*

目の下のくまの症状・原因や予防・治療は?

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 目の病気 , , , , ,

目の下のくまの症状
目の下のくまは、疲れてみえるだけでなく、年齢より老けて見える原因にも
なります。年齢を問わず、気になされてる方も多くいらっしゃると思います。

目の下にくまは、目の周りのうっ血した黒っぽい血液の色が透けて見えたり、メラニン色素の沈着により黒ずんで見えたりしているものです。

目もとのくまを改善するだけで、表情は随分と若返り、人にあたえる印象は大きく変わるものです。どうぞこのサイトを参考に、くまを改善していただければ幸いです。

目のくまが、なぜ黒っぽく見えるのか?

■血流によるくま目の周りの皮膚は薄く、ここの静脈網に滞留した血液(うっ血)が透けて見えています。
血液の赤い色は、赤血球の中にある赤い色素であるヘモグロビンの色で、血流の良い状態では、ヘモグロビンはきれいな赤い色をしています。

血液(うっ血)した酸欠状態の血液では、ヘモグロビンが暗赤色になって皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるのです。青み~青紫っぽいくすみです。

・濃くなったり薄くなったり変化する。
・低血圧の人に顕著なのも特徴よく見られる。

■メラニン色素の増加によるくま 紫外線や、マッサージのやり過ぎで擦りすぎによるメラニンの生産量が多くなり、表皮内のメラニン色素が多くなっています。
血流によるくまに比べると、濃淡の変化がほとんどありません。
濃くなることはあっても、薄くなることはありません。

目の下のくま解消・改善

目くまの改善には、目元、目の周辺の血流を改善することが大切です。何よりもまずは、目を休ませることです。
一点を見続けたり、目を細かく動かした後は遠くをみたり、ホットタオル(蒸しタオル)で目のケアをしたりして休養させましょう。

そして、血行を良くするための目のマッサージを行いましょう。
一番良いのは、お風呂に入ったあとの血行が良くなっている時にマッサージをすることです。

両手の薬指で下まぶたから上まぶたまでぐるっと一周させるのを何度か繰り返すだけでOKです。目くまマッサージは、やりすぎないように注意してください。

目のまわりや瞼の皮膚はとても薄いので皮膚に刺激を与え過ぎると、逆に「色素沈着」による目くまの原因となることもあります。
また、慢性的に目くまがある方は、食生活の改善や運動などを行いましょう。

関連記事

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことです。 網

記事を読む

緑内障の原因

緑内障の原因・症状・治療について

緑内障の原因・症状・治療について 緑内障は、日本では失明原因の1位であり諸外国においても失

記事を読む

まぶたの痙攣(けいれん)の症状

まぶたの痙攣(けいれん)の症状・原因や予防・治療は?

まぶた(目)の痙攣とは、目の周りの筋肉の瞼(まぶた)がピクピク痙攣することで、自分の意志とは関係

記事を読む

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼の表面を流

記事を読む

白内障の原因

白内障の原因・症状・治療法・手術

目の病気には、多くの病気がありますが、その中でも特に白内障という病気が近年、急増しているようです

記事を読む

目のかゆみの症状

目のかゆみの症状・原因や予防・治療は?

目がかゆくなる原因はいろいろありますが、かゆくて目をこすると結膜や角膜を傷つけるので、かゆみが続

記事を読む

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

→もっと見る

PAGE TOP ↑