*

減酸症/無酸症の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 胃・食道の病気

減酸症/無酸症
減酸症、無酸症とは、いずれも胃粘膜の塩酸の分泌が減少する胃の病気のことをいいます。
胃粘膜の塩酸は胃酸のことを意味していますが、分泌量が減少する病気を減酸症と呼び、無酸症の場合には、胃酸が一切ない状態で起こる胃の病気のことをいいます。

減酸症/無酸症の原因

減酸症や無酸症の原因は複数あります。
まず、胃の手術を受けたあとに胃酸の分泌低下が起こり病気になるケースがあります。
それから、慢性胃炎の萎縮性胃炎、胃がんが原因となりこれらの胃の病気を引き起こすこともあります。
なお、萎縮性胃炎は悪性貧血をはじめとする貧血の人にも起こるため、これも減酸症や無酸症の原因になります。
そのほか、これは無酸症に限定的ですが、水様性下痢(WDHA症候群)、低カリウム血症が原因となります。

減酸症/無酸症の症状

減酸症や無酸症の人は、消化吸収障害の症状が引き起こされるほか、腸炎にかかりやすくなるのが特徴です。
消化吸収障害になると慢性下痢、脂肪便、体重の減少、腹部膨満感、全身倦怠感、貧血、むくみなどの症状が引き起こされることになるでしょう。
また、腸炎にかかってしまった場合には、腹痛、下痢、血便、嘔吐、吐き気といった症状が起こることになります。

減酸症/無酸症の検査と診断

減酸症や無酸症であるかどうか調べるには、胃液検査が選択されることになります。
この検査はヒスタミンかガストリンの注射を行い、チューブを使用し胃液を採り出す方法です。
採取した胃液を調べることにより、胃酸分泌能の測定を行い診断します。

減酸症/無酸症の治療の方法

治療としては、薬の服用を行うことにより塩酸を補充する方法がとられます。
それから、薬物療法以外では胃酸の分泌を促進する食事療法が選択されるでしょう。
胃酸分泌を促す香辛料、コーヒーなどは多くの病気では制限されがちですが、適量摂取しても構いません。
お酒も適量であれば問題ないといわれています。
しかしながら、動物性脂肪を摂ることは禁じられたり、タバコを吸うことはやめなくてはいけません。

関連記事

食道炎/食道潰瘍の原因・症状・治療

食道は口にしたものを胃へと送る器官のことをいいますが、さまざまな原因により炎症が引き起こされるこ

記事を読む

食道神経症の原因・症状・治療

食道神経症とは、食道にこれといったおかしな点が見当たらないのに、食道に関する症状などを訴え、疾患

記事を読む

胃の健康状態は便の色でも判断できる

胃の健康状態は便の色でも判断できる!?

普段出ている便の色と、胃の健康状態には関係があります。 色によっては胃の病気のサインかもしれな

記事を読む

胃の症状と考えられる病気のまとめ

キリキリと差し込むような痛みがある キリキリと差し込むような痛みを自覚している場合、引き起こし

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化

記事を読む

食べすぎによる消化不良改善におススメの胃薬一覧

ガロニン 120錠/240錠 特 徴 ガロニンは、脂肪分の多い食事をとると胃がもたれ

記事を読む

食道裂孔ヘルニアの原因・症状・治療

食道裂孔(れっこう)ヘルニアとは、食道が通る穴の食道裂孔から胃の一部が胸腔(きょうくう)へと脱出

記事を読む

胃石の原因・症状・治療

胃石 どんな病気(概要) 胃石とは、胃の中に発生する異物のことをいい、胃の中に存在する石や石に

記事を読む

バレット食道を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

バレット食道とは バレット食道(ばれっとしょくどう)とは、食べ物をのどから胃へと送り込

記事を読む

食道静脈瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)とは、食道粘膜のなかにある静脈が太くなり、コブ状のかた

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑