*

歩く健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 健康法


手軽で無理なく始めることができる運動が、月並みではありますが歩くというものです。
運動が苦手な人でも始めやすく、続けやすいウォーキングは年齢・男女を問わず人気の健康法です。

歩く健康法とは?

だれでも気軽に始められる運動が歩くこと、つまりウォーキングです。
運動不足を感じていても、スポーツを始める気にはならないという人は意外に多いのではないでしょうか。

でも、歩くことは道具も必要ありませんし、思い立ったらすぐに始められる手軽な運動です。
決して激しい運動ではありませんが、歩くことは健康を維持するのにはぴったりの運動なのです。

ただ歩くだけで健康になるのか疑問に思う人もいるかもしれません。
しかし、もっとも基本的で簡単な運動である歩くことは、大きな健康効果が期待できるのです。

歩く健康法の効果や魅力

歩くことは足の運動だと思っている人が多いと思いますが、実は全身の筋肉を使う全身運動です。
私たちは足や腕、腹筋などの全身の筋肉に加え、心臓や肺、そして脳も使って歩いているのです。

しかし歩くことは全身を使う運動ではありますが、決して激しい運動ではありません。
ですから筋肉や関節、心臓などへの負担も少なく、老若男女誰にでも無理なくできるというのが歩く健康法の大きな魅力です。
さらに道具を必要としない、思い立ったらすぐに始められるのも魅力です。

歩く健康法は健康効果が高く、たとえば歩くと血行が良くなり、血管そのものの働きが高まって血管年齢が若返るといいます。
さらに生活習慣病の予防、肥満の予防・解消、骨粗しょう症の予防のほか、脳の働きを高めるため呆け防止にも効果が期待できる優れた健康法なのです。

歩く健康法のやりかた・注意点

歩く健康法のやりかたは歩くだけですが、効果的に歩くなら1日30分以上、普段より少し大股でなおかつ速い速度で歩くことのがおすすめです。

背筋をまっすぐ伸ばして腹筋に力を入れ、軽く顎を引いてまっすぐ前を見て歩きます。
かかとから着地してつま先で蹴るように足を運び、腕は自然に振りながら歩くというのが、基本的なウォーキングの方法です。
歩数でいうと1日10,000歩が理想だといいます。

ただ、このやりかたで続けられる人はいいのですが、実際はなかなか大変で続かないということも少なくないようです。
歩くことは毎日少しずつでも続けることが大切で、途中で挫折してしまっては意味がありません。

普段からまったく運動をしていない、運動が苦手という人は、まずは日常生活の中で歩くことを増やすようにするのが良いかもしれません。
たとえば、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う、ひとつ前の駅で降りる、普段の道より遠回りするなど、少しでも歩くことを増やすようにしてはいかがでしょうか。

姿勢や歩くスピード、歩く時間は気にせずに、近所を散歩することから始めるのも良いでしょう。
まずは5分でも10分でも毎日歩くことを目標として、少しずつ長く歩くようにしていくといいかもしれません。

歩くことがしっかり習慣化できたら1日10,000歩を目標としていくと良いでしょう。
なお、本気でウォーキングを始めるのなら、専用の靴を用意するのがおすすめです。

歩く健康法の口コミ・評判

歩く健康法は手軽に始められることもあり、多くの人が試しています。
年配の人だと運動不足解消と健康維持のために行っている人が多いですが、若い人に多いのがダイエット目的です。

効果があったという評判は多くありますが、反対の意見も少なくありません。
ダイエット目的となるとすぐに効果を期待する場合が多く、始めて1、2か月くらいで結果を求めてしまうためです。

歩く健康法は続けることが大切で、少しずつ効果があらわれてきます。
決して即効性があるわけではありません。
そのため、ダイエット目的だとモチベーションを保つのが大変ですが、きちんと続ければ必ず結果が出るので諦めないで地道に努力することが一番です。

なんでも便利になってしまった現代、意識して歩くことをしないと、すぐに運動不足になってしまいます。
まずは30分を目標に歩くことを始めてはいかがでしょうか。

関連記事

ひもしばり健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

足をひもで縛って眠るのが、ひもしばり健康法です。 O脚やX脚を改善するのに有効ですが、それだけ

記事を読む

スクワット健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

芸能人にもやっている人が多い人気の健康法がスクワット健康法です。 全身の筋肉を使うスクワットは

記事を読む

プロバイオティクス健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

乳酸菌やビフィズス菌などの微生物によって腸内環境を整える健康法をプロバイオティクス健康法といいま

記事を読む

自律訓練法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

自己催眠法のひとつであり、リラクゼーション効果があるのが自律訓練法です。 ドイツの精神科医によ

記事を読む

海水療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

にわかには信じがたい健康法が、生理学者ルネ・カントンが行った海水療法です。 海水療法とは海水を

記事を読む

ノーパン健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

パンツを履かないで眠る健康法をノーパン健康法といいます。 眠るときに体を締め付けないことで驚き

記事を読む

アロマテラピーの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

香りの効果で心や体を癒してくれるのがアロマテラピーです。 アロマテラピーはリフレッシュやリラッ

記事を読む

アイソメトリックスの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

アイソメトリックスは筋肉を動かさない筋肉トレーニングで、手軽にできるトレーニング法として評判です

記事を読む

米こうじ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

米こうじを食べる健康法が米こうじ健康法です。 免疫力を上げたり、病気にかかりにくくなったりなど

記事を読む

酵素健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

酵素不足は体調に影響を与えることから酵素を多く取り入れる健康法が注目されています。 ダイエット

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑