*

心臓の僧帽弁に異常が起こる病気の原因・症状・治療

公開日: : 心臓・血管の病気

僧帽弁閉鎖不全症の概略や原因について

僧帽弁がきちんと閉じないために、収縮期に左心室から左心房へ血液が逆流することです。
弁自体だけではなく僧帽弁の支持組織の弁輪、腱策、乳頭筋の構造的、機能的異常によってもおこることがあります。
原因はリウマチ熱、感染性心内膜炎、心筋梗塞、僧帽弁逸脱症候群、拡張型心筋症、動脈硬化などに関連して発症すると考えられています。
先天的に閉まりが悪い場合もあり、非リウマチ性の腱索断裂によるものもみられます

僧帽弁閉鎖不全症の症状について

逆流の程度が軽いものでは目立った症状はあらわれません。
おもな症状は労作時の呼吸困難、動悸、疲労感などです。
逆流した血液が肺静脈まで達すると、肺静脈圧の増加をきたしてさらに悪化します

僧帽弁閉鎖不全症の治療法について

血液の逆流を減少させるために血管拡張薬や利尿薬を用います。
心房細動による左心房内血栓を予防するために抗凝固剤を服用し、感染性心内膜炎の予防には抗生剤を服用することになります。
身体の状態や検査結果によっては、外科手術の弁形成術、僧帽弁置換術、弁輪縫縮術などをおこなうことがあります。

僧帽弁狭窄症の概略や原因について

僧帽弁が充分に開かなくなり、左心房から左心室への血液の流れが悪くなる病気です。
左心房に血液が滞り、左心房が拡大して、さらに、肺静脈から肺、肺動脈へとうっ血が進んで肺高血圧となってしまいます。
心房細動を合併することもあり、かなり進行するまで自覚症状があらわれません。
原因はリウマチ熱の後遺症で、僧帽弁の炎症で弁と弁の間の交連部が癒着しておこります。
さらに狭窄が進行すると、弁が閉じきれずに血液が逆流する僧帽弁閉鎖不全を併発します。
現在では抗生物質の進歩によって、リウマチ熱が減少し、リウマチ熱による僧帽弁狭窄症も減少したうえに、早期発見も可能になりました

僧帽弁狭窄症の症状について

労作時の息切れや呼吸困難、動悸、疲労感などがあらわれます。
進行すると、左心房内に停滞する血液で血栓が発生し、はがれた場合、血流にのってどこかで動脈をふさぎ、血栓塞栓症をおこしますが、脳で塞栓が発生すると脳梗塞になってしまいます

僧帽弁狭窄症の治療法について

軽症であれば運動の制限と塩分摂取制限ぐらいで大丈夫ですが、ある程度進んでいる場合は、強心薬、利尿剤、抗不整脈薬、抗凝固薬などを用います。
薬物療法で効果が得られないか、弁の狭窄が強い場合にはカテーテルによる経皮的僧帽弁切開術や人工弁と取り替える僧帽弁置換術などがおこなわれます。

僧帽弁逸脱症の概略や原因について

僧帽弁は2片の弁からなり、その一方かまれに両方が左心房側に飛び出してしまうものです。
しっかり閉じないことで、左心室から左心房への血液の逆流がおこる(僧帽弁閉鎖不全症)ことがあり、比較的若い女性に多くみられ、男性の約2倍の頻度といわれております。
原因は僧帽弁のコラーゲン線維の変性によるもので、遺伝の関連、心筋炎、心筋梗塞、感染性心内膜炎などで、弁が障害を受けて変性がおこると考えられています。
合併症では心房細動などの不整脈、心内膜症、うっ血性心不全などがおこることがあります

僧帽弁逸脱症の症状について

症状があらわれない状態の人から心不全症状がでる人までさまざまです。
息切れ、胸痛、動悸、めまい、失神などがみられます

僧帽弁逸脱症の治療法について

ほかに心臓の疾患がなく無症状であれば、とくに治療の必要はありません。
胸痛や不整脈による動悸などがある場合はβ遮断薬を投与します。
重症の僧帽弁閉鎖不全症を合併している場合には、外科手術をおこなうことがあります。

関連記事

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60~100回

記事を読む

心臓の心膜に異常が起こる病気の原因・症状・治療

急性心膜炎の概略や原因について 心膜は、心臓をおおっている2層の膜で、臓側心膜と壁側心膜の空間

記事を読む

期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種 心臓の内

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)

記事を読む

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左心室(さし

記事を読む

狭心症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

狭心症とは 狭心症(きょうしんしょう)とは、心臓へと栄養や酸素を送り込む血管である冠動脈(

記事を読む

大動脈瘤を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈瘤とは 大動脈(だいどうみゃく)は体の真ん中を通って、心臓に直接つながっている一番太い動

記事を読む

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつあつしょう

記事を読む

心房細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心房細動とは 心臓の内部は4部屋に仕切られており、上側の2部屋は右心房(うしんぼう)と左心

記事を読む

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し、立ちくら

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑