*

特定健康診査の内容・基準値・見方などについて

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ


特定健康診査(特定保健指導)とは、健康保険法の改正に伴い、2008年4月から全国で導入された新しい保健制度です。
一般的には「特定健診」や「メタボ健診」と呼ばれています。
公的医療保険に加入している40~74歳までを対象にメタボリック・シンドロームの原因となる生活習慣を改善させ、糖尿病、高尿酸血症、高脂血症といった生活習慣病の発症や重症化を防ぐことを目的としています。
通称メタボと呼ばれるメタボリック・シンドローム(内蔵脂肪症候群)とは、内蔵脂肪型肥満の人が糖質や脂質の代謝異常を起こしたり、高血圧や高血糖などを併発している状態のこと。
生活習慣病の最大要因とされており、放っておくと脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まります。

検査項目

①問診(普段の食生活、運動、飲酒、喫煙、服薬など)
②身長、体重、BMI、腹囲の測定
③理学的検査(身体診察)
④血圧測定
⑤血液検査(空腹時血糖またはHbA1c、中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT、γ-GTP)
⑥尿検査(尿糖、尿タンパク)必要に応じて、心電図検査、貧血検査、眼底検査を行うこともあります。

判定方法

腹囲の基準値は、男性で85cm、女性で90cm。BMIは男女ともに25が基準となります。
さらに、
①高血糖(空腹時血糖値が100mg/dl以上、もしくはHbA1cが5.2%以上)
②高脂血症(中性脂肪が150mg/dl以上、もしくはHDLコレステロールが40mg/dl未満)
③高血圧(収縮期が130mmHg以上、もしくは拡張期が85mmHg以上)
④喫煙歴あり腹囲が基準値以上、かつ①~④のうち2つ以上当てはまる、もしくは、腹囲が基準値以下でBMIが25以上、かつ①~④のうち3つ以上当てはまる場合は、積極的支援(3~6ヶ月の継続的な指導)が必要とされます。

関連記事

脳の検査でわかる事や問題点

アミロイドイメージング検査でわかる事 アミロイドイメージングとは アミロイドイメージングとは

記事を読む

レントゲン(X線)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

一般健康診断で受ける他、日常の診察の中でも行われることの多い検査ですので、いままで経験した人もた

記事を読む

呼吸器の検査でわかる事

アプノモニター検査の内容やわかる事 アプノモニター検査とは アプノモニターとは、「睡眠時無呼

記事を読む

臨床検査>検体検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

腫瘍マーカー検査でわかる事

「PSA」検査の基準値やわかる事 PSA検査とは、前立腺がんを早期発見するためのスクリーニング

記事を読む

糖尿病の検査の方法や基準値

尿中ケトン体の測定検査の基準値やわかる事 尿中ケトン体の測定検査とは 尿中ケトン体検査は、主

記事を読む

CT検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

CT検査は、X線を利用して体の断面を撮影することによって、体の内面を画像化する検査です。 X線

記事を読む

腎臓と泌尿器の検査でわかる事

腎盂造影検査でわかる事 腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部に当たり、腎臓からの尿が集まる場

記事を読む

マンモグラフィーの費用・流れ・解る事など詳細説明

乳がんの早期発見のため、乳房を圧迫してX線で撮影する検査です。 乳がんは40代になると非常に増

記事を読む

甲状腺の検査の内容やわかる事

甲状腺ホルモン検査でわかる事 『甲状腺ホルモン』というのは、喉仏の下のあたりで気管の外側に付い

記事を読む

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

門脈圧亢進症の原因,症状,検査,診断,治療など

門脈圧亢進症とは 門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)とは、なんらかの原

→もっと見る

PAGE TOP ↑