*

肺の病気が原因で起こる心臓の病気

公開日: : 心臓・血管の病気

肺性心の概略や原因について

肺の病気が原因で、肺へ血液を送っている右心室に負担が生じて機能が低下している状態で、心臓の病気ではなく、肺の病気が原因で心臓に異常がおきたものを肺性心といいます。
右心室が大きく(右室拡大)なったり、右心室のはたらきが悪く(右心不全)なったりします。
原因は急性肺塞栓症、特発性肺動脈性肺高血圧症、慢性肺血栓塞栓症、胸郭の変形、呼吸筋を動かす神経障害などがあります。

肺性心の症状について

動作時の息切れ、せき、疲れやすい、食欲低下、顔や足のむくみなどがあらわれます。
進行すると呼吸困難、酸素不足によるチアノーゼ、肝臓の腫れがおこります。

肺性心の治療法について

原因となっている疾患の治療をおこないます。
動脈の中の酸素の量が減少すると、肺血管の抵抗を上昇させ、肺性心を悪化させる要因となるので、酸素吸入を継続しておこないます。
右心室の負担を軽くするために、利尿薬や強心薬を使用します。

関連記事

脱水症を詳細に:分類,原因,症状,検査,治療,予防,術後など

脱水症とは(概要) 人間の体の大半は体液(血液、リンパ液、唾液、粘液、汗、消化液および尿な

記事を読む

心房粗動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心房粗動とは 心臓の内部は上下左右の4部屋に区切られており、上側の左右2部屋を左心房(さし

記事を読む

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fibrilla

記事を読む

心臓の僧帽弁に異常が起こる病気の原因・症状・治療

僧帽弁閉鎖不全症の概略や原因について 僧帽弁がきちんと閉じないために、収縮期に左心室から左心房

記事を読む

心臓の心筋に異常が起こる病気の原因・症状・治療

特発性心筋症の概略や原因について 心臓の筋肉に原因不明の障害がおこり、心臓の形状や機能に異常を

記事を読む

心臓の心室・心房に異常が起こる病気の原因・症状・治療

心室頻拍の概略や原因について   心室頻拍を詳細に:原因,症状,検査,治療など 心室細動

記事を読む

バッド・キアリ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

バッド・キアリ症候群(ばっどきありしょうこうぐん)とは、肝臓から流れ出る血液を運ぶ肝静脈(か

記事を読む

大動脈瘤を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈瘤とは 大動脈(だいどうみゃく)は体の真ん中を通って、心臓に直接つながっている一番太い動

記事を読む

リンパ浮腫の概略や原因について

リンパ浮腫の概略や原因について リンパは体内の体液循環の1つで、リンパ管が静脈に沿ってほぼ全身

記事を読む

感染性心内膜炎症を詳細に:原因,症状,治療,予防など

感染性心内膜炎症とは(概要) 私たち人間の心臓には心内膜(しんないまく)というなめらかな膜があ

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑