*

閉所恐怖の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 精神・心の病


閉所恐怖症はその名の通り、狭い場所にいることに恐怖を感じる症状のことを言います。

精神疾患のひとつで、バスやエレベーターなどの閉ざされた空間にいるときに発症します。

人によってはトイレの個室や医療機器のMRIなどでも、症状があらわれることがあります。

トンネルや高速道路で走行中の車内などにも、恐怖を覚える人もいるようです。

狭い場所に対して過剰な反応が起きる恐怖症は、閉所恐怖症以外にもあります。

これらの症状と閉所恐怖症はいっしょくたにされがちですが、閉所恐怖症は閉塞感によって発症されることが違いと言えます。

閉所恐怖症による症状は人によって異なりますが、主に吐き気や発汗、ふるえ、めまい、手足のしびれなどです。

さらに悪化して恐怖心がつのると、叫び出したいほどのパニックを起こしてしまうこともあります。

閉所恐怖症はパニック障害の一種ともいわれ、大人になっていきなり症状があらわれる人もいれば、特定の場所に行ったときに突如発症する人もいます。

一時的な対処としては、携帯酸素を吸入することで症状がやわらぐことがあります。

閉所恐怖症の原因は諸説ありますが、過去に体験した過度なストレスによって起こると考えられています。

そのストレスは人によってさまざまですが、満員電車など身動きがとれない状態で呼吸もしづらくなって恐怖を感じた、といったことなどがきっかけとなっているようです。

閉所恐怖症は閉所でしか発症しないため、検査ではその様子を医師などがみて判断することになります。

治療方法としては精神療法と薬物療法の両面から、進めていくのが一般的です。

ただし、薬は一時的に症状を緩和させる効果しかないので、継続的な服用が求められます。

精神療法ではカウンセリングを中心に、狭い場所でも怖くないということを認識させるための認知行動療法という治療が取り入れられることもあります。

いずれにしても、自分ひとりで悩まずに医師に相談することが大切だと言えます。

関連記事

手首自傷症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

手首自傷症候群はリストカットとも言い、刃物をつかって自分の手首を切ってしまう病気を指します。

記事を読む

対人恐怖症の特徴や症状、治療・予防などについて

対人恐怖症はあがり症とも呼ばれる神経症のひとつで、緊張して他人と会話ができない、赤面してしまう、

記事を読む

ナルコレプシーの特徴や症状、治療・予防などについて

ナルコレプシーとは ナルコレプシー(なるこれぷしー)とは、就寝時間ではない日中に、とつぜん耐え

記事を読む

自律神経失調症の原因についてのまとめ

一番の原因はストレス 自律神経失調症を起こす原因は、いくつか考えられますが、その中でも一番多く

記事を読む

レット症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

レット症候群は女児だけに発症する進行性の神経疾患で、てんかんや知的障害、情動異常、側彎、ジストニ

記事を読む

自律神経の働きや役割のまとめ

自律神経の働き 「自律神経」というのは、日常生活の中で、私たちが特に意識しなくても身体の機能を

記事を読む

神経症性障害の症状や原因

神経症性障害は心の病といわれる精神障害の一つで、一般にはノイローゼといえば解りやすいかもしれませ

記事を読む

書痙の特徴や症状、治療・予防などについて

「しょけい」と読み、字を書いていると手に痛みやふるえが生じる状態のことを言います。 書痙の症状

記事を読む

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

痙性斜頸の原因・症状 痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方

記事を読む

発達障害の原因・治療・種類

原因について 発達障害は本人の意欲が少なく競争心がないのが原因であると誤解を受けていた時期があ

記事を読む

アルツハイマー病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

アルツハイマー病とは アルツハイマー病(あるつはいまーびょう)とは認知症(にんち

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することに

尿路結石を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

尿路結石とは 尿は腎臓で生成されており、腎臓のなかにある腎盂(じんう)と呼ばれる

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは 赤ちゃんが着けているおむつに覆われた

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑