*

尿酸値の検査の方法や判定基準

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ

尿酸の測定検査の基準値やわかる事

尿酸値の測定検査とは

尿酸とは、プリン体という物質が分解してできる老廃物のこと。
尿という文字が入っていますが、尿中だけでなく血液中にも含まれており、血液中の尿酸が増えすぎた状態になることを「高尿酸血症」と言います。さらに、この高尿酸血症が長く続くと、血液に溶けきれなかった尿酸が結晶化して関節などに蓄積し、激しい痛みを伴う「痛風発作」を引き起こします。

そのため、尿酸値の測定は痛風診断において欠かすことのできない重要な検査です。また、尿酸値が高いと動脈硬化が進みやすくなるだけでなく、尿酸の結晶が腎臓に溜まって腎機能障害を起こしたり、尿路系に溜まって尿路結石を引き起こすこともあります。
一般的に尿酸値は女性よりも男性の方が高いとされていますが、更年期を過ぎて女性ホルモンが減少すると、女性でも尿酸値が上昇しやすくなります。

検査方法

前日の夜から絶食した状態で採血を行い、分析器を使って血液に含まれる尿酸の量(血清尿酸値)を測定します。

判定方法/この検査で分かる病気

血清尿酸値の基準値は、3~7mg/dl。
男性は3.6~7.6mg/dl、女性は2.5~5.5mg/dlが正常値とされています。
男女ともに7mg/dlを超えると高尿酸血症と診断されます。
8mg/dl以上になると、結晶が蓄積されている可能性が高くなるため痛風や腎機能障害などが疑われます。

また、腎不全、白血病、悪性リンパ腫などの病気や高カロリー食、飲酒、脱水などの影響で尿酸値が高くなることもあります。
反対に、尿酸値が基準値を下回っている場合は、低尿酸血症やウィルソン病、重度の肝障害などの疑いがあります。

関連記事

CT検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

CT検査は、X線を利用して体の断面を撮影することによって、体の内面を画像化する検査です。 X線

記事を読む

消化管X線(バリウム)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

消化管X線(バリウム)検査とは、食道・胃・腸などの消化管臓器を、バリウム液と発泡剤を利用して映し

記事を読む

耳の検査でわかる事

聴力検査でわかる事 『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」と

記事を読む

放射線検査と妊娠・出産・子供への影響についてのまとめ

妊娠して放射線の検査を受けました。影響は? 妊娠中の体はもう一つの命を宿しているわけですから、

記事を読む

臨床検査>検体検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

レントゲン(X線)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

一般健康診断で受ける他、日常の診察の中でも行われることの多い検査ですので、いままで経験した人もた

記事を読む

骨塩定量の概要の費用・流れ・解る事など詳細説明

ごく微量のX線を当てて、骨に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量を測定する検査です

記事を読む

ホルモン検査でわかる事

成長ホルモン検査の基準値とわかる事 子どもの成長にとって欠かすことのできない成長ホルモンですが

記事を読む

腎臓と泌尿器の検査でわかる事

腎盂造影検査でわかる事 腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部に当たり、腎臓からの尿が集まる場

記事を読む

血管連続撮影の概要の費用・流れ・解る事など詳細説明

血管連続撮影(血管撮影検査)とは、血管や流れる血の様子を確認し、病気による変化や血管の狭窄(狭ま

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑