*

過敏性膀胱(心因性頻尿)の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 最終更新日:2015/04/27 精神・心の病


精神的・心理的な緊張状態に陥ることで強い尿意をもよおし、その尿意に強いこだわりを感じる頻尿のことを「心因性頻尿」と言います。
心因性頻尿となると始終自分の尿意に注意が向いてしまうため、さまざまな行動が制限されてしまいます。
尿意へのこだわりが過剰に強いせいで、周囲の人間にトイレに行く回数が多いことを知られることに恐怖を感じます。
そのため、尿意をなんとか我慢しようとしますが、そう思えば思うほど尿意は強くなるという悪循環に陥ってしまうのです。

心因性頻尿は、体や心に蓄積された疲労やストレスが発症の一因と考えられています。
膀胱はほかの器官と比べてストレスの影響を受けやすいので、頻尿などの症状があらわれやすいのです。

そのため、ストレスや疲労がなくなることで、頻尿がある程度おさまったということもあるようです。
症状を改善するためには、根本にあるストレスの原因を探る必要があると言えるでしょう。

心因性頻尿の特徴のひとつが、子供や若い年代の男性が発症しやすいということです。
受験の失敗や生活環境の変化、ストレスといったことが原因となって発症していると考えられます。
子供の場合は尿をもらしてしまうことで周囲の子供からからかいの対象となることがよくあります。
その影響で、心因性頻尿が発症してしまうケースも見られます。
おもらしを恐れるあまりにトイレの回数が極端に増えて、学校生活に支障が出ることもしばしばあります。
子供の心のケアを徹底するとともに、尿意を感じたときにどう対処したらいいのか一緒に考えることが大切です。

心因性頻尿の治療は、精神的な方法が主体となります。
まずは頻尿が起こる原因を明確にして、患者自身がそれを自覚することが第一となります。
場合によっては、精神科あるいは心療内科の医師にサポートしてもらうことになるでしょう。
精神安定剤や精神神経調整薬などを用いた薬物療法はあくまでも補助的な役割ですが、暗示的効果によって思わぬ効果が発揮される場合もあります。

関連記事

赤面恐怖の特徴や症状、治療・予防などについて

たくさんの人がいるなかで自分の意見を述べたり、目上の人と話したりするときに緊張して顔が赤くなって

記事を読む

心気症の特徴や症状、治療・予防などについて

心気症は本当は病気ではないにも関わらず、病気だと思い込んでいる状態を言います。 体になんらかの

記事を読む

自律神経失調症の原因についてのまとめ

一番の原因はストレス 自律神経失調症を起こす原因は、いくつか考えられますが、その中でも一番多く

記事を読む

器質性精神障害の特徴や症状、治療・予防などについて

精神疾患のなかには、内分泌疾患が脳機能に作用するもの、脳梗塞などのように脳自体に障害があらわれる

記事を読む

ADHD_注意欠陥多動性障害の特徴や症状、治療・予防などについて

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、不注意あるいは多動性・衝動性のどちらかあるいは両方が原因となっ

記事を読む

白衣高血圧症の特徴や症状、治療・予防などについて

普段の生活では正常な血圧を示しているのに、病院や診療所などで医師や看護師に血圧を測定してもらうと

記事を読む

アスペルガー症候群と他の病気との関連性をみてみましょう

こちらではアスペルガー症候群と他の病気との関連性についてご紹介しています。 アスペルガ

記事を読む

解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法

こちらでは、解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法などについて、ご紹介しています。

記事を読む

薬物依存の特徴や症状、治療・予防などについて

薬物を欲する過度な欲求が抑えきれずに、薬物をつかってしまうことを薬物依存と言います。 昔は薬物

記事を読む

気分障害の特徴や症状、治療・予防などについて

日常的に気分の浮き沈みがあるのはあたりまえのことですが、自分の周辺で起きたできごととは無関係に気

記事を読む

酒さ様皮膚炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

酒さ様皮膚炎とは 酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)とは、長期間、顔に副腎皮質(ふく

近視を詳しく:原因・症状・検査・治療など

近視とは 眼に入ってきた光が角膜(かくまく)、続いて水晶体(すいしょうたい)を通って

急性胆のう炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

急性胆のう炎とは 急性胆のう炎(きゅうせいたんのうえん)とは、肝臓で産生された胆汁(

ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)とは 涙は悲しいできごとがあったときや、感動し

ロコモティブシンドロームを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ロコモティブシンドロームとは ロコモティブシンドローム(ろこもてぃぶしんどろーむ)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑