*

血管連続撮影の概要の費用・流れ・解る事など詳細説明

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ


血管連続撮影(血管撮影検査)とは、血管や流れる血の様子を確認し、病気による変化や血管の狭窄(狭まり具合)を検査する方法です。
血管は通常のX線検査では映らないため、太い血管からカテーテル(直径2mmぐらいのチューブ)を挿入し、目的とする部分に造影剤を投影することで血管の様子を撮影します。
検査装置は、DSAといって、造影剤を注入前に撮った画像と、注入後に撮影した画像をコンピューターで計算し、造影された血管のみを描出する方法と、連続的に動画として撮影するものが使用されます。
現在の主流では、単に血管連続撮影の検査だけではなく、検査結果をふまえて引き続き治療を目的として実施するIVRという技術が確立されています。

費用は

心臓の検査の場合は、3割負担で60000~100000円、脳血管の検査では3割負担で40000~60000円程度かかります。
それに治療の必要がある場合では、数十万~100万円以上かかることもあります。
入院は3~4日必要になる場合もありますので、費用はそれ以上かかることを見積もっておく必要があります。

所要時間は

検査自体は血管造影室に入ってから30分程度で終わる場合もあります。
あわせて治療を行う場合には、3時間程度かかる場合もあります。

流れ

基本的に入院して検査を行います。
まず、カテーテルというチューブを挿入する部分に局所麻酔を使用します。股関節の近くにある大腿動脈内に針を刺し、カテーテルを注入します。
X線テレビを使って様子を見ながら、カテーテルを目的の部位の血管まで送り、その部分のみに造影剤を注入します。
ついで撮影を行います。
検査終了後は、カテーテルを血管から抜き去り、挿入部を止血します。
太い動脈に管を入れているので、再出血を防ぐために、検査後の5~6時間は安静にします。

食事

検査前は絶食です。入院すると指示がありますので、従ってください。

わかること

全身の血管の様子を観察できます。
脳や心臓、肝臓などの動脈瘤などの診断・治療に用いられます。
血管に病気がある場合は、血管形成術やステントの挿入留置を行います。
がんなどの腫瘍がある場合には、がんに栄養がいかないように防いだり、患部に抗がん剤注入する治療も行います。
血管連続撮影では、検査と治療を同時に行うことが多いです。

調べる場所・得意な場所

骨以外の、血管のある場所なら調べることができます。
頚動脈や心臓の冠動脈などの循環器系の疾患や、脳出血などの様子を調べることができます。
心臓や脳、腹部の臓器の血管の様子を観察します。

被爆量

治療を行う場合には、検査の内容により、また繰り返し検査を行うことで検査の時間が長くなる場合があります。
その場合、その部位は長いあいだX線を照射されることになります。
そのため、X線が当たりっぱなしにならないように、照射する時間を区切り、照射する部位を変えて検査・治療を行います。
2Gy以上の被爆で一過性の紅斑(皮膚の赤いあざ)、3Gy以上の被爆では脱毛(頭部)が起こり得るとされています。

リスク(被爆以外)

ごく稀なリスクですが、脳血管の検査の場合、検査により脳梗塞を起こす可能性が0.1%あります。
検査中に眼の異常や気分が悪くなった場合などは合併症の可能性がありますので、速やかに看護師や医師に伝えてください。
造影剤はCTに用いるものと同じですので、造影剤でアレルギーが起こる場合があります。

注意事項

造影剤を投入すると、眼や男性の場合はペニスなどに熱い感じを起こすことがありますが心配ありません。
検査中は血管にカテーテルを入れる時の麻酔のみの痛みで、検査中には基本的には痛みはありません。
ただし、血管を拡張する治療によっては激痛を感じる場合もあります。
また、検査後はすぐに歩けるわけではなく、足の付け根の血管の場合は5~6時間、腕の血管の場合は3時間程度安静にしなければなりません。
基本的に入院して行われる検査であることを理解する必要があります。
撮影する部分にX線を照射しますので、金属製品(アクセサリー、入れ歯、補聴器、メガネなど)やプラスチック製品(ボタンなど)、健康器具(シップ、エレキバン、カイロ)は外す必要があります。
血管連続撮影は手術に準じますので、医師や看護師の指示に従ってください。

出来ない方

血管連続撮影自体が、ある程度リスクがある検査です。
検査で得られる情報が、被爆や検査そのもののリスクに勝る場合のみ行われます。病気の種類や場所によって医師が判断しますので、しっかりと相談をしてから検査を行ってください。

造影剤

ヨウ素を含む造影剤を利用するため、造影剤にアレルギーが出る人がいます。
いままで、造影剤でアレルギーが出た人は事前に医師に相談してください。
造影剤を注入するときに熱く感じることがありますが、これ自体には問題はありません。

お化粧や制汗剤などは?

アクサセリーやヘアピン、エレキバンなどは外す必要がありますが、お化粧や制汗剤に制限はありません。
入院で行うことが基本的な検査ですので、お化粧は病気の診断上しないほうが望ましいと言えそうです。

関連記事

ホルモン検査でわかる事

成長ホルモン検査の基準値とわかる事 子どもの成長にとって欠かすことのできない成長ホルモンですが

記事を読む

血液生化学検査でわかる事

不飽和鉄結合能(UIBC)検査の基準値やわかる事 『不飽和鉄結合能(UIBC)』というのは、鉄

記事を読む

甲状腺の検査の内容やわかる事

甲状腺ホルモン検査でわかる事 『甲状腺ホルモン』というのは、喉仏の下のあたりで気管の外側に付い

記事を読む

臨床検査>検体検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

レントゲン(X線)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

一般健康診断で受ける他、日常の診察の中でも行われることの多い検査ですので、いままで経験した人もた

記事を読む

放射線検査と妊娠・出産・子供への影響についてのまとめ

妊娠して放射線の検査を受けました。影響は? 妊娠中の体はもう一つの命を宿しているわけですから、

記事を読む

尿検査でわかる事

尿沈渣検査の基準値やわかる事 『尿沈渣(にょうちんさ)』というのは、尿を遠心分離機にかけた後で

記事を読む

マンモグラフィーの費用・流れ・解る事など詳細説明

乳がんの早期発見のため、乳房を圧迫してX線で撮影する検査です。 乳がんは40代になると非常に増

記事を読む

SPECT検査(単一光子放射断層撮影)の費用・流れ・解る事など詳細説明

放射性の薬品を注射で体内に入れ、そこから出る微量の放射線(γ線)を装置でガンマカメラ(シンチカメ

記事を読む

腎臓と泌尿器の検査でわかる事

腎盂造影検査でわかる事 腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部に当たり、腎臓からの尿が集まる場

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑