*

岩盤浴健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/07/13 健康法


岩盤浴はひと昔前にブームになり全国に広まりました。
デトックス効果をはじめ、美肌効果やダイエットなどの美容・健康効果で、今や定番の健康法といえるのが岩盤浴健康法です。

岩盤浴健康法とは?

岩盤の上に横になり、遠赤外線の作用で体を温めるのが岩盤浴です。
大量の汗をかくことでデトックス効果をはじめとした、さまざまな健康効果が期待できます。

岩盤浴はサウナと同じようなものと思っている人も少なくないかもしれませんが、サウナと岩盤浴では実は効果が違います。

サウナはいわゆる蒸し風呂で、80℃から100℃の高い温度によって肌を表面から温めるのに対し、岩盤浴は約40℃とサウナよりも低温で、遠赤外線効果で体の中から温めます。

どちらも同じように大量の汗をかきますが、体の温め方の違いにより、かく汗の種類が変わってきます。
同じように汗をかいても、汗の種類によってデトックス効果に違いが出るのです。

汗を分泌する汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺の3種類がありますが、デトックスには皮脂腺からの汗が重要です。
岩盤浴は遠赤外線効果で皮脂腺が開きやすいため、デトックス効果を求めるのなら、サウナよりも岩盤浴が適しているのです。

岩盤浴健康法の効果や魅力

岩盤浴の特徴といえるのが汗の種類で、通常汗と聞くとベタベタで嫌なニオイを想像しますが、岩盤浴でかく汗はサラサラでニオイがないのです。

このサラサラの汗をかくことでデトックスになり、血行が良くなることで新陳代謝が上がり、ダイエット効果やアンチエイジング効果に繋がります。
また、このサラサラの汗は天然の保湿クリームとも呼ばれており、美肌効果が期待できます。

岩盤浴の最大の魅力はデトックス効果で、体内に溜まった毒素を排出できるのは皮脂腺からの汗だけだといいます。
尿などからも老廃物を排出をしていますが、体に溜まった化学物質などの毒素は汗をかくことでしか排出されないのだそうです。

岩盤浴はサウナとは違い、室温が低いため体への負担が少ないというのも岩盤浴の魅力のひとつです。
また、お風呂やサウナと違い基本的に裸になる必要がないのでリラックスできます。

岩盤浴で使われている石はその施設により違いがあり、石の種類によって効果も少しずつ違うようなので、石にこだわってみるのもいいかもしれません。

岩盤浴健康法のやりかた・注意点

岩盤浴は大量に汗をかくことでたくさんの効果が期待できる健康法です。

入浴の仕方は、まず作務衣などの服装に着替えてから岩盤の上に横になります。
あとはただそのままじっとしているだけでいいのですが、いくつかの注意点があります。

体調が悪いときは行かない、無理はしない、食後すぐの利用は避ける、そして、大量に汗をかくので水分補給きちんと行うことを心がけましょう。

サウナほどではないですが蒸し暑い部屋に入り体を温めるので、水分をしっかりとらないと体調不良を起こします。
入る前に水分を補給しておくことはもちろん、入浴中もこまめに水分補給をしましょう。
飲むのは冷たい水より白湯の方が良いといいます。

また、長い時間岩盤に横になっていた方が効果的と考えがちですが、長時間体を温めると体調不良の原因になってしまいます。
10分から15分程度横になったら5分から10分程度の休憩をはさむというのを繰り返すような入浴法が良いでしょう。
お店で決められた以上は入らないというのが原則です。

横になる時はあおむけだけでなく、うつぶせの姿勢もとるようにすると効果的です。

入浴後もしっかりと水分補給をします。
大量の汗によって水分のほか、ビタミンやミネラルなども失われているのでスポーツドリンクなどを選ぶといいかもしれません。

岩盤浴は1度入ればいいというわけではなく定期的に通うのがおすすめで、週に2回くらいが理想だといいます。

岩盤浴健康法の口コミ・評判

疲れがとれる、冷え症が改善された、体調が良くなったなどの良い意見が目立ちますが、衛生面が気になるという意見も多くありました。
施設によっては不衛生なところもあるらしく、施設選びが重要のようです。

関連記事

ノーパン健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

パンツを履かないで眠る健康法をノーパン健康法といいます。 眠るときに体を締め付けないことで驚き

記事を読む

海水療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

にわかには信じがたい健康法が、生理学者ルネ・カントンが行った海水療法です。 海水療法とは海水を

記事を読む

瞑想健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

瞑想でストレスを解消し、健康を維持するのが瞑想健康法です。 ストレスが体に与える影響はとても大

記事を読む

笑う健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

笑うことは、毎日ハッピーに過ごす秘訣になるだけでなく、健康にも効果があります。 病気の予防やス

記事を読む

乾布摩擦健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

昔からある健康法といえば乾布摩擦です。 乾布摩擦で皮膚を鍛えることでさまざまな健康効果を生みま

記事を読む

スクワット健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

芸能人にもやっている人が多い人気の健康法がスクワット健康法です。 全身の筋肉を使うスクワットは

記事を読む

プロバイオティクス健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

乳酸菌やビフィズス菌などの微生物によって腸内環境を整える健康法をプロバイオティクス健康法といいま

記事を読む

パワーストーンの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

あやしいと思っている人も多いかもしれませんが、パワーストーンに特殊な力が宿っていることは古くから

記事を読む

耳もみ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ツボが集中している耳をもむ健康法が耳もみ健康法です。 耳には全身に対応するツボがあるため、耳を

記事を読む

仮眠健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

仮眠をとることで脳の働きを活性化させるのが仮眠健康法です。 疲れたり、集中力がなくなってきたと

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑