*

心臓の洞結節に異常が起こる病気の原因・症状・治療

公開日: : 心臓・血管の病気

洞不全症候群の概略や原因について

心臓の右心房の上部にある電気的刺激の発生場所である、洞結節やその周辺に異常が生じて、徐脈(脈がゆっくり打つ)や洞停止(心停止)をおこして、めまいや失神をおこす病気です。
症状によってⅠ~Ⅲ群に分けられており、Ⅰ群は特定原因のない持続性の洞性徐脈、Ⅱ群は洞停止または洞房ブロック、Ⅲ群は徐脈頻脈症候群です。
原因は虚血性心疾患、サルコイドーシス、高血圧、心筋炎、心膜炎、心筋症、膠原病などのほかに、加齢にともなう洞結節機能の低下があります。

洞不全症候群の症状について

運動や発熱時などでも心臓拍動数の上昇がみられません。
突然脈が止まってしばらく心臓が活動しなくなるタイプもあります。
めまい、立ちくらみ、意識がもうろうとする、ろれつが回らない、労作時息切れ、全身の倦怠感、手足が冷たい、乏尿、失神しそうになる、失神などがあります。

洞不全症候群の治療法について

徐脈だけの軽い症状の場合には、抗不整脈薬の薬物療法がおこなわれます。
徐脈、めまい、失神などの症状があらわれた場合には、人工ペースメーカー埋め込み術が必要になります、さらに症状があって、心拍数が35以下か、心電図上で最大RR間隔が5秒以内の場合と、症状がなくて、心拍数が30以下か、心電図上で最大RR間隔が5秒以上の場合には人工ペースメーカーが必要となります。

関連記事

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつあつしょう

記事を読む

門脈圧亢進症の原因,症状,検査,診断,治療など

門脈圧亢進症とは 門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)とは、なんらかの原因によって

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)

記事を読む

期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種 心臓の内

記事を読む

動脈・静脈の病気の原因・症状・治療

動静脈瘻の概略や原因について 血液は動脈から毛細血管を通り静脈へ流れるのが普通ですが、動脈と静

記事を読む

肺の病気が原因で起こる心臓の病気

肺性心の概略や原因について 肺の病気が原因で、肺へ血液を送っている右心室に負担が生じて機能が低

記事を読む

低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

血圧というのは、血液が血管(動脈)の壁にかける圧力のことをいいます。 心臓が縮むときには、

記事を読む

感染性心内膜炎症を詳細に:原因,症状,治療,予防など

感染性心内膜炎症とは(概要) 私たち人間の心臓には心内膜(しんないまく)というなめらかな膜があ

記事を読む

心臓の心室・心房に異常が起こる病気の原因・症状・治療

心室頻拍の概略や原因について   心室頻拍を詳細に:原因,症状,検査,治療など 心室細動

記事を読む

心筋梗塞を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

心筋梗塞とは 心筋梗塞(しんきんこうそく)とは、心臓へと栄養や酸素を送る血管である冠動脈(

記事を読む

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

ぺルテス病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ペルテス病とは ぺルテス病(ぺるてすびょう)とは、大腿骨(だいたいこつ)の付け根

血清病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血清病とは 感染症法上では2類感染症、ジフテリア菌の飛沫(ひまつ)感染によって起こり

→もっと見る

PAGE TOP ↑