*

耳の検査でわかる事

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ

聴力検査でわかる事

『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」という聴力を調べるもので、通常は薄暗い部屋の中でヘッドホンを付け、片耳ずつ「ピー」という甲高い音を聞きながら行われます。
聴力に問題がなければ、至って簡単な検査なのですが、うまく聴き取れないという場合には「難聴」になっている可能性が考えられます。

普通の健康診断などでは、「1,000Hz」と「4,000Hz」という2種類の周波数で検査されることが主です。
このように周波数を変えることで、低音と高音の両方がちゃんと聴き取れているのか、また聴き取れていないのであれば、どちらが聴き取りにくいのかということを調べていきます。
ただし、聴力検査で確認ができるのは「難聴」であるかどうかということだけで、難聴になってしまった原因については別の検査などで掘り下げていく必要があります。

一口に難聴といっても、中耳炎などが原因の「伝音難聴」と呼ばれるものや、聴神経などの障害が原因の「感音難聴」、他にも「耳下腺炎」や「ウィルス感染」、「聴神経腫瘍」などの場合もありますし、時には「先天性難聴」というケースも見受けられます。
また、高齢者になると聴力が衰えていくということも少なくありませんから、難聴の原因が単に「加齢」によるものなのか、あるいは「病的」なものなのかを見極めることは、その後の対処方法を決めるために重要となります。

細菌では、「糖尿病」などの「生活習慣病」から内耳障害を起こし難聴になるというケースもありますので、普段から食事や適度な運動などを心がけることも大切なことと言えそうです。

ABR検査でわかる事

『ABR検査』というのは、『聴性脳幹反応検査』とも呼ばれているもので、乳幼児や高齢者のように音が聞こえたかどうかについて返事ができない人に対して行う聴力検査のことです。
具体的には、横になった状態で「左右の耳たぶ」と「頭頂部」、そして「前額部」の、合計4ヶ所に電極を取り付け、脳波形を調べるという形で行われます。

ヘッドホンから音を流すと、正常に聞こえていれば脳が反応し、その反応が脳波として表れてきますから、それを測定していくのです。
正確な検査結果を得るためには身体を動かさないようにする必要がありますので、乳幼児などじっとしていることが難しい場合には睡眠薬を用いるというケースもあります。

通常、ヘッドホンから音が聞こえると、1/100秒以内に5~7個の波形が現れるとされていますが、それぞれの波が聴神経や脳のどの部分に対応しているのかがわかっていますので、反応の有無や大きさ、タイミングなどを見ることで、どこに問題があるのかを特定することができるのです。
ABR検査で異常が見られた場合には、「脳腫瘍」や「聴神経腫瘍」、「脳血管障害」、「先天性の聴力障害」、「糖尿病」などが疑われることになりますが、他の検査結果と照らし合わせることで正確な原因を突き止め、それに応じた治療を開始していく必要があります。

ABR検査は、本人が返事できなくても状態を確認できるという性質上、手術時に脳幹の機能異常が生じていないかどうかを調べる目的や、脳死の判定などに使われる場合もあります。

平衡機能検査でわかる事

『平衡機能検査』というのは、その名の通り、三半規管をはじめとした平衡機能が正常に働いているのかどうかを調べるための検査のことです。
通常は、患者や「めまい」を感じた時に、その原因や程度を調べる目的で行われます。
めまいの原因は、大きく「中枢性」と「末梢性」という2つに分けられています。

まず「中枢性」の方は、小脳の変化によっておこるもので、「頭部の外傷」や「脳出血」、「脳梗塞」、「脳腫瘍」などが原因となることが多いようです。
それに対して「末梢性」の方は、内耳の変化によっておこるもので、「メニエール病」や「突発性難聴」、「内耳炎」、「頭位変換性めまい」などが原因とされています。

平衡機能検査には、「眼振検査」や「電気的眼振記録法(ENG)」、「体平衡機能検査」、「書字検査」、そして「カロリック検査」という5つの方法があります。
「眼振検査」は、眼の振動状態を調べるものですが、めまいを感じる時には眼球が絶えず動き回っていますので、その状態を調べるためのものです。
「電気的眼振記録法(ENG)」は、額や眼の周りに電極を取り付けて行われるもので、やはり眼の振動を調べます。
「体平衡機能検査」は、目隠しをして真っすぐ歩けるかどうかや、椅子に座った状態で回転した時にめまいが起こらないかなどを調べるものです。

「書字検査」では、字を書いた時に、障害による偏りがないかを調べ、「カロリック検査」では外耳道に冷水を注入してめまいが起きるかどうかを調べていきます。
これらの検査で「中枢性」なのか「末梢性」なのかを判定していきますが、中枢性の疑いがあれば、さらに頭部のCTスキャンやMRIなども必要となります。

関連記事

CT検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

CT検査は、X線を利用して体の断面を撮影することによって、体の内面を画像化する検査です。 X線

記事を読む

糖尿病の検査の方法や基準値

尿中ケトン体の測定検査の基準値やわかる事 尿中ケトン体の測定検査とは 尿中ケトン体検査は、主

記事を読む

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

核医学検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

核医学検査は、体内に投与した放射性医薬品が、臓器や組織に集まる様子を画像化して診断する検査です。

記事を読む

腫瘍マーカー検査でわかる事

「PSA」検査の基準値やわかる事 PSA検査とは、前立腺がんを早期発見するためのスクリーニング

記事を読む

消化管X線(バリウム)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

消化管X線(バリウム)検査とは、食道・胃・腸などの消化管臓器を、バリウム液と発泡剤を利用して映し

記事を読む

SPECT検査(単一光子放射断層撮影)の費用・流れ・解る事など詳細説明

放射性の薬品を注射で体内に入れ、そこから出る微量の放射線(γ線)を装置でガンマカメラ(シンチカメ

記事を読む

心電図検査でわかる事

家庭用心電図記憶装置でわかる事 家庭用心電図記憶装置は、自分で心電図検査を行うことができる、家

記事を読む

目の検査でわかる事

視力検査でわかる事 眼の検査の中でも、もっともよく知られていて、誰もが受けた経験があるのが、こ

記事を読む

MRI検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

永久磁石や超伝導磁石などによって作られた強力な磁場に入り、電波と磁力に体内のイオンが共鳴する仕組

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑