*

アスペルガー症候群と他の病気との関連性をみてみましょう

公開日: : 最終更新日:2015/09/03 精神・心の病

こちらではアスペルガー症候群と他の病気との関連性についてご紹介しています。

アスペルガー症候群の症状にはADHDなど他の病気と似ている部分が有ったり、アスペルガー症候群の為に他の病気の原因になったりなど他の病気との関連性に複雑な部分があり、病気の診断にもとても難しい部分があります。

そういった部分について、詳細にご紹介しています。参考になれば幸いです。

ADHDとの関連性は

アスペルガー症候群とADHDは似ている点も非常に多くあります。

しかし、細かく注意深く見て行くとやはり双方に違いがあります。

これを即時に判断してしまう人がいますが、それでは正しい知識を身に付けることが出来ません。

医師の診察を受けることはこうして自分の症状が一体どのようなものであるのかしっかりと総合的に判断し、理解することが出来るようになります。

アスペルガー症候群とADHDの共通点と相違点はどのような所にあるのでしょうか。

ADHDは注意欠陥多動性障害の略称です。

アスペルガー症候群はこれに対しASと省略されます。

アスペルがー症候群は広汎性発達障害で、社会性やコミュニケーション、想像力へ問題が生じます。

他人の心を察する事が出来なかったり、整理整頓が出来ないといった特徴があります。

ADHDは注意欠陥多動性障害と日本語では呼ばれていますから、非常に行動的です。

自己主張が強いためにコミュニケーションがうまく取れなかったり、集中力が続かなかったりします。

これらの特徴は一見別々のものに見えますが、結果だけ見ると人間関係が築きにくかったり、物事を上手くまとめられない等特徴が似ていますね。

ですから専門的な診察が必要になるのです。

では、どういった点で双方に相違が見られるのでしょうか。

アスペルガー症候群の場合、決められた事を理解するのにも時間が掛かります。

しかしADHDの場合、決められたことは分かるけれど、範囲外の事は理解できないと言う場合が非常に多いのです。

非常に診断は難しいですが、正しい診断結果を得ることで理解が深まり落ち付くと言う人が多いです。

アスペルガー症候群もADHDも体調によって症状の度合いが変化すると言われています。

うつ病との関連性は

アスペルガー症候群は、発達障害の一種です。

脳の機能に部分的な偏りがあるために起こる症状であり、生まれ持っているものでもあります。

アスペルガー症候群である人は、変わった行動をする傾向があります。

コミュニケーションの面では素直かつ正直であるともいうことができるのですが、たとえ話を本気にする、人の話の意図するところについてくみとることができないなどといった症状もあります。

社会性の面では人に共感することができない、社会常識やマナーが身につかないなどといった面もあります。

一方で自由な発想をすることができる、人に流されず行動力があるといった良い面もあります。

また、単純な作業でも集中して行うことができるなどといったところもありますが、決まった通りでなければ作業することができないといったように、融通が利かないところもあります。

アスペルガー症候群であっても一見しただけでは問題がないようでもあるため、その人の苦しみや気持ちを周囲の人は理解することができないという場合も少なくありません。

うつ病とアスペルガー症候群について、見分けがつかないことも多くあります。

たとえば仕事をするにあたってこまかなことを気にしすぎる人がいて、あまりのこまかさに周囲の人が困ってしまい上司を通して注意してもらったところ、その人はうつになって会社を休職してしまいました。

その人の行動はアスペルガー症候群にその原因があり、そこを理解せずに注意したことが負担になったのではないかと考えられます。

躁うつ病との関連性は

アスペルガー症候群と躁うつ病は、間違えられることがあります。

躁うつ病には原因があり、うつの状態と躁の状態を繰り返します。

この場合は、抗うつ剤などによって状態をコントロールします。

アスペルガー症候群である人もうつ状態や躁状態になることはありますが、これは躁うつ病とはまったく異なるものです。

アスペルガー症候群と躁うつ病の関係については、アスペルガー症候群であるために気分の変動が激しく、そういったことから躁うつ病であるとして誤解されることがあるのです。

アスペルガー症候群である人は、普通に生きているだけでも大きなストレスを感じています。

そのストレスが一定の水準を超えて大きくなってしまうと、その対処として誇大な行動をとる、自閉的なうつの状態になるのではないかと考えられています。

このようなことが、アスペルガー症候群と躁うつ病の混同にもつながっているとも考えられます。

アスペルガー症候群の人がうつ症状に対して使う抗うつ剤を使用し、また使用する量や成分を誤れば事態は悪化してしまいます。

症状がさらに慢性的なものとなり、症状もより悪くなってしまうこともあるのです。

アスペルガー症候群の人がうつ状態であるときに、躁病への効果がある炭酸リチウムで改善されたという事例もあります。

教科書通りに対処するのではなく、その事例に応じて対処方法を考えることが大切であるともいうことができます。

さらに薬物療法などで躁うつの状態が改善されたとしても、アスペルガー症候群に特有のこまやかさや律儀さは残ります。

これは多くの人から見て、奇異なこまやかさや律儀さにも見えるものです。

ア摂食障害との関連性は

アスペルガー症候群で悩まされている方の中には、摂食障害を患っている方がいます。

摂食障害とは、過食であったり食事を摂取しない拒食であったり、様々です。

過食を行い王とすることですっきりするなどの方法でストレスを発散する人もいます。

しかし、過食も拒食も身体に悪影響を与えることは確かです。

アスペルガー症候群の方は強迫観念に捉われてしまいやすいのです。

例えば、常にだれかに見られているようなきがして気が抜けず、それがストレスになってはいませんか。

アスペルガー症候群の人は食べなくてはいけない、食べてはいけないというような摂食に関する強迫観念に悩まされていることもしばしばあります。

この強迫観念が強い事もアスペルガー症候群の特徴の一つだからです。

アスペルガー症候群で悩まされている方は、このように強迫的観念にも人一倍影響されやすいのです。

アスペルガー症候群は治る病気ではありません。

しかし、一つ一つ理解する事によって精神は落ち着きを取り戻すことが出来ます。

過食や拒食など摂食障害に悩まされている場合は、心療内科やカウンセリングを受けてみましょう。

もしかすると、強いストレスを受けている原因が判明するかもしれませんし、カウンセリングを受けることによって気分が落ち着くこともあります。

摂食障害であるからアスペルガー症候群であるとは言い切れません。

他にも様々な要因が関係してくる事柄だからです。

しかし、そのどれもがしっかりと治療していくことが求められるのです。

統合失調症との関連性は

アスペルガー症候群は様々な病気の根底に潜んでいる可能性があることが分かっています。

しかし統合失調症とは関係がありません。

一見、アスペルガー症候群と統合失調症の中には、似通っている点も多くあるように思えます。

しかし実際はアスペルガー症候群と統合失調症は全くの別物であると言うことが出来るのです。

アスペルガー症候群の多くは先天的であるのに対し、統合失調症は後天的な要素が大きいと言われています。

アスペルガーの方も統合失調症の方も孤立しがちな傾向にありますが、そのタイプは異なっています。

アスペルガーの人が輪になかなか入れないのに対し、統合失調症の人は別の自分だけの輪に他者が集まらない事によって孤立します。

またアスペルガーは症状が進行する事はありませんが、統合失調症は進行していき、幻覚や幻聴に悩まされることになります。

一見、似たような特徴があることから誤って診断されることも珍しくはありません。

しかし注意深く観察すると、幻覚や幻聴前の段階でもアスペルガーと統合失調症は別のものであることが分かるものです。

統合失調症とアスペルガーでは、福祉ケアの充実が異なります。

統合失調症と言う言葉を聞いたことがある人であっても、アスペルガー症候群と言う名前を聞いたことのない人は多く存在するものです。

またアスペルガーは発達障害ですが、統合失調症は精神障害であると分類されています。

そのため根本的な部分から異なって胃rと考えて良いでしょう。

人格障害との関連性は

現在では人格障害と言う言葉は誤解を招くと言うことから、パーソナリティ障害と呼ばれることもあります。

いまだ文献では統一性がありませんが、人格障害とパーソナリティ障害は同一であると考えてください。

人格障害とは、病気の名前ではありません。

なんらかの病気の二次障害と考えられており、アスペルガー症候群の二次障害であるとも言えます。

人格障害とは、性格に偏りが出てしまう状態のことを指します。

人格障害は人格の破たんを強く連想されると言われている通り、やはり多くの誤解と偏見が多い事は確かです。

アスペルガー症候群によって正確に偏りが出てしまうことは珍しい事ではありません。

例えば、もしかしたら私のことを笑ったのではないだろうか、何か間違ってしないだろうかと常に考えてしまうようになることがあります。

これが強いストレスとなることもあるのです。

他にも、そうしても上手く人間関係が築けず、何故か一人になってしまうのも人格障害の一つです。

また人の注意を引こうと嘘や演技をするようになるのも、これも人格障害だと言われています。

このように通常の人にもあり得るだろう人格に非常に大きな偏りがある場合、アスペルガー症候群をはじめとした発達障害や精神障害を疑うことがあります。

またアスペルガー症候群の場合、こうした人格障害に自分で気が付き、強いストレスを感じてしまうことがあります。

こうした人格障害がアスペルガーの二次障害であった場合には、アスペルガーの理解を深めることが改善への道になります。

学習障害との関連性は

アスペルガーは知的障害の無い自閉症とも呼ばれています。

つまり知的には全く異常が見られないと言うことです。

大人になるまで、アスペルガー症候群だということに気が付かなかったという人が多いのも、この知的には影響が無いことから個性だと思われていたためです。

このことから分かるようにアスペルガー症候群と学習障害は全く異なるものです。

しかし、アスペルガー症候群と学習障害は混同されてしまいがちです。

それは一体何故でしょうか?
それはアスペルガー症候群と学習障害はともに発達障害に分類される為なのです。

学習障害もアスペルガー同様、知的には異常が見られませんが、特定分野だけ極端に理解できないのです。

例えば、計算が苦手だったり、漢字は書けるのにひらがなだけは難しくてスムーズに書いたり読めないなどと言った症状です。

アスペルガー症候群では、このように特定の一つが出来ないと言うよりは周りに興味を合わせることができないということがあります。

アスペルガー症候群と学習障害を比較しようと、特定の箇所にスポットライトを当てることによって、アスペルガー症候群と学習障害は混同されてしまいやすいのです。

広範囲の問題で考えると、アスペルガーであるのか学習障害であるのかは、専門家にとっては分かりやすいでしょう。

しかし、一般の方からすると同じように見えてしまうのです。

これが混同される理由ですね。

アスペルガー症候群も学習障害も発達障害です。

発達障害は治ることはありませんが、周囲からのケアがあればしっかりと勉強もスポーツもすることが出来ます。

関連記事

統合失調症の原因・症状について調べてみました

統合失調症とは 統合失調症とは精神病の一種で、妄想幻想でどこからか声が聞こえてきたり、奇妙な行

記事を読む

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

痙性斜頸の原因・症状 痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方

記事を読む

パソコン_インターネット依存症の特徴や症状、治療・予防などについて

パソコンやスマートフォンが普及し、現代ではインターネットがごくごく身近な存在になってきました。

記事を読む

離人神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

離人神経症はあまり一般には知られていませんが、精神障害のひとつに数えられる障害です。 WHOの

記事を読む

パーソナリティ障害とはどんな病気なのか調べてみました

症状 パーソナリティ障害で現れる症状にはいくつもの種類がありますが、アメリカ精神医学会による精

記事を読む

発達障害の原因・治療・種類

原因について 発達障害は本人の意欲が少なく競争心がないのが原因であると誤解を受けていた時期があ

記事を読む

薬物依存の特徴や症状、治療・予防などについて

薬物を欲する過度な欲求が抑えきれずに、薬物をつかってしまうことを薬物依存と言います。 昔は薬物

記事を読む

過敏性膀胱(心因性頻尿)の特徴や症状、治療・予防などについて

精神的・心理的な緊張状態に陥ることで強い尿意をもよおし、その尿意に強いこだわりを感じる頻尿のこと

記事を読む

心気症の特徴や症状、治療・予防などについて

心気症は本当は病気ではないにも関わらず、病気だと思い込んでいる状態を言います。 体になんらかの

記事を読む

手首自傷症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

手首自傷症候群はリストカットとも言い、刃物をつかって自分の手首を切ってしまう病気を指します。

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑