*

MRI検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ


永久磁石や超伝導磁石などによって作られた強力な磁場に入り、電波と磁力に体内のイオンが共鳴する仕組みを利用して、身体の断面画像を得ることのできる検査です。
撮影の時は、大きなトンネル状のMRI装置の中に、寝台ごと入って検査をします。
オープンMRIと呼ばれる装置もあります。
装置の中では、「コンコン」という大きな音がしますので、ヘッドホンや耳栓を使用して検査をします。

費用は

MRI検査の種類や造影検査場合、薬剤の量や種類によっても料金は変動します。
診療総額としては26000円~50000円程度ですので、保険適応されて患者負担が3割の場合ですと、7000~20,000円程度になります。
人間ドッグなどでMRIを受診する場合はすべて自己負担になります。

所要時間は

検査部位によって異なりますが、20~40分程度で終了します。
検査中はただベッドに横になっているだけで、音がする以外は痛みやなどはありません。

検査の流れ

検査の日は、医師と相談して決めます。
MRI装置はある程度大きな規模の病院にしかないため、かかりつけ医に紹介状をもらってから撮影のためのクリニックに行く場合もあります。
検査室に入る前に鍵やアクセサリー、万年筆などの金属のものは預けます。
クレジットカードなどの磁気カードや携帯・スマホも、検査室は持ち込めません。
検査の前にお化粧を落とし、コンタクトレンズも取り外します。
下着に金属が使われている場合には脱いでください。
検査中は動かないようにし、検査技師の指示に従ってください。
検査中はマイクで技師と会話ができます。装置に入っている間に気分が悪くなった場合は、技師に伝えてください。
検査終了後は、着替えて終わりです。
診察室で医師に画像の説明をしてもらいます。

食事

腹部、乳房、骨盤部の検査を受ける人は、検査3時間前から食事は控えてください。
ただし、お茶や水などの水分は取っても構いません。

わかること

特に脳のMRIでは、急性期の脳梗塞を調べることができます。
頸椎や脊椎、骨盤の中にある内臓の異常も調べることができます。
初期のがんやリウマチの診断・検査にも用いられます。
初期の病気の診断に有効な画像を得ることができます。

調べる場所・得意な場所

頭部(脳)、乳房、前立腺、脊椎・腰椎などの骨のほか軟骨や靭帯を撮影することができます。
造影剤を用いることで血管を撮影することも可能です。
特にマンモグラフィーでも見つけられるにくい初期の乳がんを発見することから、乳がんの早期発見への有用性が期待されています。
心臓のMRIでは、心臓の動きを動画として撮影することができます。
非常に正確な心機能測定法として活用されています。

被爆量

MRIは放射線を用いないので被爆はありません

リスク(被爆以外)

人体にとって、強い磁場がどのような影響を及ぼすのかわかってない部分があります。
妊娠中の人や妊娠の可能性のある人はリスクを避けるために検査を受けないほうがよいと考えられています。

注意事項

撮影時間がCTやレントゲンに比べて長くなります。
撮影時間が長いため、検査中に痛みなどで動いてしまうと画像がぶれてしまいます。撮影中は動かないようにしてください。
一定の姿勢が保てない人は場合により検査を中止することがあります。
骨盤部(子宮・卵巣・膀胱・前立腺)の検査をうける人には、検査予定時間の30分前からは排尿しないでください。
検査室内には補聴器や携帯電話、腕時計を持ち込めません。持ち込むと故障したり、データが消えたりしますので、検査をうける前に預けてください。
入れ歯やエレキバンなどは、やけどや画像の乱れを引き起こすため取り外します。
また、湿布やニコチンパッチには電流が流れることがあるので外します。
アイメイク(アイライン・マスカラ・アイシャドウ)などに含まれている酸化鉄は、やけどを起こす場合がありますので、落としてから検査を受けます。
刺青やタトゥー、アートメイクがある人は、やけどを起こしたり、絵柄が変色したりする場合がありますので、検査を受けられない場合があります。

出来ない方

装置の中では大変強い磁場に体を置くことがあります。
このため、ペースメーカーや人工内耳などの金属でできた装置が体内に埋め込まれている人は検査をうけることができません。
脳動脈瘤手術を受けた人は、脳内にあるクリップやコイルなどの金属の種類によっては受けられないことがありますので、担当医に相談してください。
目などに外傷があって鉄粉や弾丸などが残っている場合、その材質を確認できない場合はMRIを受けることができません。
装置の中はせまいため、閉所恐怖症の人は担当医と相談してください。

造影剤

MRI検査には、造影剤を用いる検査と用いない検査があります。
造影剤を用いなくても血管の画像を撮影できますが、造影剤を用いるとより鮮明にわかる場合があります。
用いられる造影剤は、ガドリニウム化合物といい、全身の診断に使われます。
肝臓の造影には、超常磁性酸化鉄(SPIO)という造影剤が用いられます。
造影剤は撮影前に注射します。撮影後は約1日で尿として体外に排出されます。
アレルギーのある人や気管支ぜんそくのある人は、副作用が出る場合がありますので、造影剤を用いたMRI検査を行う前には医師に相談してください。

お化粧や制汗剤などは?

お化粧品の中には、酸化鉄などが使われている場合があります。
「ミネラル」と言われているものであり、要するに金属の微粉ですので、MRIの磁気と反応して熱を発生させ、やけどの原因となる場合があります。
検査の前には化粧落としでメイクを落としましょう。
カラーコンタクトをはじめとするコンタクトレンズも外すように言われることが多いですので、ケースやめがねなどを持って行ったほうがよいでしょう。
検査のあとはお化粧をして帰っても構いません。
制汗剤に含まれるAg(銀イオン)の含有量は多くはありませんが、銀の導電性は非常に高く、体に吹き付けられていると検査に影響を及ぼす場合があります。
また、肌が濡れている状態ですと、発熱の原因となりますので、可能な限り拭き取って検査されることをおすすめします。

関連記事

耳の検査でわかる事

聴力検査でわかる事 『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」と

記事を読む

消化管X線(バリウム)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

消化管X線(バリウム)検査とは、食道・胃・腸などの消化管臓器を、バリウム液と発泡剤を利用して映し

記事を読む

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

マンモグラフィーの費用・流れ・解る事など詳細説明

乳がんの早期発見のため、乳房を圧迫してX線で撮影する検査です。 乳がんは40代になると非常に増

記事を読む

尿検査でわかる事

尿沈渣検査の基準値やわかる事 『尿沈渣(にょうちんさ)』というのは、尿を遠心分離機にかけた後で

記事を読む

レントゲン(X線)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

一般健康診断で受ける他、日常の診察の中でも行われることの多い検査ですので、いままで経験した人もた

記事を読む

特定健康診査の内容・基準値・見方などについて

特定健康診査(特定保健指導)とは、健康保険法の改正に伴い、2008年4月から全国で導入された新し

記事を読む

核医学検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

核医学検査は、体内に投与した放射性医薬品が、臓器や組織に集まる様子を画像化して診断する検査です。

記事を読む

放射線検査と妊娠・出産・子供への影響についてのまとめ

妊娠して放射線の検査を受けました。影響は? 妊娠中の体はもう一つの命を宿しているわけですから、

記事を読む

血管連続撮影の概要の費用・流れ・解る事など詳細説明

血管連続撮影(血管撮影検査)とは、血管や流れる血の様子を確認し、病気による変化や血管の狭窄(狭ま

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑