*

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

公開日: : 最終更新日:2017/09/12 男性に多い病気

精巣腫瘍とは

予備知識を得ておこう!

精巣(せいそう)とは、下腹部に位置する陰嚢(いんのう)という皮膚が袋状に下垂した部位のなかに格納されているもので、左右一対、直径4~5cmほどのたまごのような形をした臓器のことです。
精巣の別名は睾丸(こうがん)で、精子の産生や男性ホルモンの分泌という、重要な役割を担っています。

次に腫瘍(しゅよう)ですが、これは細胞が異常増殖してかたまりになったもののことであり、わかりやすくいうと「おでき」です。
そしてこの腫瘍は良性(りょうせい)腫瘍と悪性(あくせい)腫瘍に大別されます。
良性腫瘍は腫瘍と腫瘍でない部分の境目がはっきりとしていて、形がいびつではありません。

腫瘍の成長は一部だけに起こり、成長速度はゆっくりです。
大きくなることはあるものの、治療後の病気の経過はいいです。
なお、治療後の病気の経過がいいことを予後良好(よごりょうこう)といいます。

腫瘍が巨大化することがあるため、組織や器官が圧迫されてしまうことはあるものの、周囲の異常のない組織に浸潤(しんじゅん)することはなく、転移(てんい)することもありません。
最初に腫瘍が発生した臓器を原発部位(げんぱつぶい)といい、そこの腫瘍を原発巣(げんぱつそう)といいます。

浸潤は原発巣の細胞が直接、周囲の組織や臓器へと拡大していくことをさし、転移は原発巣から離れて血液やリンパ液の流れに乗り、別の部位で腫瘍を形成することをいいます。
良性腫瘍は切除後、再発を招いてしまうことはまれです。
一方の悪性腫瘍ですが、いわゆる癌(がん)は良性腫瘍ではなく悪性腫瘍のことをさしています。

良性腫瘍とは真逆といえるような特徴があり、腫瘍と腫瘍でないところの境目がはっきりしておらず、いびつな形をしています。
腫瘍の成長は速く、浸潤や転移を起こし、切除後に再発を起こしてしまうことも珍しくありません。

精巣腫瘍とはどんな病気?

精巣腫瘍(せいそうしゅよう)とは、精巣に形成される腫瘍のことであり、多くの場合は悪性腫瘍です。
精巣は男性にしか存在しない臓器であるため、精巣腫瘍は男性特有の病気の一つですが、100,000人に1~2人にしか引き起こされないまれな病気です。

年齢では15~35歳の男性の割合が高く、この年代の男性に引き起こされる悪性腫瘍のなかでは最多となっています。
進行速度が高く、別の臓器へと転移を起こしやすいため、精巣腫瘍を放置していると死亡してしまうことにもなりかねません。

ただ、医療が進化を遂げていることにより、精巣腫瘍が転移することなく精巣だけにとどまっている場合、現在では95%以上の人が完治する病気です。
転移を招いてしまった患者であっても、適切な治療を受けることによって70~80%の人がよくなります。

しかしながら、進行していると治療が困難になることがあり、生存率は下がります。
また、精巣の摘出を行なったあと、再発は20%で率で起こっています。

早期発見治療でよくなる病気であるため、異変を感じたときには、恥ずかしがることなく医療機関へ行くことが命を守るためには不可欠です。
なお、欧米の白人は日本人男性に比べて高頻度で、100,000人に4~6人程度に引き起こされることが知られています。

精巣腫瘍の原因

原因は解明されている?

精巣腫瘍の真の原因は、現状において不明なままです。
ただ、特定の病気があるということで、精巣腫瘍を引き起こしやすい人がいることは明確になっています。

停留精巣(ていりゅうせいそう)

前述した「特定の病気」の代表的なものが、この停留精巣です。
停留精巣というのは、誕生時に陰嚢内にまで精巣が下がってこない状態のことをさします。
停留精巣の場合、お腹のなかに精巣がとどまった状態です。

新生児の3~5%に発生する問題で、生後半年頃までは自然に精巣が下がってくることがあり、1歳まででは1%にまで割合が低下しますが、このあとは自然に精巣が陰嚢まで降りてくることはありません。
2,500g未満で生まれてきた赤ちゃんや、早産の赤ちゃんに引き起こされやすいのが特徴の一つです。

この停留精巣がある人は、調査によって数字には違いがあるものの、精巣腫瘍を引き起こしてしまう確率が40倍は高くなるという報告もあります。
この原因に関しても解明されていないものの、遺伝的な異常があることが精巣腫瘍が起こることと繋がりがあるのではないかという見方がされています。

また、精巣は左右一対ありますが、左か右のどちらかに停留精巣を起こしている人は、停留精巣を起こしていないほうの精巣にも、精巣腫瘍が形成される確率が高いことが知られています。
停留精巣は陰嚢内まで精巣を下げる手術でよくなります。

これによって精巣腫瘍が引き起こされやすい状態まで解消されるわけではないものの、陰嚢内に精巣がおさまっていることにより、精巣がはれ上がっていることを自覚しやすくなります。
一方、お腹のなかに精巣がとどまっていると、精巣腫瘍が形成されて精巣のはれが起こっていても、自覚しにくいというやっかいな問題が残ってしまいます。

遺伝

精巣腫瘍は、日本人男性と比較して欧米の白人男性のほうが倍以上の出現度数があります。
また、左または右に精巣腫瘍が形成された人は、逆側の精巣に精巣腫瘍が形成される確率が2~3%あることが明確になっています。

こうしたデータによって、生まれつき精巣腫瘍を引き起こしやすい素質があるのではないかという見方がされています。
そのほか、精巣腫瘍を引き起こした人の兄弟は、同じ病気を招くリスクがわずかに高いという話がありますが、逆の結論を示している調査報告もあります。

また、親から子どもへと精巣腫瘍という病気自体が受け継がれてしまうことはありません。
精巣腫瘍を引き起こしていたとしても、精巣で産生されている精子までが病気を起こしているということではないです。
ただ、このあと解説する不妊症との繋がりがある点には注意が必要といえるでしょう。

不妊症(ふにんしょう)

精巣腫瘍の直接の原因になるわけではないものの、精巣腫瘍を起こしている人では、手術で精巣を摘出するなどの処置をほどこす以前に、大体25%の人が不妊症になっていることが明確になっています。

不妊症を招く一因となる精巣の発育不全などを起こしていると精巣腫瘍が形成されるリスクが高いため、このようなデータが出ているのではないかという見方がされています。
また、反対に精巣腫瘍を起こしてしまうと不妊症になるリスクが高いことがわかっています。

抗がん剤や放射線による治療が行なわれることで、一時的か生涯にわたって精子を産生する能力が落ちてしまうケースがあります。
そのほか、抗がん剤を使った治療のあとにリンパ節の摘出を行なう手術で、射精を行なうための神経が障害されてしまい、射精が不可能になって自然妊娠が望めなくなってしまうリスクもあります。

このような形での不妊症の対策としては、精液保存をあげることができます。
不妊症になるリスクのある治療を受けるまでに精液保存をしておくことにより、事前に残しておいた精子を使用して人工授精をすることが可能です。

精巣腫瘍の症状

無痛性精巣腫大(むつうせいせいそうしゅだい)

精巣腫瘍はたいてい、痛みの症状や熱が出る症状が起こりません。
陰嚢内の精巣が部分的に硬くゴツゴツしたり、はれあがったりする無痛性精巣腫大の症状が引き起こされます。

精巣腫瘍が進行するとどうなる?

精巣腫瘍を放置して悪化すると、腹部の膨張や咳(せき)で胸が苦しくなるなどの症状が出現するようになります。
このような精巣に起こる症状とは別のところで出現する症状が認められる場合には、癌が転移を起こしている疑いが濃厚です。

転移を起こしていると生存率は精巣内に癌がとどまっている場合に比べて低くなりますので、極力はれなどの症状が起こっている時点で異変を感じ取り、医療機関へ行くことが大切です。

痛みを伴うことは絶対ない?

「たいてい」痛みはないのであり、精巣腫瘍を引き起こした人の全員が痛みの症状を訴えないわけではありません。
精巣腫瘍を引き起こしている10~30%程度の人に、精巣の痛みを感じる症状が出現します。

このため、痛みがないイコール精巣腫瘍ではないと判断して、油断するのは危険です。
なお、痛みがある場合には精巣腫瘍以外にも、精巣炎(せいそうえん)や精巣上体炎(せいそうじょうたいえん)を引き起こしている疑いもあります。

精巣炎

精巣炎は精巣腫瘍と同じ場所である精巣に炎症が生じる病気です。
子どもに起こることは珍しく、大人がおたふく風邪を起こしたあとに精巣炎を招くケースが多いです。

おたふく風邪を起こした男性の大体10~30%が精巣炎になり、続いて後述する精巣上体炎を引き起こすことも珍しくありません。
症状は精巣の強い痛みや精巣がはれあがるほか、発熱や倦怠感(けんたいかん)などがあります。

おたふく風邪の病原体であるムンプスウイルスには特効薬がないため、痛みや熱を抑制する薬を使用したり、陰嚢の冷却や安静を保つという方法で回復を待つ形になります。
左右の片側に起こることが多いものの、両側の精巣に炎症が生じた場合、無精子症(むせいししょう)になって男性不妊を起こしてしまうことにもなりかねません。

精巣上体炎

精巣上体炎は、精巣の隣に位置し、精巣で産生された精子を貯蔵し、成熟させる役割を担っている精巣上体に炎症が生じる病気です。
急性と慢性の2種類が存在し、主に急性精巣上体炎は大腸菌、淋(りん)菌、クラミジアなどの感染によって、慢性精巣上体炎は急性期の治療が不十分であったことや結核菌感染によって引き起こされます。

急性精巣上体炎では陰嚢の痛み、陰嚢が赤くはれる、陰嚢や全身の発熱、排尿痛などがあり、慢性精巣上体炎は陰嚢のにぶい痛みや違和感が長く持続するのが主な症状です。
治療は急性精巣上体炎の場合は抗菌薬や解熱鎮痛薬の使用、陰嚢の冷却、安静、慢性精巣上体炎の場合は抗菌薬や痛み止めなどの使用などを行ないます。

精巣上体炎は精子が通過していく場所に炎症が起こるため、精子が通過しにくくなる後遺症が残ることがあり、左右の両方に炎症が生じた場合には男性不妊を招いてしまうケースがあります。
ただ、精巣炎と一緒で左右の片側に起こることが多く、両側に起こるのは比較的珍しいケースといえるでしょう。

精巣腫瘍の検査・診断

どういう場合に精巣腫瘍の疑いがある?何科に行けばいい?

医療機関を受診したほうがいいのは、前述した精巣腫瘍にあてはまるような症状が出現している場合です。
精巣が通常よりはれて大きくなっていることに気づいたり、触ってみて通常より硬くゴツゴツしていることがわかったりした場合には、病院へ行きましょう。

また、痛みの症状が出現する精巣腫瘍の人もいます。
精巣腫瘍でない場合でも精層炎や精巣上体炎などの病気を引き起こしている疑いがあり、放置しておくのは危険です。

なお、診療科に関してですが、泌尿器科へ行けば対応してくれます。
診る場所が場所なだけに恥ずかしいと感じる人もいるでしょうが、診る側の医師などは日々、たくさんの患者と接し、男性器を診ているため、向こうはなんとも思っていません。

自分の命を守るためにも、異変を感じたらすぐに、気軽に病院へ行ってみましょう。

どうやって精巣腫瘍かどうかを調べる?

はじめに触診(しょくしん)を行ないます。
これは文字通り、体に触ることで診断する方法であり、触診以外では超音波(エコー)検査で陰嚢のなかの状態を確認します。
こうした診断・検査方法で精巣腫瘍の可能性ありと判断された場合に行なわれるのが血液検査です。

腫瘍マーカーといいますが、HCG(ヒト絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピン)、AFP(アルファフェトプロテイン)、LDH(乳酸脱水素酵素(にゅうさんだっすいそこうそ))という物質を確認します。
なお、悪性腫瘍の進行と連動して増加する物質のことを腫瘍マーカーといいます。

この物質が精巣腫瘍の場合、全部の数値が高値を示すとは限りませんが、どのぐらい高くなっているのかということと、その後の回復のしやすさとは繋がりがあります。
また、治療を行なっているときの効果判定や、経過を見ていくなかでの再発を確認する目的としても、腫瘍マーカーを測定する血液検査は有用です。

精巣腫瘍を引き起こしている疑いが濃厚である場合、病院へ行ったあと7日間以内ぐらいのタイミングで精巣の摘出手術が行なわれます。
精巣の摘出を行なう前後に画像検査であるCT検査によって、精巣腫瘍が別の部位に転移を起こしていないか調べます。
あとは摘出した精巣を顕微鏡で調べ、血液検査や画像検査の結果も含めて最終的な精巣腫瘍の診断が下されます。

顕微鏡での判定は病理検査といいますが、結果が出るまでには何週間もの期間を要することがあります。
そのため、精巣腫瘍が起こっていることがはっきりしていて、転移を起こしている場合には、顕微鏡での判定結果を待つことなく診断を下し、抗がん剤を使った治療がスタートする形になります。

精巣腫瘍の治療

精巣摘出

精巣腫瘍の治療と診断を兼ねて、はじめに精巣の摘出手術が行なわれます。
高位精巣摘除術(こういせいそうてきじょじゅつ)といって、腹部の下のほうに傷ができる方法です。

精巣は左右に計2個存在するため、左か右のどちらかを失ったとしても、残りの精巣の精子を産生する機能に問題がなければ、十分な量の精子が産生されるため、不妊症を招くことはありません。

このほか、精巣には男性ホルモンを分泌する役割もありますが、左右のどちらかが残っていれば十分に機能するため、勃起する能力などが低下してしまうような心配もないです。

精巣腫瘍の種類

精巣摘出後、どのような方法で回復を目指すのかは、精巣腫瘍の種類や後述する精巣腫瘍の進行具合(ステージ)によって異なります。

まず精巣腫瘍の種類ですが、残りの約5%を除いて精巣の胚細胞(はいさいぼう)から形成された癌(胚細胞腫瘍(はいさいぼうしゅよう))であり、胚細胞腫瘍にはさらに精上皮腫(せいじょうひしゅ)と非精上皮腫(ひせいじょうひしゅ)があります。

精巣腫瘍のステージ

精巣腫瘍にはステージⅠ、ステージⅡ、ステージⅢの3種類があり、数字が大きいほど病気が進行していることを意味しています。

ステージⅠは悪性腫瘍が精巣とは別の部位に転移を起こしていない状態、ステージⅡとステージⅢは悪性腫瘍が精巣とは別の部位に転移を起こしている状態です。
ステージⅡとⅢは、起こっている転移の程度に応じてどちらにあてはまるのかが変わります。

ステージⅠの場合

精巣腫瘍が精巣だけに形成されており、別の部位への転移を起こしていない状態では、経過観察もしくは再発を未然に防ぐことを目的として、抗がん剤を使用します。

精上皮腫の場合には、これにプラスして放射線治療を行なうことが効果的です。
精上皮腫に限定されているのは、非精上皮腫の場合、精上皮腫に比べて放射線治療の効果が低いためです。

ステージⅡ以上の場合

ステージⅡ以上ではほかの部位に転移を起こしてしまった状態です。
初期の精上皮腫に対しては放射線治療が選択されるケースがありますが、これ以外のケースでは基本的に抗がん剤が使用されます。

抗がん剤治療として採用されているのはBEP療法で、この治療は3種類の抗がん剤(シスプラチン、エトポシド、ブレオマイシン)を使用する方法です。
BEP療法の結果、腫瘍マーカーが正常値にまで低下し、CTなどの画像検査で癌が確認されなければ治癒したことになり、そのあとは経過を見ていく形になります。

BEP療法を行ない、CTなどの画像検査で癌が残っていても、腫瘍マーカーが異常がないレベルまで改善していれば、残りの悪性腫瘍を手術によって摘出し、癌が完全にいなくなったかどうかを調べます。

そのほか、BEP療法で腫瘍マーカーが正常値にまで改善しない人に対しては、救済化学療法(きゅうさいかがくりょうほう)といって、別の種類の抗がん剤(一般的なのはTIP療法)を使用する方法が選択されます。

BEP療法が功を奏さなかった場合には難治性の精巣腫瘍と判断されることになりますが、うまくいけば救済化学療法によって回復できる見込みはあります。

回復するまでに要する期間

まず行なわれる高位精巣摘除術では、7日間ほどの入院をします。
BEP療法は途中の外泊や一時退院の許可は出るものの、基本的に入院して受けることになり、治療1~5日目までエトポシドとシスプラチンを静脈内注射し、2日目、9日目、16日目にはブレオマイシンの静脈内注射をします。

治療21日目までを1コースとし、トータル4コースにわたって行ないます。
4回のBEP療法では、3ヶ月間の期間が必要です。
救済化学療法で選択されている抗がん剤のTIP療法は、3週間ごとに4回行ないます。

この治療方法でも、トータルすると3ヶ月間を費やすことになります。
TIP療法が功を奏さない場合にはまた別の治療方法を試みることになりますが、この場合にもまた3ヶ月ほどの期間が必要です。
また、抗がん剤の使用で腫瘍マーカーの数値がよくなったものの、腫瘍のかたまりがまだ存在しているケースがあります。

この場合にはかたまりを摘出して癌なのか、死んだ細胞なのか、良性腫瘍なのか把握するのですが、手術の用意と手術を終えたあとの療養で2ヶ月ほど費やすことになるでしょう。
ここまでの期間を合計すると、長くかかる人では回復までに1年程度の期間を要することがあります。
なお、精上皮腫では放射線療法が選択されることがありますが、これは外来でひと月ほどの期間をかけて、月~金曜日まで続けて病院に行くことになります。

回復後の通院

治療を受けた結果、一度はよくなったように思えても、癌の再発や抗がん剤や放射線治療の後遺症が引き起こされたりするリスクがあります。
そのため、治療のあとにも通院していくことになるのが基本です。

2~3ヶ月に1回、重い病状の人は1ヶ月に1回、治ったあとの2年間は医療機関に通い続けることになります。
2年間が経過したあとは、通院する頻度は下がるものの、6ヶ月に1回は病院通いをします。

2年が経っても再発するリスクはあり、精巣腫瘍を起こしていなかった側の精巣に腫瘍が形成されることもあるためです。
5年間にわたる通院を続けてようやく完治したといえるような状態になりますが、100%ではありません。

1%を下回る非常に低い確率ではありますが、5~10年間で再発を招いてしまうことはあります。
治療後5年が過ぎたあとも経過をみていくかどうかは、医師の判断にゆだねることになるでしょう。

関連記事

陰のう水腫を詳細に:原因,症状,検査,治療など

陰のう水腫とは? 陰のう水腫(いんのうすいしゅ)とは、左右の精巣(睾丸)が格納されてい

記事を読む

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いんのう)とい

記事を読む

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢(いんのう

記事を読む

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産生される精

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑