*

解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法

公開日: : 精神・心の病


こちらでは、解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法などについて、ご紹介しています。
解離性障害とは、精神的な原因で精神や身体に様々な症状を訴えるものです。
ある期間の記憶がぽっかりとなくなったり、人格が突然変わってしまったり、また立てない、手足が動かない、感覚が麻痺するなどさまざまです。
しかし、身体には異常が無いので身体を検査しても原因はわかりません。
どうぞこちらを参考に、解離性障害を改善していただければ幸いです。

解離性障害(解離型ヒステリー)とは

解離性障害とは、精神的な原因で精神や身体に様々な症状を訴えるものです。
ある期間の記憶がぽっかりとなくなったり、人格が突然変わってしまったり、また立てない、手足が動かない、感覚が麻痺するなどさまざまです。
しかし、身体には異常が無いので身体を検査しても原因はわかりません。
どうぞこのサイトを参考に、解離性障害を改善していただければ幸いです。
普通、人の心にはまとまりがあり、その状態を同一性があるといいます。
ところが強い葛藤に直面して圧倒されたり、それを認めることが困難な場合に、自分の心を分離する事で対処しようとします。
一定期間の記憶や自分に対する認識などが意識から切り離されてしまう障害です。
●解離性健忘(かいりせいけんぼう)
●解離性遁走(とんそう)
●解離性同一性障害
●離人症性(りじんしょうせい)障害
などの障害があります。
3歳~13歳で虐待を受けた場合に最も発症の確率が高いとされており、いくつかの条件が重なり合う形で被虐体験があった場合に限り発症するということがいわれています。
連続した虐待、愛情の不足つまり虐待されることによって生じた耐えがたい苦痛な『意識』を、自分から『切り離す』ということが『無意識下で』為され、その際に自己暗示能力が最大限に発揮された結果、別人格が生まれます。
愛情の不足というのは、要するに近親者から十分な愛情を与えられている幼児では、近親者が幼児の様子に注意を払い虐待を未然にあるいは深刻になる前に防げるものであり、また別な観点でいうならば、解離性同一性障害の場合の虐待は近親者からのものであることがほとんどであることが挙げられています。
このふたつの意味で「愛情の不足」は発症原因の重要項目とされています。

解離性健忘の症状

衝撃的な出来事や非常に不快な感情をともなう体験をした一定期間の記憶がなくなってしまう状態です。
普通の物忘れで説明できるレベルでもなければ、外傷など、何か脳に障害があるために起こったわけでもありません。
多くは部分的、部分的な健忘ですが、まれに長期にわたる全生活史健忘の形をとることがあります。

解離性遁走の症状

放浪は予期しないときに突然おこり、家庭や職場などの日常的な場所を離れて放浪し、本人にその間の完全あるいは部分的な健忘をともなうものをいいます。
放浪は、時に数百キロを越えることもあり、遁走の間は、自分が誰であるかわからず、遁走の以前はもとより、その最中に起こった出来事の記憶も失われていることがあります。
これらはアルコール、ドラッグなどの物質または他の一般身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではありません。

解離性同一性障害の症状

いわゆる多重人格(たじゅうじんかく)と呼ばれる状態です。2つ以上のはっきりと区別される同一性またはパーソナリティ状態の存在人格が一人のなかに存在し、それぞれの人格ごとに独立した行動をします。
通常、主人格(もともとの人格)はそれ以外の人格による言動を直接には知りませんが、主人格の言動は他の人格に知られています。
普通のままでいたのではとうてい耐えられず、かつ強い恐怖のために、自分の心を防衛しようとして別人格が生まれると考えられています。

離人症性障害の症状

自分の意識が自分自身から離れ、自分がロボットのようだ、感情がなくなってしまった、などと感じる離人症の状態が慢性的に続くものです。
自分がまるで夢のなかにいるように思い、現実の出来事に現実感がなく、自分の心や身体から離れて、あたかも自分が外部の傍観者であるかのように感じる。

解離性障害(解離型ヒステリー)の治療について

安全感、安心感を与え、心理的に保護することが必要です。また、本人の精神的な健康を回復させるために、抗うつ薬や精神安定薬が有効なこともあります。専門家の助言を得ながら対応を工夫してください。
薬物による治療・精神療法(心理療法)がもちいられます。
・治療は、バラバラになった複数の人格を1つの人格に統合すること・人格同士が互いに共存していけるようにすることを治療目標とする場合があります治療目標にはこの2種類があり、通常治療を受ける人の状態や要望によってどちらかが選択されていくことになります。
【薬物療法】主に対症療法として使用されます。うつ状態がひどいときには抗うつ薬、不安が強いときには抗不安薬というように、症状に応じた薬を使用していきます。
解離性障害の方は薬物依存になりやすい傾向があるので、薬の使用に当たっては、治療者と本人の双方が十分に注意し、しっかりとした治療計画のもとに実施していくことが必要です。
【精神療法(心理療法)】症状や経過によって、精神分析療法、森田療法、催眠療法、自律訓練法など、種々の方法がとられます。

関連記事

心臓神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

心臓神経症の原因・症状 心臓神経症は呼吸困難やめまい、息切れ、動悸など明確な症状があるのに、心

記事を読む

術後精神病の特徴や症状、治療・予防などについて

さまざまな怪我や病気の治療の一環として、手術が行われることがあります。 その手術をしたあとに妄

記事を読む

手首自傷症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

手首自傷症候群はリストカットとも言い、刃物をつかって自分の手首を切ってしまう病気を指します。

記事を読む

言語発達障害・学習障害の特徴や症状、治療・予防などについて

言語発達障害および学習障害は、どちらも幼児期に見られることが多い障害です。 知的遅れが見られな

記事を読む

心身症の特徴や症状、治療・予防などについて

心身症は神経症や精神病などと混同されて、単純な「心の病気」ととらわれることが多いようです。 た

記事を読む

自律神経失調症の治療についてのまとめ

心療内科に行こう 自律神経失調症になった場合に診察を受けるのは、「心療内科」です。 病院によ

記事を読む

神経衰弱の特徴や症状、治療・予防などについて

神経衰弱は、精神的努力をしたあとに疲労がいつまでもつづく状態、あるいは少しの努力をしたあとに身体

記事を読む

統合失調症の治療についてのまとめ

作業療法 統合失調症の治療として作業療法が挙げられます。 これは、作業療法士が担当する作業療

記事を読む

行為障害の特徴や症状、治療・予防などについて

他人の権利を侵害し社会的なルールを逸脱するような、攻撃的な非行行為を繰り返し行うことを行為障害と

記事を読む

不安障害・社会不安障害(あがり症)の特徴や症状、治療・予防などについて

不安障害・社会不安障害(あがり症)の原因・症状 不安障害は、なんらかの原因によって過剰な心配や

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑