*

言語発達障害・学習障害の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 最終更新日:2016/05/13 精神・心の病


言語発達障害および学習障害は、どちらも幼児期に見られることが多い障害です。
知的遅れが見られないにもかかわらず、学習面の特定の分野に明白な遅れが認められることを特異的発達障害と呼びます。
特定の分野というのは、運動や計算、文字の読み書き、言葉の表現や理解などのことで、それらのなかでひとつもしくは複数の事柄が遅れていることがあります。

遅れが見られる分野によって障害の名称は異なり、言葉の表現や理解で見られる遅れは言語発達障害と呼ばれます。
ほとんどの場合、学習面の遅れに限らず、対人関係や行動の面で問題が見られます。

こういった学習面で遅れが見られる原因は、脳機能に生じた障害によるものだと言われています。
しかし、なぜ障害が起こるのかという原因がはっきり特定できているわけではありません。
脳機能の障害があると判断するには、聴覚や視覚などの感覚器官に問題がないこと、自閉症や統合失調症などの精神障害が見られないこと、身体運動機能に問題がないこと、問題のある養育環境に置かれていないことなどの条件を満たさなければいけません。

言語発達障害と学習障害によってあらわれる症状は、成長段階に応じて少しずつ異なります。
乳児の頃には、人見知りをほとんどせずに誰にでもなつきやすいと言われています。
ただし、発音に問題がある、自分の意思を言葉で言いあらわすことがむずかしいといった傾向が見られます。
子供によってはうまく歩けなかったり、何度も繰り返し転ぶといった症状が見られるケースもあります。

もう少し成長すると、落ち着きがなくふらふらと動き回るようになることが多いようです。
集団生活にうまくなじめず、集中力の欠如が見られることもあります。
ひとつのことに集中できず、いろいろなことに気をとられるようになります。
小学校に進学すると、数字への理解がうまくできない、読み書きに遅れが出るようになります。
子供によっては、工作や体育が不得意でついていけない場合があります。

言語発達障害および学習障害は、周産期障害や遺伝の影響があると考えられています。
そのため、診断時には胎生期や新生児期に問題はなかったか、乳児期の既往症、血縁者で同じような障害をもった人がいないかといったことが調べられます。
また、発達経過ごとに見られる障害と同じ症状があらわれているかも確認されるとともに、神経心理学的検査などさまざまな検査も実施されます。

言語発達障害および学習障害は脳の機能障害によるものと推定されるので、狭い医療分野に当てはめて考えるのは避けるべきだと言われています。
どういう方法をとれば、子供の精神発達がうまくいくのかを主体に考える必要があるからです。
それには、子供にどんな障害が見られるのか、子供をとりまく社会的環境や家族、どんな育ち方をしてきたのかといったことを総合的に把握することが大切となります。

重要なのは、子供が生来的なハンディキャップをもっており、子供のわがままや育て方といったことで症状があらわれているわけではないと理解することです。
この理解は、家族に限らず周囲の大人がもつ必要があります。
まずは、そういったことをしっかり理解したうえで、子供の環境を整備していくことが重要だと言えます。

治療内容としては、学習訓練や言語指導、身体運動訓練などが主体となります。
これらの方法を子供の障害に合わせて、選ぶことになります。
落ち着きなく動き回る子供には、改善のために薬物療法が用いられることもあります。
子供への精神療法的サポート、家族へのカウンセリングなども行い、子供と家族の精神的なつながりも大切にしていきます。

なんらかの発達障害ではないかと思ったら、まずは専門家の診断を受けることが望ましいでしょう。
ただし、治療は専門家だけでなく家族も深く関わって進めていく必要があります。
たとえば、子供が達成できるような課題を設定して、うまくできたらきちんと褒めるなどして、子供に成功した喜びを味合わせてあげるといったことです。
そういったことを続けることで、子供が物事に意欲をもつようになり、自発性の発達につながります。

関連記事

仮面うつ病の特徴や症状、治療・予防などについて

うつ病の一種でありながら、頭痛や食欲不振、便秘といった身体症状が表出して、うつ症状があまり見られ

記事を読む

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

痙性斜頸の原因・症状 痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方

記事を読む

摂食障害の症状や治療法

こちらでは、『摂食障害』の症状や治療法についてご紹介しています。 摂食障害といえば、主に『過食

記事を読む

選択性緘黙症の特徴や症状、治療・予防などについて

選択性緘黙症の原因・症状 「せんたくせいかんもくしょう」と読み、小児期特有の症状のことを言いま

記事を読む

書痙の特徴や症状、治療・予防などについて

「しょけい」と読み、字を書いていると手に痛みやふるえが生じる状態のことを言います。 書痙の症状

記事を読む

心臓神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

心臓神経症の原因・症状 心臓神経症は呼吸困難やめまい、息切れ、動悸など明確な症状があるのに、心

記事を読む

性同一性障害の特徴や症状、治療・予防などについて

女性が自分を男性だと思い、男として生きたいと思うこと、同じように男性が自分を女性と思って女性のよ

記事を読む

アダルトチルドレンの特徴や症状、治療・予防などについて

正常に機能していない家庭環境で育ったことで、大人になっても内心的なトラウマを抱えている状態のこと

記事を読む

自律神経失調症の原因についてのまとめ

一番の原因はストレス 自律神経失調症を起こす原因は、いくつか考えられますが、その中でも一番多く

記事を読む

不安障害・社会不安障害(あがり症)の特徴や症状、治療・予防などについて

不安障害・社会不安障害(あがり症)の原因・症状 不安障害は、なんらかの原因によって過剰な心配や

記事を読む

ウェルニッケ脳症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェルニッケ脳症とは ウェルニッケ脳症(うぇるにっけのうしょう)とは、体内のビタミン

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

→もっと見る

PAGE TOP ↑