*

心臓の洞結節に異常が起こる病気の原因・症状・治療

公開日: : 心臓・血管の病気

洞不全症候群の概略や原因について

心臓の右心房の上部にある電気的刺激の発生場所である、洞結節やその周辺に異常が生じて、徐脈(脈がゆっくり打つ)や洞停止(心停止)をおこして、めまいや失神をおこす病気です。
症状によってⅠ~Ⅲ群に分けられており、Ⅰ群は特定原因のない持続性の洞性徐脈、Ⅱ群は洞停止または洞房ブロック、Ⅲ群は徐脈頻脈症候群です。
原因は虚血性心疾患、サルコイドーシス、高血圧、心筋炎、心膜炎、心筋症、膠原病などのほかに、加齢にともなう洞結節機能の低下があります。

洞不全症候群の症状について

運動や発熱時などでも心臓拍動数の上昇がみられません。
突然脈が止まってしばらく心臓が活動しなくなるタイプもあります。
めまい、立ちくらみ、意識がもうろうとする、ろれつが回らない、労作時息切れ、全身の倦怠感、手足が冷たい、乏尿、失神しそうになる、失神などがあります。

洞不全症候群の治療法について

徐脈だけの軽い症状の場合には、抗不整脈薬の薬物療法がおこなわれます。
徐脈、めまい、失神などの症状があらわれた場合には、人工ペースメーカー埋め込み術が必要になります、さらに症状があって、心拍数が35以下か、心電図上で最大RR間隔が5秒以内の場合と、症状がなくて、心拍数が30以下か、心電図上で最大RR間隔が5秒以上の場合には人工ペースメーカーが必要となります。

関連記事

脱水症を詳細に:分類,原因,症状,検査,治療,予防,術後など

脱水症とは(概要) 人間の体の大半は体液(血液、リンパ液、唾液、粘液、汗、消化液および尿な

記事を読む

心臓の僧帽弁に異常が起こる病気の原因・症状・治療

僧帽弁閉鎖不全症の概略や原因について 僧帽弁がきちんと閉じないために、収縮期に左心室から左心房

記事を読む

門脈圧亢進症の原因,症状,検査,診断,治療など

門脈圧亢進症とは 門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)とは、なんらかの原因によって

記事を読む

心臓の心筋に異常が起こる病気の原因・症状・治療

特発性心筋症の概略や原因について 心臓の筋肉に原因不明の障害がおこり、心臓の形状や機能に異常を

記事を読む

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60~100回

記事を読む

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつあつしょう

記事を読む

心臓の大動脈弁に異常が起こる病気の原因・症状・治療

大動脈弁狭窄症の概略や原因について 左心室と大動脈の間にある大動脈弁が充分に開かなくなる病気で

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)

記事を読む

動脈・静脈の病気の原因・症状・治療

動静脈瘻の概略や原因について 血液は動脈から毛細血管を通り静脈へ流れるのが普通ですが、動脈と静

記事を読む

バッド・キアリ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

バッド・キアリ症候群(ばっどきありしょうこうぐん)とは、肝臓から流れ出る血液を運ぶ肝静脈(か

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑