*

尿酸値の検査の方法や判定基準

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ

尿酸の測定検査の基準値やわかる事

尿酸値の測定検査とは

尿酸とは、プリン体という物質が分解してできる老廃物のこと。
尿という文字が入っていますが、尿中だけでなく血液中にも含まれており、血液中の尿酸が増えすぎた状態になることを「高尿酸血症」と言います。さらに、この高尿酸血症が長く続くと、血液に溶けきれなかった尿酸が結晶化して関節などに蓄積し、激しい痛みを伴う「痛風発作」を引き起こします。

そのため、尿酸値の測定は痛風診断において欠かすことのできない重要な検査です。また、尿酸値が高いと動脈硬化が進みやすくなるだけでなく、尿酸の結晶が腎臓に溜まって腎機能障害を起こしたり、尿路系に溜まって尿路結石を引き起こすこともあります。
一般的に尿酸値は女性よりも男性の方が高いとされていますが、更年期を過ぎて女性ホルモンが減少すると、女性でも尿酸値が上昇しやすくなります。

検査方法

前日の夜から絶食した状態で採血を行い、分析器を使って血液に含まれる尿酸の量(血清尿酸値)を測定します。

判定方法/この検査で分かる病気

血清尿酸値の基準値は、3~7mg/dl。
男性は3.6~7.6mg/dl、女性は2.5~5.5mg/dlが正常値とされています。
男女ともに7mg/dlを超えると高尿酸血症と診断されます。
8mg/dl以上になると、結晶が蓄積されている可能性が高くなるため痛風や腎機能障害などが疑われます。

また、腎不全、白血病、悪性リンパ腫などの病気や高カロリー食、飲酒、脱水などの影響で尿酸値が高くなることもあります。
反対に、尿酸値が基準値を下回っている場合は、低尿酸血症やウィルソン病、重度の肝障害などの疑いがあります。

関連記事

血管連続撮影の概要の費用・流れ・解る事など詳細説明

血管連続撮影(血管撮影検査)とは、血管や流れる血の様子を確認し、病気による変化や血管の狭窄(狭ま

記事を読む

腫瘍マーカー検査でわかる事

「PSA」検査の基準値やわかる事 PSA検査とは、前立腺がんを早期発見するためのスクリーニング

記事を読む

アレルギーの検査の種類・方法・基準値などについて

スクラッチテストでわかる事 アレルギーの検査にはいろいろな方法がありますが、手軽にできるものの

記事を読む

目の検査でわかる事

視力検査でわかる事 眼の検査の中でも、もっともよく知られていて、誰もが受けた経験があるのが、こ

記事を読む

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

心電図検査でわかる事

家庭用心電図記憶装置でわかる事 家庭用心電図記憶装置は、自分で心電図検査を行うことができる、家

記事を読む

耳の検査でわかる事

聴力検査でわかる事 『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」と

記事を読む

腎臓と泌尿器の検査でわかる事

腎盂造影検査でわかる事 腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部に当たり、腎臓からの尿が集まる場

記事を読む

甲状腺の検査の内容やわかる事

甲状腺ホルモン検査でわかる事 『甲状腺ホルモン』というのは、喉仏の下のあたりで気管の外側に付い

記事を読む

臨床検査>検体検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

no image
認知症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

認知症とは 認知症(にんちしょう)とは、何らかの原因によって脳細胞の働きが鈍くな

扁平苔癬を詳しく:原因・症状・検査・治療など

扁平苔癬とは 扁平苔癬(へんぺいたいせん)とは、体の胴体や手足など全身の皮膚や陰部、

no image
膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(

乳幼児痔瘻を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳幼児痔瘻とは お尻の穴である肛門(こうもん)の周囲に膿がたまる病気のことを、肛門周

no image
膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器で

→もっと見る

PAGE TOP ↑