、食道良性腫瘍の原因は明らかになっていません。

食道良性腫瘍の症状

食道良性腫瘍の症状ですが、これは腫瘍の大きさによって異なります。
小さい状態の腫瘍の場合、特にこれといった症状が起こりません。
無症状のまま悪化していくため病気に気がつかないことも多いのですが、腫瘍が大きくなるにつれて嚥下困難、胸やけ、胸の圧迫感といった症状が引き起こされるようになります。
それから、腫瘍の表面に潰瘍ができるケースもあります。
出血の症状を伴うことがありますが、出血量が非常に多くなることもあるため注意が必要です。

食道良性腫瘍の検査と診断

食道良性腫瘍かどうか調べるためには、食道造影検査、食道内視鏡検査が行われるほか、超音波内視鏡を使用することによる組織検査が選択されることもあります。
診断は内視鏡下生検組織診により診断が確定されることになります。

食道良性腫瘍の治療の方法

小さい良性腫瘍の場合は経過観察だけのことがありますが、症状がある場合には切除します。
また、大きくなりそうな食道良性腫瘍や確定診断ができないものに関しても切除することになるでしょう。
小さい腫瘍は内視鏡的切除術で治療し、大きい腫瘍は胸腔鏡下(きょうくうきょうか)手術や開胸(かいきょう)手術を行います。
出血のリスクがある食道良性腫瘍の場合には、内視鏡的硬化療法、外科的治療が選択される形になるでしょう。

関連記事

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。 はじめのうちは胃の粘膜の表面がた

記事を読む

胃アトニー/胃下垂の原因・症状・治療

胃アトニーとは、胃壁の筋肉がたるんでいる状態のことをいい、胃下垂とは正常な位置より胃が下がってい

記事を読む

食道裂孔ヘルニアの原因・症状・治療

食道裂孔(れっこう)ヘルニアとは、食道が通る穴の食道裂孔から胃の一部が胸腔(きょうくう)へと脱出

記事を読む

胃に穴が開く?胃穿孔の原因・症状・治療など

病気が原因となって胃に穴が開くことがあります。 その病気とは何なのか、どういう症状があるのかな

記事を読む

食道アカラシアの病気の原因・症状・治療

食道アカラシアとは 消化器である食道と胃の境には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)

記事を読む

胃神経症(神経性胃炎)の原因・症状・治療

胃の精密検査をいくらおこなっても、がんや潰瘍はもちろん、患者の訴えに相当するような病気がないのに

記事を読む

食道神経症の原因・症状・治療

食道神経症とは、食道にこれといったおかしな点が見当たらないのに、食道に関する症状などを訴え、疾患

記事を読む

食べすぎ・飲みすぎ・胃痛におススメの胃薬一覧

JPS 新ファイトップ(細粒) 20包 特 徴 新ファイトップ(細粒)は消化酵素、制

記事を読む

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

胃けいれんの原因・症状・治療

胃けいれんとは、胃の胃壁と呼ばれる部分に存在する筋層が過度に緊張することで発生する、上腹部の痛み

記事を読む

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

ぺルテス病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ペルテス病とは ぺルテス病(ぺるてすびょう)とは、大腿骨(だいたいこつ)の付け根

→もっと見る

PAGE TOP ↑