*

腫瘍マーカー検査でわかる事

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ

「PSA」検査の基準値やわかる事

PSA検査とは、前立腺がんを早期発見するためのスクリーニング検査のひとつで、血液を採取して測定されます。
PSAは、“Prostate Specific Antigen”を略したもので、前立腺特異抗原のとこを指します。
PSAは、前立腺の上皮細胞と尿道周辺の線から特異的作られている糖タンパクの一種で、本来は、精子が体外へと放出される時に分泌され、精子の運動性を高める働きをしています。

なので、通常であれば血液中にPSAが流れ出ることはないのですが、前立腺に何らかの疾患があると血液中にPSAが浸出し、血液検査で反応が出るようになります。
PSA検査は、採血によって測定でき、約1mlの血液で調べることができます。
数値が高ければ高いほど、前立腺がんの疑いも高くなるわけですが、明確な基準値は特にありません。

ただし、タンデム法を基準とすると、PSA濃度が4.0ng/ml以下を正常とし、4.1~10ng/mlはがんの危険性が20~30%でグレーゾーンになります。
数値が10.1ng/mlを上回ると、がんの危険性は50%以上となります。
PSA検査は前立腺がんの発見にとても有効な検査ではありますが、PSA値が高いからといって、すぐに前立腺がんと診断することはできません。

前立腺炎や前立腺肥大症の場合でもPSA値は上昇し、特に数値がグレーゾーンの場合、前立腺がん患者と前立腺肥大患者が混在します。
PSA値が高かった場合は診断をつけるために、さらに検査が必要になり、直腸診やMRI、前立腺生検などを行ないます。

「エラスターゼ」検査の基準値やわかる事

『エラスターゼ』というのは、タンパク質を分解する酵素のひとつで、白血球や血小板、それに大動脈などにあるのですが、もっとも多く存在しているのはすい臓です。
そのため、すい臓がんの腫瘍マーカーとして用いられています。
ちなみにエラスターゼには、1と2があるのですが、血液中には圧倒的にエラスターゼ1が多く存在しているため、単に「エラスターゼ」という場合でも大抵は「エラスターゼ1」のことを指しています。

エラスターゼの基準値は100~400ng/dlとされていて、これを外れている場合には「すい臓がん」や「急性すい炎」、それに「慢性すい炎」などのすい臓疾患が疑われます。
ただし、エラスターゼの数値だけで詳しい状況を判断することは難しいですので、「超音波検査」や「画像診断」、それに「CA19-9」の数値なども調べた上で総合的な診断をくだされることがほとんどです。

特に、「CA19-9」はエラスターゼと組み合わせて調べられることが多いですので、この2つで1セットというつもりで考えておくといいでしょう。
急性すい炎などでは「アミラーゼ」や「リパーゼ」を調べることも多いのですが、膵臓がんの発見にはエラスターゼの方がより効果的だといわれています。

ただし、慢性すい炎が進行してしまっている場合には、すい臓がんが発症してもエラスターゼの数値が上がらないというケースもありますので、注意が必要です。
いずれにしても、単体の検査で判断するのではなく、様々な検査結果を踏まえた上で状況を知ることが大切といえるでしょう。

「SCC」検査の基準値やわかる事

『SCC』というのは、日本語で『扁平上皮癌関連抗原』と呼ばれているもので、その名前が示している通り子宮頚管部や肺の「扁平上皮がん」腫瘍マーカーとして用いられています。
SCCは腫瘍の腫瘍の進行度をよく反映するという性質を持っていますので、治療の進行状況や経過を観察するためにも、とても役立つものです。
実際の検査では、「CEA」や「NSE」などといった、他の腫瘍マーカーと併せて調べられることが多いようです。

基準値は1.5ng/ml以下とされていて、検査結果がこれを上回っている場合には「子宮頸部扁平上皮がん」や「肺がん」、「食道がん」、「頭頸部がん」、「子宮筋腫」などの疑いが持たれます。

実際にはその他の症状も見た上で総合的に診断されますが、「子宮頸部がん」が疑われる場合には「コルポスコープ診(膣拡大鏡検査)」や「膣細胞診」などが併せて行われ、「肺がん」が疑われる場合には「気管支内視鏡検査」や痰の中の細胞を調べる「喀痰検査」などが、そして「食道がん」が疑われる場合には「上部消化内視鏡検査」などを行なって、より詳しい状況を確認していきます。

ただし、SCCが高い数値を示すのは必ずしもこれらの病気とは限らず、「アトピー性皮膚炎」や「気管支炎」、「結核」、それに「腎不全」でも基準値を超えることがありますから、SCC単体の検査結果だけで慌てて判断してしまうのは早計と言えます。
他の腫瘍マーカー同様、総合的に検査結果を見た上で正確な判断をするように注意しておきましょう。

「NSE」検査の基準値やわかる事

『NSE』というのは、日本語で『神経特異エノラーゼ』と呼ばれることもある、腫瘍マーカーの一つです。
ちなみに「エノラーゼ」というのは「解糖系酵素」と呼ばれているもので、サブユニットというα・β・γの3つに分類され、さらにアイソザイムというαα・ββ・γγ・αβ・αγの5つに分けられています。

この中でもγγとαγのエノラーゼは、神経細胞に存在しているので、これらを特に『神経特異エノラーゼ(NSE)』と呼んでいるのです。
NSEは神経細胞や神経内分泌系細胞だけではなく、赤血球や血小板、それにリンパ球などの中にも存在しているのですが、神経内分泌系や神経細胞の腫瘍で上昇するため、肺小細胞がんの腫瘍マーカーとして利用されています。
基準値は10ng/ml以下とされていますが、これを上回る場合には「肺小細胞がん」や「神経芽細胞腫」、「褐色細胞腫」、「甲状腺髄様がん」、「カルチノイド」などの病気が疑われます。

ただし、これはNSEに限ったことではなく腫瘍マーカー全般に言えることですが、がんの初期段階では数値の上昇率が低いため、早期発見には向きません。
それに、悪性の腫瘍だけでなく良性腫瘍でも数値が高くなることもありますので、単体の検査では詳しい状況を把握しきれないということを知っておく必要があります。

その他の検査結果とも照らしあわせた上で、総合的な判断をする必要があるでしょう。
とはいえ、補助的診断としてはとても有用性が高いものですし、治療の進行状況を知る目的や再発などがないかどうかを確認するためにも広く用いられています。

「CA125」検査の基準値やわかる事

『CA125』というのは、主に「卵巣がん」や「子宮がん」など、「婦人系のがん」の腫瘍マーカーとして注目を集めているものです。
特に卵巣がんは症状が現れにくいため、早期発見が難しいといわれているのですが、自覚症状がない初期段階でもCA125が陽性になる確率が高いですので、定期的に血液検査を受けて調べておくほうが安心といえるでしょう。

それに、がんの進行状況とともに陽性率や測定値が上がっていきますから、治療の効果を確認する目的や、再発を防止するための検査としても重要視されています。
基準値は25U/ml以下とされていて、陽性(+)の場合には「卵巣がん」をはじめ、「すい臓がん」や「子宮頸がん」、「乳がん」、「肺がん」、「大腸がん」、「子宮内膜症」、「良性卵巣腫瘍」、「子宮筋腫」、「腹膜炎」、「肝硬変」、「急性すい炎」などが疑われることになります。

ただし、CA125は妊娠初期や月経時、それに閉経前などに一時的に上昇することがありますので、正確な判断をするためには採血日を変更する必要がありますので注意しておきましょう。
もしも異常値が出ているようであれば、「胎盤内超音波検査」や「CT検査」など画像検査を受けて総合的に調べていきます。

卵巣がんをはじめ、前述の病気であることが確認されれば、医師の指示に従って適切な治療を早急に開始することが大切です。
できる限り早期発見できるよう、特に自覚症状がなくても定期的な検査を受けることは大切といえるでしょう。

「CA19-9」検査の基準値やわかる事

『CA19-9』というのは、消化器系のがんの中でも特に「すい臓がん」を調べるのに効果的な腫瘍マーカーの一つです。
他に、「胆道がん」を調べるのにも役立つとされ、「胃がん」や「大腸がん」、「肝臓がん」などの場合でも数値は上がるようです。
また、CA19-9の他に「CA-125」や「CA-50」などの数値も高い場合には婦人科系のがんの可能性が高く、これらを同時に調べることで「卵巣がん」の早期発見に役立つともいわれています。

基準値は37U/ml以下とされていて、陽性(+)の場合には前述の各種がんの疑いが持たれます。
「すい臓がん」の場合には陽性率が80%前後となり、「胆道がん」では陽性率70%前後とされています。
「胃がん」や「大腸がん」、「肝臓がん」の場合には陽性率が30~60%といわれていますので、検査結果を見るときの目安にしてみてください。

また、基準値を下回る陰性(-)の場合には「膵炎」や「胆道結石」、「肝炎」といった良性疾患が疑われます。
すい臓がんになると、血糖値が急に上昇するというケースがあります。
糖尿病になっている方で、血糖値が急激に変化するようなことがあれば、すい臓がんの可能性を考えて、CA19-9をはじめとした検査を受けておくほうがいいでしょう。

ただし、CA19-9自体の数値は、がんでなくても上昇することがありますので、正確な判断をするためには色々な種類の検査を受けて総合的に結果を見ていくことが大切となります。

「CEA」検査の基準値やわかる事

『CEA』というのは、腫瘍マーカーのひとつで、主に「胃がん」や「大腸がん」などの「消化器系がん」のスクリーニング(ふるいわけ)検査として広く用いられているものです。
元々CEAは、胎児の消化器細胞だけにあるタンパク質なのですが、がん細胞が増殖している組織の中で作られるという性質を持っています。

基準値は5.0ng/ml以下とされていますが、実は健康な人でも、およそ3%程度は基準値を超えている場合もあるようです。
特に、喫煙者や高齢者はCEAが上昇する傾向にあるようですね。
ただし、がんが進行するほど数値が高くなり、基準値の倍を超えているのであればがんの疑いは濃くなり、基準値の4倍以上であれば転移ガンの疑いも強いと診断されます。

しかし、CEAの結果だけでは、身体のどこにがんがあるのか、その部位を正確に特定することはできませんから、「血液検査」や「X線造影」、「超音波」、「CT」、「その他の精密検査」なども受けた上で総合的な判断が必要となるでしょう。
また、CEAは進行がんの時に陽性になることが多いため、早期がんの診断には適さないといわれています。
それに、がんを切除した場合や、抗がん剤治療などでがん細胞が小さくなった場合にはCEAの値も小さくなります。

しかし、その後CEAが上昇しているようであれば、がんの再発や他の臓器への転移が考えられますので、そのための指標として重要視されている検査法のひとつでもあります。

「PIVKAⅡ」検査の基準値やわかる事

『PIVKAⅡ』というのは、腫瘍マーカーの一つで、肝臓がんのスクリーニング(ふるいわけ)に用いられています。
元々PIVKAⅡは、ビタミンKが欠乏した時に肝細胞で作られる「異常プロトロンビン」と呼ばれるタンパクの1つなのですが、肝臓がんになった時にも血液中に出現します。

PIVKAⅡの基準値は、40 mAU/ml未満とかなり微量です。
同じく肝臓がんを調べる腫瘍マーカーの一つに「AFP」がありますが、このAFPとPIVKAⅡには相関関係がないため、2つを同時に調べることで診断率は向上するといわれています。
主には、肝細胞癌(肝臓系腫瘍)の疑いがある時に用いられる検査ですが、他に慢性肝疾患の程度を知りたいときや、化学療法や放射線療法などの経過観察を行う時にも役立つとされています。

PIVKAⅡが陽性(+)であれば、「肝細胞癌」の疑いが強くなりますが、そこまではいかない疑陽性(±)の場合には「肝硬変」や「慢性肝炎」、「肝内胆汁うっ滞」、「肝外性閉塞性黄疸」などの疑いが持たれます。
異常値が出ているようであれば、超音波検査などの画像診断と、前述のAFPなどと併せて総合的な判断をし、病気が認められれば早急な治療が必要となります。

最近では、高感度の固相型EIA法という検査法が導入され、診断率も向上しているようです。
肝臓がんの場合には、腫瘍自体が大きくなるほどPIVKAⅡの陽性率も高くなるといわれていますから、検査結果を見る時の参考になるかもしれません。

「AFP (CLIA)」検査の基準値やわかる事

『AFP (CLIA)』というのは、別名『α‐フェトプロテイン』と呼ばれることもある「腫瘍マーカー」の一つです。
腫瘍マーカーは、がん検査の一種で、私たちの身体の中に腫瘍ができると血液の中などにタンパク質や酵素、それにホルモンなどの物質が増える場合があり、それらの物質から腫瘍があるかどうかを調べるという検査方法です。

腫瘍マーカーにもいくつかの種類があるのですが、このAFPは「肝臓がん」があるかどうかを調べる時に用いられます。
元々AFPは、妊娠早期の胎児が持っている血清蛋白の一種で、出生後には消失してしまいます。
ですから、健康な人の血液には含まれていないものなのですが、肝臓がんになると増加するという性質を持っています。

また、肝臓がん以外にも肝機能障害があるかどうかを調べるのに役立ちますので、早期発見や治療の経過観察に用いられることも多いようです。
AFPは、血液中にほとんど含まれていないのが普通ですから、基準値も10.0ng/ml以下と、かなり少なくなっています。
この基準値を超えているようであれば、前述のとおり肝臓がんをはじめとした病気が疑われます。
具体的には、「肝細胞癌」や「転移性肝癌」、「ヨークサック腫瘍」、「肝硬変」、「慢性肝炎」、「乳児肝炎」、「チロシン血症」などです。

ただし、体調などによって数値が変化することもありますので、多少基準値を外れていたからといって極度に神経質になるのではなく、他の検査と照らし合わせたり、複数回の検査を受けたりするなどして、総合的に判断するようにしておきましょう。

関連記事

SPECT検査(単一光子放射断層撮影)の費用・流れ・解る事など詳細説明

放射性の薬品を注射で体内に入れ、そこから出る微量の放射線(γ線)を装置でガンマカメラ(シンチカメ

記事を読む

血液生化学検査でわかる事

不飽和鉄結合能(UIBC)検査の基準値やわかる事 『不飽和鉄結合能(UIBC)』というのは、鉄

記事を読む

目の検査でわかる事

視力検査でわかる事 眼の検査の中でも、もっともよく知られていて、誰もが受けた経験があるのが、こ

記事を読む

耳の検査でわかる事

聴力検査でわかる事 『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」と

記事を読む

脳の検査でわかる事や問題点

アミロイドイメージング検査でわかる事 アミロイドイメージングとは アミロイドイメージングとは

記事を読む

呼吸器の検査でわかる事

アプノモニター検査の内容やわかる事 アプノモニター検査とは アプノモニターとは、「睡眠時無呼

記事を読む

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

PET検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

PET検査とは、がん検査の一種です。 がん細胞が、ブドウ糖を正常な細胞より多く取り込む仕組みを

記事を読む

核医学検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

核医学検査は、体内に投与した放射性医薬品が、臓器や組織に集まる様子を画像化して診断する検査です。

記事を読む

CT検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

CT検査は、X線を利用して体の断面を撮影することによって、体の内面を画像化する検査です。 X線

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑