*

器質性精神障害の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 精神・心の病


精神疾患のなかには、内分泌疾患が脳機能に作用するもの、脳梗塞などのように脳自体に障害があらわれるものがあります。
そういったものの総称が「器質性精神障害」です。
これに対して身体疾患にもとづく精神障害を「症状性精神障害」と呼んで、区別することもあります。
器質性精神障害で見られる主な症状は、意識障害と認知症の2つだと言われています。

意識障害の程度はさまざまで、人によって症状は大きく異なります。
強い刺激を与えても目覚めないような昏睡状態、意識があるように見えるのにぼんやりとしてときどき眠ってしまうような軽度なものまでいろいろあるのです。
場合によっては、幻覚や妄想といった症状があらわれることがあります。
さらに、支離滅裂な発言を繰り返して興奮状態となったりすることもあります。
そのため、ほかの病気だと誤診され、正しく意識障害と診断されない場合もあります。

認知症は、問題なく発達した知的能力が、脳の器質変化の影響を受けて低下することを言います。
知能や記憶に関わる障害とともに、もともとの性格が変わってしまう人格変化などの症状があらわれます。
妄想や幻覚、うつ状態、情動不安定といった症状が見られる場合もあります。
時間が経過するにつれて悪化していくことがほとんどで、症状の悪化によって自分の名前すらわからなくなるケースも多々あります。

器質性精神障害の原因は、アルツハイマー病や脳腫瘍など脳に障害を引き起こす病気であると言われています。
また、脳出血や脳梗塞などの脳血管に関係する障害が原因となって起こることもあります。

交通事故などによって、脳になんらかの損傷が与えられて場合も障害があらわれやすくなります。
脳しんとうや脳挫傷、頭蓋内出血などによる影響は大きく、なんらかの障害として表出することも珍しいことではありません。
精神活動は脳神経によって行われるので、脳神経にトラブルがあれば精神障害があらわれるのも当然だと言えるのです。

意識障害にあてはまるような症状を発見したら、早急に専門医の診察を受ける必要があります。
そして、器質性精神障害なのか、もしそうだとしたら原因は何なのかをはっきりさせます。
さまざまな障害のなかでも、とくに意識障害はできるだけ早く処置をすることが望ましいので、おかしいと思ったらすぐに医療機関に相談しましょう。

器質性精神障害の診断では、MRIやCTなどの脳画像検査、脳波検査はもちろん、ほかにもいろいろな検査の結果によって判断されます。
設備が十分に整った病院でないと対応できないので、大きな病院に行くようにしましょう。

治療では原因として考えられる身体疾患や脳器質疾患の治療が優先的に行われます。
認知症が見られる場合は、薬物療法を行いながら生活環境を整備し、リハビリも行います。
膠原病や脳炎などは、内科的治療が実施され、頭部外傷や脳腫瘍などが見られる場合は外科的処置が行われることになります。
精神症状が顕著にあらわれている場合は、向精神薬を使って治療を進めていきます。
このように、器質性精神障害の症状は多岐にわたるので、治療もひとつひとつの症状にあわせて行う必要があります。

器質性精神障害の多くは、症状が慢性化するという傾向が見られます。
そのため、症状がある程度改善したあとも、通院をして治療を継続する必要があります。

薬を用いて治療をしている場合は、もう症状がおさまったから必要ないと勝手に服用を中止すると精神症状がひどくなることがあります。
主治医の指示のとおりに、服用を続けることが大切です。
市販薬を用いる場合は、あらかじめ主治医に聞いておくと安心です。

認知症が悪化すると、周囲の人間と意思疎通がしづらくなります。
ですが、人間の尊厳が失われることはあってはならないので、周囲の人間は十分に理解したうえで接することが大切です。
現状ではたらいている機能に注目して、それを活かすためのサポートを続けることで、症状が軽減する可能性はあります。
ですが、家族がきめこまやかなサポートをすることがむずかしい場合があります。
そういった場合は、地域の福祉機関のサポートを受けて、介護をつづけていくようにしましょう。

関連記事

言語発達障害・学習障害の特徴や症状、治療・予防などについて

言語発達障害および学習障害は、どちらも幼児期に見られることが多い障害です。 知的遅れが見られな

記事を読む

自律神経の働きや役割のまとめ

自律神経の働き 「自律神経」というのは、日常生活の中で、私たちが特に意識しなくても身体の機能を

記事を読む

気象病の特徴や症状、治療・予防などについて

昔から「古傷が痛むと雨が降る」などと言われているように、天気と体調は関係性が深いと考えられてきま

記事を読む

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

痙性斜頸の原因・症状 痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方

記事を読む

解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法

こちらでは、解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法などについて、ご紹介しています。

記事を読む

赤面恐怖の特徴や症状、治療・予防などについて

たくさんの人がいるなかで自分の意見を述べたり、目上の人と話したりするときに緊張して顔が赤くなって

記事を読む

分離不安障害の特徴や症状、治療・予防などについて

分離不安障害の原因・症状 わたしたちは生まれた時点で自立しているのではなく、はじめは母親や父親

記事を読む

気分障害の特徴や症状、治療・予防などについて

日常的に気分の浮き沈みがあるのはあたりまえのことですが、自分の周辺で起きたできごととは無関係に気

記事を読む

性同一性障害の特徴や症状、治療・予防などについて

女性が自分を男性だと思い、男として生きたいと思うこと、同じように男性が自分を女性と思って女性のよ

記事を読む

自律神経失調症の症状のまとめ

自律神経失調症の症状 『自律神経失調症』というのは、身体にはハッキリとした原因がないのに、スト

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑