*

特定健康診査の内容・基準値・見方などについて

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ


特定健康診査(特定保健指導)とは、健康保険法の改正に伴い、2008年4月から全国で導入された新しい保健制度です。
一般的には「特定健診」や「メタボ健診」と呼ばれています。
公的医療保険に加入している40~74歳までを対象にメタボリック・シンドロームの原因となる生活習慣を改善させ、糖尿病、高尿酸血症、高脂血症といった生活習慣病の発症や重症化を防ぐことを目的としています。
通称メタボと呼ばれるメタボリック・シンドローム(内蔵脂肪症候群)とは、内蔵脂肪型肥満の人が糖質や脂質の代謝異常を起こしたり、高血圧や高血糖などを併発している状態のこと。
生活習慣病の最大要因とされており、放っておくと脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まります。

検査項目

①問診(普段の食生活、運動、飲酒、喫煙、服薬など)
②身長、体重、BMI、腹囲の測定
③理学的検査(身体診察)
④血圧測定
⑤血液検査(空腹時血糖またはHbA1c、中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT、γ-GTP)
⑥尿検査(尿糖、尿タンパク)必要に応じて、心電図検査、貧血検査、眼底検査を行うこともあります。

判定方法

腹囲の基準値は、男性で85cm、女性で90cm。BMIは男女ともに25が基準となります。
さらに、
①高血糖(空腹時血糖値が100mg/dl以上、もしくはHbA1cが5.2%以上)
②高脂血症(中性脂肪が150mg/dl以上、もしくはHDLコレステロールが40mg/dl未満)
③高血圧(収縮期が130mmHg以上、もしくは拡張期が85mmHg以上)
④喫煙歴あり腹囲が基準値以上、かつ①~④のうち2つ以上当てはまる、もしくは、腹囲が基準値以下でBMIが25以上、かつ①~④のうち3つ以上当てはまる場合は、積極的支援(3~6ヶ月の継続的な指導)が必要とされます。

関連記事

ホルモン検査でわかる事

成長ホルモン検査の基準値とわかる事 子どもの成長にとって欠かすことのできない成長ホルモンですが

記事を読む

糖尿病の検査の方法や基準値

尿中ケトン体の測定検査の基準値やわかる事 尿中ケトン体の測定検査とは 尿中ケトン体検査は、主

記事を読む

消化器の検査でわかる事

上部消化管X線造影検査(胃透視)でわかる事 上部消化管X線造影検査とは 上部消化管X線造影検

記事を読む

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

耳の検査でわかる事

聴力検査でわかる事 『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」と

記事を読む

マンモグラフィーの費用・流れ・解る事など詳細説明

乳がんの早期発見のため、乳房を圧迫してX線で撮影する検査です。 乳がんは40代になると非常に増

記事を読む

骨塩定量の概要の費用・流れ・解る事など詳細説明

ごく微量のX線を当てて、骨に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量を測定する検査です

記事を読む

アレルギーの検査の種類・方法・基準値などについて

スクラッチテストでわかる事 アレルギーの検査にはいろいろな方法がありますが、手軽にできるものの

記事を読む

呼吸器の検査でわかる事

アプノモニター検査の内容やわかる事 アプノモニター検査とは アプノモニターとは、「睡眠時無呼

記事を読む

放射線検査と妊娠・出産・子供への影響についてのまとめ

妊娠して放射線の検査を受けました。影響は? 妊娠中の体はもう一つの命を宿しているわけですから、

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑