*

急性胃粘膜病変の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

急性胃粘膜病変

急性胃粘膜病変 どんな病気(概要)

急性胃粘膜病変とは、AGML(Acute Gastric Mucosal Lesion)とも呼ばれ、出血性のびらん、急性潰瘍、急性出血性胃炎の総称のことをいいます。
どのような人でも発症する可能性のある胃の病気であり、タバコやコーヒーのような嗜好品を好む人や、年齢が高い人、特に生活習慣病のある人はかかりやすいといわれています。

急性胃粘膜病変の原因
急性胃粘膜病変はいろいろなことが原因で起こります。
まず、原因の一つとしてはストレスを挙げることができます。
手術、外傷、熱傷などの身体的なもののほか、心因的なものにより急性胃粘膜病変が引き起こされるのです。
それから、食事もこの胃の病気の原因になります。
具体的にいうと、食事で香辛料を摂り過ぎていたり、お酒を飲み過ぎていたり、タバコを吸い過ぎていたりすると、発症することになるのです。
そのほか、薬により急性胃粘膜病変が引き起こされることもあります。
解熱・鎮痛薬、ステロイド薬、抗がん剤などにより急性胃粘膜病変が起こることがあるのです。
また、寄生虫のアニサキス、細菌のヘリコバクター・ピロリの感染も、急性胃粘膜病変の原因になるといわれています。
以上のように多くの原因が挙げられますが、中には折角治療を行ったにもかかわらず、それが原因となって急性胃粘膜病変を招くケースがあります。
具体的な治療方法としては、食道静脈瘤硬化療法、肝動脈塞栓術を挙げることができます。

急性胃粘膜病変の症状

この胃の病気の特徴として、重い症状が突如として引き起こされることが挙げられます。
どういう症状があらわれるのかといいますと、強烈な胃痛のほか、ひどい嘔吐や吐き気が引き起こされることも多いでしょう。
また、状態によっては口から血を吐いたり、肛門から出血したりといった症状があらわれるケースもあります。
これにより貧血を起こすことがあるほか、大量に血を吐くなどした場合にはショック症状を起こすリスクがあるといわれています。

急性胃粘膜病変の検査と診断

急性胃粘膜病変の検査方法ですが、主なものとしては内視鏡検査を挙げることができます。
そしてこの内視鏡検査を早期に行うことこそが、たった一つの急性胃粘膜病変の診断方法であるといわれています。
初期段階で引き起こされる症状を判断基準に、病変の検査が行われる形になります。

急性胃粘膜病変の治療の方法

急性胃粘膜病変の治療は、病状がひどくない場合には薬の服用を行います。
こうして様子をうかがっていく形になりますが、上手くいくとそれほど期間を要することなく回復するでしょう。
ただ、病状がひどいと入院治療を受けなくてはいけなくなります。
それから、出血の症状を引き起こしている場合には、止血のための治療が行われます。
内視鏡を使用した止血方法や、外科的な手術により止血方法が選択されます。
ただ、出血量が多い場合には、輸血をすることが選択されるケースもあるでしょう。
ほかにも急性胃粘膜病変の治療では薬物療法が行われることがあります。
使用される薬の種類としては、胃の粘膜を酸から保護する胃粘膜保護剤や胃粘膜防御因子増強剤、胃液内に酸が分泌されるのを抑制するプロトンポンプ阻害薬、H2受容体拮抗薬などが挙げられます。
どれか一種類だけ使用されることもありますが、複数一緒に使用されることもあります。
どういう薬の使い方をするかは、急性胃粘膜病変患者の病状次第というわけです。
それから、この胃の病気の治療では、前述した原因を取り除くことが大切です。
自分だけで対策を行いやすいのは食事で、香辛料の摂取、お酒、コーヒー、タバコの摂取をしないようにするのです。
これにより、急性胃粘膜病変の回復具合に良い影響を及ぼすことができるでしょう。
趣味の時間を確保したり、十分な休息をとったりして、ストレスを解消するのも急性胃粘膜病変の原因を排除することに繋がるはずです。

関連記事

バレット食道を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

バレット食道とは バレット食道(ばれっとしょくどう)とは、食べ物をのどから胃へと送り込

記事を読む

食道アカラシアの病気の原因・症状・治療

食道アカラシアとは噴門無弛緩症(ふんもんむしかんしょう)と呼ばれることもあり、食道の神経の異常に

記事を読む

胃神経症(神経性胃炎)の原因・症状・治療

胃の精密検査をいくらおこなっても、がんや潰瘍はもちろん、患者の訴えに相当するような病気がないのに

記事を読む

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。 はじめのうちは胃の粘膜の表面がた

記事を読む

減酸症/無酸症の原因・症状・治療

減酸症、無酸症とは、いずれも胃粘膜の塩酸の分泌が減少する胃の病気のことをいいます。 胃粘膜の塩

記事を読む

メネトリエ病(胃巨大皺壁症)の原因・症状・治療

メネトリエ病とは胃巨大皺襞(しゅうへき)や過形成性胃炎と称されることもあり、胃の巨大なしわやひだ

記事を読む

食道憩室の原因・症状・治療

食道憩室(けいしつ)とは、食道壁の一部が外側に張り出し、小さいポケットが食道にできている病気のこ

記事を読む

胃のトラブルの原因となる要因のまとめ

こちらでは、胃のトラブルの原因となる様々な要因をご紹介しています。 要因なるものは一つとは限り

記事を読む

胃粘膜下腫瘍の原因・症状・治療

胃粘膜下腫瘍 どんな病気(概要) 胃粘膜下腫瘍とは何か説明する前に、胃壁について少しお話したい

記事を読む

胃MALTリンパ腫の原因・症状・治療

胃MALT(マルト=粘膜・リンパ球の複合組織)リンパ腫とは、胃の粘膜に生じる腫瘍のことをいいます

記事を読む

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

門脈圧亢進症の原因,症状,検査,診断,治療など

門脈圧亢進症とは 門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)とは、なんらかの原

→もっと見る

PAGE TOP ↑