*

自律神経失調症の症状のまとめ

公開日: : 精神・心の病

自律神経失調症の症状

『自律神経失調症』というのは、身体にはハッキリとした原因がないのに、ストレスなどの精神的なものが影響して、「自律神経症状」と呼ばれる様々な症状が出てくる病気です。
この自律神経症状には、数えきれないほどのものがあるのですが、代表的なものだけでも、「全身の倦怠感」や「めまい」、「頭痛」、「動悸」、「血圧の上下」、「下痢」、「不安感」、「緊張」、「イライラ」、「発汗」、「ふるえ」、「肩こり」、「吐き気」、「食欲不振」、「不眠」などが挙げられます。
実際には、ここに挙げたもの以外の症状でも、自律神経失調症と診断されることもあるでしょう。
しかし、これらの症状を見てもわかる通り、自律神経失調症特有といえるようなものはありません。
場合によっては、「うつ病」や「パニック障害」、あるいは他の病気という可能性もありますから、実は自律神経失調症というのは診断が難しい病気でもあります。
ですから、病院で診察を受ける際にも、本当に自律神経失調症なのか、あるいは他の病気なのかを判別するために“問診“や“面接”、各種の“検査”などが行われ、それらの結果から総合的に判断されるというのが一般的なようです。
ただ、基本的に身体には特に原因と思われるものが見当たらず、それでいて症状は明らかにあらわれるため、なかなか判断がくだされないまま、いくつかの病院を転々とするというケースもあるようです。
しかも、いろいろな病院で見てもらっている時に医師から言われた言葉が気になってしまい、かえって症状が悪化するケースもありますから、注意しておきましょう。

心身に現れる様々な症状

自律神経失調症になると、数えきれないほどの症状があらわれるようになります。
これらの症状は、心身両面にあらわれるものですが、ここで一度、精神的な面にあらわれるものと、身体的な面にあらわれるものを分類しておきましょう。
まず、精神的な面にあらわれる症状の代表的なものとしては、「人間不信」や「情緒不安定」、「不安感」、「イライラ」、「抑うつ気分」、「緊張」などが挙げられます。
続いて、身体的な面にあらわれる症状の代表的なものには、「めまい」や「冷や汗」、「体の一部が震える」、特に緊張していないのに「脈が速くなる」、「血圧が激しく上下する」、「立ち眩み」、「耳鳴り」、「吐き気」、「頭痛」、「微熱」、「過呼吸」、「生理不順」、「下痢」、「頭痛」、「肩こり」、「不眠」などがあります。
これらのうち、どの症状が色濃く出るのかというのは個人差が大きいため、特定することはできません。
中には、精神的な症状はなく身体的な症状だけがあらわれるというケースや、その逆、あるいは上記に含まれないような症状が見られるというようなケースもあるでしょう。
ただ、どの症状を見ても、自律神経失調症だけに特有というものはありませんから、詳しく調べないまま判断してしまうのは危険です。
自己判断で自律神経失調症だと思い込んでいたら、実は別の病気だったという可能性も考えられますから、まずは専門医に相談して、適切な診断を受けることが何よりも重要です。

自律神経失調症のチェック

自律神経失調症が診断の難しい病気であることは、これまでもお話してきたとおりです。
そのため専門医では、“問診“や“面接”、各種の“検査”などを行い、それらによる総合的な判断のもとで自律神経失調症かどうかを見極めています。
ここでは、一般的によく行われている、自律神経失調症のチェック項目をご紹介しておきましょう。
1.安静の状態でも「動悸」や「息切れ」、「胸痛」などがあるかどうか。
2.「嘔吐」や「下痢」、「便秘」など、胃腸に問題がないか。
3.皮膚の色が青白くなったり、赤くなったりしていないか。
4.異常に汗をかいていないか。
5.「めまい」や「耳鳴り」、「頭痛」がないか。
6.気を失ったことがあるかどうか。
7.常に疲れていないか。
8.緊張しやすいか。
9.人との付き合いを難しいと感じるか。
10.不幸で死にたいと思うことがあるか。
11.家族に「うつ傾向」はあるか。
12.家族に精神病院に入院した人はいるか。
13.いつも落ち着かないと感じることはあるか。
14.特に何もないのにイライラすることはあるか。
15.特に何もないのに震えることはあるか。
16.何かに怯えることがあるか。
17.ストレスが体調に影響しやすいか。
これらが、一般的に自律神経失調症かどうかを判断する時に用いられているチェック項目の内容となります。
ただし、これらに当てはまるものが多いからといって、必ずしも自律神経失調症であるとは限りませんから、判断を急がず、まずは専門医に相談をしましょう。

心身症との違い

「自律神経失調症」と「心身症」に対して、似たようなイメージを持っているという方は多いと思います。
では、この2つの病気の違いとは、一体どんなものなのでしょうか。
“日本心身医学会“によると、心身症とは、「身体疾患の中で、その発症や経過に、心理・社会的因子が密接に関与し、器質的病変、ないし機能的障害が認められる病態を持つ身体疾患をいう。
ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する」という風に定義されています。
要は、精神的な原因が元になって、身体に症状や病変が現れているのであれば、それを心身症と呼んでいます。
そして、この心身症の中には、「器質的病変」と「機能的障害」という2種類のものがあります。
器質的病変というのは、病巣などの原因がハッキリとしているもので、機能的障害の方は、特に原因が見当たらないのに症状が出ているというものです。
自律神経失調症は、この機能的障害の方に当てはまります。
ですから、自律神経失調症というのは、心身症の中のひとつの病態ということができるでしょう。
ただし、一般的に心身症という場合には、特定の器官だけに症状があらわれるということが多いのですが、自律神経失調症の場合は、身体のあらゆるところに症状があらわれるばかりでなく、その症状が出たり消えたりするという特徴があります。
ここは、自律神経失調症と心身症の大きな違いということができるでしょう。
いずれにしても、精神的なものが原因ですから、どちらもデリケートな病気であることは確かです。

神経症との違い

「自律神経失調症」と似たようなイメージを持たれやすい病気のひとつに、「神経症」があります。
神経症は、正式には「神経症性障害」という名称で、「不安障害」などと呼ばれることもあります。
その原因は、“強い不安感”や“緊張”といった、心理的なものが原因となり、心身の不調があらわれるというもので、この点では自律神経失調症や心身症と似ているといってもいいでしょう。
神経症は、その症状によって細かく分類されていて、「全般性不安障害」や「恐怖神経症」、「対人恐怖症(社会不安障害)」、「強迫性障害」、「心気症」、「パニック障害」などがあります。
では、自律神経失調症と神経症の違いは何なのかというと、それは、どんな症状があらわれるのか、というところから判断されます。
通常、心理的・精神的な原因のために、主に“身体的な症状”があらわれるものを自律神経失調症と呼び、“精神的な症状”が強くあらわれるものは神経症と呼ばれているのです。
とはいえ、自律神経失調症の場合でも精神的な症状は見られますし、その逆に、神経症でも身体的な症状があらわれるというケースもあります。
また、元々は自律神経失調症だったのに、それを気に病むあまり、神経症の症状も見られるようになったいう例もあるようです。
ですから、この2つの病気に絶対的な境界線を引くことはできませんが、どちらの傾向が、より色濃くあらわれているのかということが判断基準となるでしょう。

関連記事

離人神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

離人神経症はあまり一般には知られていませんが、精神障害のひとつに数えられる障害です。 WHOの

記事を読む

解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法

こちらでは、解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法などについて、ご紹介しています。

記事を読む

慢性疲労症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

慢性疲労症候群の原因・症状 慢性疲労症候群とは、原因不明の疲労感が半年以上継続していることを言

記事を読む

アスペルガー症候群の症状や特徴などを詳しく

アスペルガー症候群は言語による会話能力があるにもかかわらず、自閉症と同じようなコミュニケーション

記事を読む

うつ病の原因・症状・治療について

うつ病とは気分がひどく落ち込み、何にも興味が持てなくなり、何もしたくないという気持が出てきて、体

記事を読む

過敏性膀胱(心因性頻尿)の特徴や症状、治療・予防などについて

精神的・心理的な緊張状態に陥ることで強い尿意をもよおし、その尿意に強いこだわりを感じる頻尿のこと

記事を読む

発達障害による症状や特徴

知的障害の症状や特徴 知的機能に制約があること、そして適応行動に制約が伴うこと、最後に発達期に

記事を読む

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

痙性斜頸の原因・症状 痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方

記事を読む

心身症の特徴や症状、治療・予防などについて

心身症は神経症や精神病などと混同されて、単純な「心の病気」ととらわれることが多いようです。 た

記事を読む

器質性精神障害の特徴や症状、治療・予防などについて

精神疾患のなかには、内分泌疾患が脳機能に作用するもの、脳梗塞などのように脳自体に障害があらわれる

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑