*

仮眠健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 健康法


仮眠をとることで脳の働きを活性化させるのが仮眠健康法です。
疲れたり、集中力がなくなってきたとき、ほんの少しの仮眠をとるだけで驚くほど脳が活性化されるのだといいます。

仮眠健康法とは?

だれにでも勉強や仕事の効率が悪くなってきたと感じることが、1日の中で訪れることがあるでしょう。
特に昼食をとった後は、頭の働きが鈍くなるのことが多いのではないでしょうか。

仮眠健康法は仮眠をとることで脳の働きを高める、脳のための健康法です。

疲れやストレスなどで脳のパフォーマンスが低下しているのに、無理を続けると作業効率は下がる一方で、さらに大きなミスを生むことにもなりかねません。

昼食後の仮眠を習慣づけると、アップダウンの少ない安定した脳の働きを1日中続けることも可能です。

ただし、仮眠はただとればいいというわけではなく、脳の活性化を目指すなら正しい方法で仮眠をとる必要があります。

仮眠健康法の効果や魅力

仮眠の健康効果は昔から世界中で研究がおこなわれています。
きちんと仮眠をとることで記憶力が上がったり、思考力が高くなったりするというのは紛れもない事実です。
仮眠で脳を休ませることは脳の機能を高める効果があるのです。

疲れたり眠くなることで集中力が途切れたり、頭の回転が鈍くなることはだれもが経験していることでしょう。
そのまま無理に続けていても、脳や体の働きを上げることはできません。
逆にパフォーマンスは下がる一方です。

昼食後、2時を過ぎたくらいから眠気のピークがやってきますが、昼食をとってすぐに仮眠をとることでこの眠気のピークにも対応できるといいます。

本当に眠らなくても、1分間目を閉じて視覚を遮断することでも脳を休め、体を休めることになります。

忙しく時間のない人でも簡単にできるのが、この仮眠健康法の魅力といえます。

仮眠健康法のやりかた・注意点

仮眠は15分から20分で切り上げることが大切で、この仮眠時間は厳守する必要があります。
理由は、それ以上眠ってしまうと深い睡眠となり、目覚めたときに逆に脳の働きが鈍くなってしまうためです。
寝すぎると頭がぼーっとしますが、これは寝ぼけて脳が働いていない状態です。

多くの人は仮眠は眠くなったらとるものと考えていますが、実は眠くなってからでは遅いというのをご存知でしょうか。
眠くなってから仮眠をとると深い眠りになってしまい、起きたときに頭が働かないのです。
ですから、眠くなる前に仮眠をとるのが正しい方法なのです。

また、仮眠をとるときは横にならずに座って寝るというのも大事で、これは寝すぎないための工夫のひとつです。
そのほかタイマーを使ったり、寝る前にカフェインをとるなどの工夫で深く眠らない対策をするのが上手な仮眠の仕方です。

ただし、深く眠らないとはいっても、リラックスしてきちんと休めるような環境づくりは大切です。
仮眠の邪魔になるようなものは取り除き、気持ちよく眠れる環境を整えましょう。

仮眠をとった後はストレッチ、ガムを噛む、冷たい水で顔を洗うなどをしてしっかり脳を覚醒させます。

忙しいときや時間がないとき、眠れないときは、しっかりと仮眠をとらなくても、1分間ただ目を閉じているだけで同じような脳のリフレッシュ効果があるといいます。
あまり時間のとれない人は、1分間の仮眠を何回かに分けてとることもおすすめです。

仮眠健康法の口コミ・評判

実際に仮眠健康法を試して、うっかり寝すぎてしまって逆に辛いという人が実に多くいます。

仮眠健康法で大切なのが仮眠の時間を守ることです。
ついつい1時間くらいの睡眠をとってしまう人が多いですが、寝すぎると脳のパフォーマンスが低下するばかりでなく、さらにストレスにも繋がるのです。

最適な仮眠時間は15分から20分といいます。
1分間の仮眠と組み合わせて1日のパフォーマンスを高めるのも良いでしょう。

仮眠健康法はだれにでも簡単にできる健康法です。
脳の働きを高めるために、昼休みの仮眠を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ニンニク健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

健康に良いと言われている食材、ニンニクを使った健康法がニンニク健康法です。 ニンニクは古くから

記事を読む

米こうじ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

米こうじを食べる健康法が米こうじ健康法です。 免疫力を上げたり、病気にかかりにくくなったりなど

記事を読む

瞑想健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

瞑想でストレスを解消し、健康を維持するのが瞑想健康法です。 ストレスが体に与える影響はとても大

記事を読む

左回り健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ちょっと変わった健康法のひとつに左回り健康法があります。 左に回るだけで健康になると話題の健康

記事を読む

逆立ち健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

毎日逆立ちを続ける健康法が逆立ち健康法です。 逆立ちは体を鍛えることはもちろんのこと、病気の予

記事を読む

あたため健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

冷えは万病のもとといわれていますが、実際に体の冷えにより体調を悪くしている人は少なくありません。

記事を読む

耳もみ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ツボが集中している耳をもむ健康法が耳もみ健康法です。 耳には全身に対応するツボがあるため、耳を

記事を読む

バイオセラピーの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

バイオセラピーは、日本語にすると生体療法という意味で、いわゆる健康法のことです。 さまざまな、

記事を読む

リンパマッサージの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

滞ったリンパの流れを改善することで、健康へと導いていくのがリンパマッサージです。 そしてこのリ

記事を読む

海水療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

にわかには信じがたい健康法が、生理学者ルネ・カントンが行った海水療法です。 海水療法とは海水を

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑