*

食道憩室の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

食道憩室
食道憩室(けいしつ)とは、食道壁の一部が外側に張り出し、小さいポケットが食道にできている病気のことをいいます。
レントゲン写真を見ると、食道の壁のところに丸いポケット状のくぼみができているのがわかります。
通常、ポケット状のくぼみは一つしか発生しないといわれていますが、人によっては複数できることもあります。
大きさも個人差がありますが、大きいものだとミカンやリンゴと同程度になります。
また、一口に食道憩室といっても種類はさまざまで、発生した場所や原因により呼称が異なります。
咽頭(いんとう)部分に引き起こされると咽頭食道憩室といい、気管分岐部に引き起こされると気管分岐部憩室といいます。
横隔膜上に引き起こされると横隔膜上憩室と、発生部位に対応した呼称が用いられます。
原因ごとの呼び名については、食道の内圧が上昇したことで外側に突出するものを内圧性憩室といい、食道とまわりの組織と癒着し、食道壁が引っ張られることで発生するものを牽引性憩室といいます。
なお、食道憩室にはほかにも先天性のものと後天性のものが存在します。
そのほか、食道憩室にかかりやすいのは高齢者であり、特に男性の割合が高いというのが特徴です。

食道憩室の原因

内圧性憩室の場合、食物が通過する際に食道の内圧が高まることにより、食道壁の弱くなったところが外側に張り出すことが原因で起こります。
牽引性憩室の場合、食道のまわりに炎症が起こることにより、外側に張り出すのが原因で発生します。
なお、牽引性憩室に関しては、結核性リンパ腺炎が食道の壁にまで広がることがきっかけになるケースが多いといわれています。

食道憩室の症状

食道には入り口に憩室が存在し、この中に食物が入り、袋が大きくなると食道に圧がかかります。
このことが原因となり、ものが飲み込みにくくなる嚥下困難、つかえ感といった症状が引き起こされるのです。
また、ほかにも嗄声(させい)、上腹部の痛み、胸の痛み、胸やけ、嘔吐などの症状を自覚する人も多くいます。
それから、食物が袋の中にある状態で寝た場合には、食物の逆流が起こり誤嚥性(ごえんせい)肺炎を招くことがあります。
さらに憩室に穴があくことがあるほか、がんを引き起こすことにもなりかねません。
そのほか、食物が袋の中にある状態で腐敗した場合には、不快臭として口から発せられることもあります。
ただ、これらはあくまでも症状があるケースでの話しであり、大抵の場合はこれといった症状を自覚することがありません。
そのため、病院で検査を受けたときにはじめて異常が判明することも少なくないのです。

食道憩室の検査と診断

食道憩室であるかどうか調べるためには、上部X線検査が行われます。
この検査の結果、ポケット状に張り出していることがわかった場合には食道憩室と診断が下されることになるでしょう。
また、胃カメラで内部を調べる胃内視鏡検査を行うことによっても、食道憩室かどうかを調べることが可能です。

食道憩室の治療の方法

食道憩室には大きいものと小さいものがありますが、小さい食道憩室の場合は治療を行う必要がないといわれています。
しかしながら、がんが憩室で引き起こされる恐れがあることから、定期的に内視鏡検査を受けなくてはいけません。
頻度としては1年に1度ぐらいですので、頻繁に経過観察のために出かける必要はないのです。
また、治療が必要なケースですが、憩室が原因で食道圧排(食道が外側から押されることによる変形)がひどい場合、繰り返し炎症が起こる場合、誤嚥の恐れがある場合には適切な対処をしなくてはいけません。
対処法としては外科的治療が選択されますが、憩室を切除したり、縫って縮小させたりします。
なお、憩室に穴があくことを穿孔(せんこう)といいますが、これが起こったり、出血がある場合、症状がひどいときにも憩室を切除する方法が選択されるでしょう。

関連記事

食道裂孔ヘルニアの原因・症状・治療

食道裂孔(れっこう)ヘルニアとは、食道が通る穴の食道裂孔から胃の一部が胸腔(きょうくう)へと脱出

記事を読む

機能性ディスペプシアを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)とは 機能性ディスペプシア(きのうせいでぃすぺぷしあ)

記事を読む

食べすぎ・飲みすぎ・胃痛におススメの胃薬一覧

JPS 新ファイトップ(細粒) 20包 特 徴 新ファイトップ(細粒)は消化酵素、制

記事を読む

胃MALTリンパ腫の原因・症状・治療

胃MALT(マルト=粘膜・リンパ球の複合組織)リンパ腫とは、胃の粘膜に生じる腫瘍のことをいいます

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化

記事を読む

no image

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のことをいいます

記事を読む

食道良性腫瘍の原因・症状・治療

食道良性腫瘍とは、この言葉が示すとおり食道に発生した良性の腫瘍のことをいいます。 一口に良性腫

記事を読む

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。 はじめのうちは胃の粘膜の表面がた

記事を読む

胃の働きを詳しく!

胃酸・胃粘膜・蠕動運動=胃の働きを詳しく!

胃の働き 胃には大きくわけて4種類の働きがあります。 口にしたものを一時的に貯蔵する 食べ

記事を読む

胃の健康状態は便の色でも判断できる

胃の健康状態は便の色でも判断できる!?

普段出ている便の色と、胃の健康状態には関係があります。 色によっては胃の病気のサインかもしれな

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑